« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月 8日 (日)

黒部五郎岳・鷲羽岳登山

黒部五郎岳・2840m。鷲羽岳・2924m。  2010年8月5日-7日。

夫婦で登ってきました。天気にめぐまれ、いい山行でした。1日目は11時間、2日目は11時間強。3日目は5時間強の強行軍でさすがに疲れました。

コ-スタイム  60才台の夫婦ですので、ゆっくりペ-スで登りました。

4日の夜12時少し前に新穂高登山者用無料駐車場に着いて仮眠。5日4時すぎ、うす暗い中を出発。駐車場最上段から林の中の歩道を歩いて10分近くでバスタ-ミナルに着く。単調な左俣林道をひたすら歩いてわさび平。さらにしばらく林道を歩いて行くと橋の所に道標があり、ここから登山道に入る。

陽がでて暑くなってきた小池新道を登ること約2時間、鏡平に着く。無風の快晴で、槍・穂の山が水面に映る景色を見ることができた。双六小屋からは巻き道ル-トを通り、三俣峠から15分ほど急登して三俣蓮華岳頂上。さらに1時間20分ほど急降下を含めて下り、やっと黒部五郎小屋に着く。長い一日であった。

6日。カ-ルコ-スは目印があり、注意すれば迷うことはないと小屋の人に聞いたので、暗いうちに出発。カ-ルに行くまでの間、カ-ルに入ってからも○印などの目印がけっこうあり、迷うことなく登り、黒部五郎岳の頂上に6時少し前に着く。雲海が広がり、展望もよかった。同じ道を黒部五郎小屋に戻る。三俣蓮華岳と三俣山荘の分岐点で巻き道を通り三俣山荘へ。荷物を軽くしてガレ場の急登1時間強、鷲羽岳山頂着。三俣山荘からは巻き道ル-トを辿り双六小屋に戻る。今日も長い一日であった。

7日は5日に登った道をひたすら下り、新穂高の駐車場に向かう。平湯のバスタ-ミナル横にある日帰り入浴の施設で汗を流す。

5日 新穂高バスタ-ミナル・バス停前4時30分-10分休憩-5時43分わさび平小屋5時50分-6時55分秩父沢7時05分-10分休憩-8時48分鏡平8時55分-10分休憩-11時双六小屋11時25分-巻き道ル-ト・5分休憩-13時20分三俣蓮華岳13時30分-5分休憩-14時55分黒部五郎小屋

6日 黒部五郎小屋3時50分-カ-ルコ-ス・10分休憩-5時55分黒部五郎岳6時10分-カ-ルコ-ス・5分休憩-7時45分黒部五郎小屋8時-10分休憩-9時20分分岐・巻き道コ-ス-10時10分三俣山荘10時20分-11時30分鷲羽岳11時45分-12時30分三俣山荘12時45分-13時20分分岐・三俣峠13時30分-巻き道ル-ト・5分休憩-15時10分双六小屋

7日 双六小屋5時50分-10分休憩-7時24分鏡平7時30分-10分休憩-8時55分秩父沢9時-9時55分わさび平10時05分-11時新穂高温泉バス停前

写真の上で左クリックすると拡大します。

鏡平の3景。写真左:左のとんがったピ-クは槍ヶ岳。写真中:鏡平小屋。写真右:下に鏡平が見える。山は槍・穂高。

Photo Photo_2 Photo_3

双六小屋・赤い屋根と鷲羽岳・中央のピ-ク。

Photo_6 

黒部五郎岳での3景。 写真左:雲海に浮かぶ薬師岳。写真中:黒部五郎岳頂上で。写真右:太郎平から黒部五郎岳への稜線が雲海に浮かぶ。

Photo_18 Photo_19 Photo_20

黒部五郎岳とカ-ルの登山道の位置(参考)

Photo_3

三俣山荘への巻き道から黒部五郎岳を望む。

Photo

鷲羽岳。写真左:三俣山荘と鷲羽岳。写真中:鷲羽岳登りより三俣山荘と三俣蓮華岳(右)を望む。写真右:鷲羽岳頂上。

Photo_11 Photo_12 Photo_13

地図は2つあります。それぞれで左クリツクして拡大してください。

Photo_5  Photo    

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »