« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月19日 (火)

焼山

焼山・2400m。 新潟県妙高市。  2011年7月16日

杉野沢橋駐車場-金山谷渡渉-地獄谷渡渉-焼沢・水場-富士見峠-泊岩分岐-焼山 の往復

梅雨が明けたというので、急遽計画して夫婦で登ってきました。焼山は長らく噴火の影響で登山禁止になっていたが、数年前に解禁になってから関係者のボランテアで登山道の整備が進み、一部の沢の渡渉を除き、登山道は歩きやすくなっている。今回歩いたコ-スも下刈がしてあり、赤テ-プも要所にあり、迷うことはなかった。ただ富士見峠の前後は下刈は始まったばかり。渡渉地点も赤テ-プや岩にマ-クがある。何度かある雪渓も前後に赤テ-プがある。

登山道は全体としては歩きやすい。滝沢や金山谷を渡るとしばらく急登のあとはゆるやかな下りが多くなるが、ぬかるみ状態がが多くなる。雨の時はかなり悪くなるだろう。裏金山谷と地獄谷の渡渉は飛び石は無理で、川の中に入って渡るようになる。

写真を拡大してご覧ください、とある写真がありますが、すべての写真と地図は拡大できます。

コ-スタイム

杉野沢橋駐車場4:30-4:40ヘツリ4:45-4:55滝沢-5:45金山谷渡渉-6:05裏金山谷渡渉6:15-6:28地獄谷渡渉-7:13焼沢・水場-8:05最初の雪渓-8:35富士見峠-8:48泊岩分岐-9:23草付き-9:42噴火口縁-10:03焼山頂上10:30-来た道を下る-15:10杉野沢橋駐車場

Photo_3

   

杉野沢橋そばの駐車場。

十数台のスペ-スがある。

文字が見にくいので、写真は拡大してご覧ください。

           

           

           

           

           

Photo_4       

地図ではヘツリと書いてある場所。

今回は点線のように川に降りて、飛び石で登山道に。

垂直岩場に川底から3mほど上にロ-プが張ってあり、足場の悪い斜面をヘツル。

数m先のロ-プの終点から登山道に降りるのに手がかり、足がかりはなく、度胸がいる。中間ににワイヤがぶら下がっていて、川底に下り立つ。      

                                                   

                                                   

Photo_5        

金山谷の渡渉地点。

画面左側から下る印があるが、ここからは飛び石では渡れない。

すぐ上にロ-プが張ってあり、ロ-プにつかまりながら一回の飛び石で渡れる。   

        

        

                                                 

                                               

Photo_7 

裏金山谷手前から見る焼山。 

        

        

       

        

        

        

        

         

                                             

裏金山谷。  写真左:裏金山谷が本流に合流する付近。左側(右岸)を数十mほどさかのぼる。岩に印が多くある。 写真右:渡渉地点。対岸に赤テ-プがある付近で渡るが、この印の所では水量が多く、少し上の浅い所で渡った。それでも水の中に入っての渡渉。                                                    

Photo_11 Photo_14

Photo_16            

地獄谷の渡渉地点。

中央の大岩の左横へ渡るが、水の中に入って渡る。    

              

                

               

                

                  

                                                

Photo_17            

焼沢の渡渉地点。 水場。

右側の斜面にわき水が流れている。

ここから林の中の急登が始まる。 

             

                

                     

                

雪渓を何度か登る。いずれの雪渓も前後に赤テ-プがある。                                               

Photo_18 Photo_19 Photo_20

写真左:富士見峠手前から金山方面の尾根。 写真右:富士見峠(帰りの写真)。上りでは草深かかったが、下山時は刈払われていた。写真を拡大してご覧ください。                                                 

Photo_21 Photo_22 

Photo_23       

富士見峠から草深い道を歩いていくと雪渓に下り立つ。泊岩分岐のある沢である。雪が多く残っていた。

写真を拡大してご覧ください。      

        

        

       

        

        

Photo_26         

 泊岩のそばを通り、石の多い涸れ沢状の中を急登していくと草付きの斜面になる。中央の大岩の間に登る。

草付き斜面を少し登るとガレ場の急斜面になる。急なガレ場をほぼ直登して行くと一度平坦になり、少し登ると火口縁に立つ。     

          

       

                                                  

Photo_27        

火口縁から見る火口の雪と焼山頂上。

頂上へは右へ。ロ-プなどがある急な岩場を登り、さらに火口縁を下り、上りすると焼山頂上に着く。     

        

        

         

        

                                            

Photo_28        

焼山頂上。

晴れてはいたが、遠望はきかなかった。

上りと同じ道を下山する。

      

         

                  

                                                                

           

                                                       

                                                                                                                

等高線は登山道の状態がわかるように便宜上いれたもので、正確ではありません。説明は上りを基本に書いてあります。      

Photo_29    

|

2011年7月 9日 (土)

丹沢を歩く

丹沢を歩く9。 西丹沢・権現山・1138m。 2011年7月8日。

西丹沢には権現山が二つあります。丹沢を歩く6で紹介した権現山と今回紹介する権現山です。

今回紹介する権現山は十数年ぶりに訪れましたが、西沢沿いの権現山登山口の標識がなくなっていて、この経路は作業用経路で登山道ではありません、という神奈川県自然環境保全センタ-名の標識が入口に建っていました。以前の登山道がどうなっているか、権現山の頂上はどうなっているのか確かめたくて登ってきました。

この記事は、権現山の現在を紹介するためのもので、道標やテ-プなどの目印もありません。現在登山道としての機能はありませんので自己責任で行動してください。

どういう理由で登山道だったところを作業用経路にしたのかは知りませんが、このコ-スはなかなかよいコ-スです。展望はほとんどありませんが、変化のある道、美しい雑木林を楽しめます。ぜひ登山道として復活してほしいコ-スです。

西丹沢自然教室前の駐車場に車を置いて権現山を往復してきました。西沢ぞいの畦ケ丸への登山道を30分ほど歩くとベンチが2つと道標がある小広い場所に着きます。下棚出合の手前です。ここに以前は権現山登山口の標識がありました。ひのき林の急斜面をジグザグにしばらく登ると、ならやぶななどの林の急登になります。標高900m近くから狭い尾根の道が多くなります。途中、2つほど見かけた道標は朽ち果てていました。鋭角に左へ曲がり、しばらく登ると小ピ-クを越え、両側に鹿よけのサクが見えると頂上は近い。権現山の頂上は広い平坦地で、うっそうとした林の中である。今日は頂上に着いたとんに霧につつまれた。南側が少し開けているので 丹沢湖が見えるはずです。頂上の標識は朽ち果てていました。

写真に説明を書いたものもあるので拡大してご覧くた゛さい。写真の上で左クリツク。

説明文の11:28などは、その場所で写真を撮った時間です。地図の所要時間には写真を撮っている時間は含まれていません。

西丹沢四川教室と西丹沢バス停        吊り橋の入口                   吊り橋を渡る  

Photo_2 Photo_3 Photo_4

                                                      

最初のえん堤を越える階段             西沢をこんな丸木橋で何度も渡る       2つ目のえん堤を右側から越える

Photo_5 Photo_6 Photo_7

                                                       

丸木橋から右側に滝が見える             この丸木橋を渡ると権現山の登山口10:28。登山口の状況は右の写真を拡大して見る                                                      

Photo_8 Photo_9 Photo_10

                                                    

登山口からひの木林の斜面を登ると雑木林の斜面へ10:55。しばらくするとはっきりした尾根の道に(写真中・右11:10)                                                    

Photo_12 Photo_13 Photo_14 

                                                     

さらにこんな道を登る。写真左11:14                                   道が鋭角に左へ登る場所(写真右)11:22                                                    

Photo_15 Photo_16 Photo_17

                                                        

こんな所も通って11:26                   小ピ-クに到着11:31               小ピ-クを下る道                                                 

Photo_18 Photo_19 Photo_20

                                                      

鞍部からの上り11:32                  美しい雑木林の中を通り          頂上の手前でフエンスが現れる11:44                                                       

Photo_21 Photo_22 Photo_23

                                                 

                        

Photo_27                                 

権現山頂上・1138m。あいにく霧の中。

11:47                                                       

                               

                              

                                                       

地図の上で左クリツクして拡大してご覧ください。                                                                                                                                                            

Photo_25

| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »