« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月 2日 (木)

丹沢を歩く17

丹沢を歩く17。  三ノ搭・よもぎ平雪景色     2012年2月1日

丹沢はこの冬、数回雪が降り、寒い日が続いていることもあり、溶けるのも遅いようでかなりの積雪になっています。ヤビツ峠に駐車して三ノ搭からよもぎ平を歩いてきました。道路は除雪されて無雪ですが、登山口から雪の上を歩きます。土、日にかなりの人が登山したようで踏み跡はしっかりしていました。三ノ搭までアイゼンを使うまでもありませんでした。青空は見えていましたが風が強く、しかし三ノ搭から富士山は見えませんでした。

三ノ搭尾根の北端・表尾根方面に下る所にお地蔵様がありますが、ここがよもぎ尾根への入口になります。見たところ数日前の踏み跡はありましたが、数名程度の踏み跡で、何回も膝上まで踏み外す積雪量の場所もありました。しかし美しい樹林の雪景色を楽しみました。よもぎ平も一面の雪。大木の根元はさすがに雪の溶けが速いのか根元近くが見えますが、積雪は数十Cm以上はあります。アイゼンは必要ありませんでした。

よもぎ平で札掛へさらによもぎ尾根を下る道とBOSCOキャンプ場に下る道とがあります。札掛けへ下ることも考えましたが、雪が深そうで札掛に下る道は踏み跡がなく、末端での沢の渡渉もあるのでキャンプ場に下りました。キャンプ場まで雪の上を歩く。平日のせいか、全コ-ス一人も出会わずにのんびり歩けました。

青山荘からヤビツ峠に至る沢筋の道を歩いてヤビツ峠に戻りましたが、人の歩いた跡はなく、数種の動物が歩いた跡ばかりでした。赤テ-プをたよりに歩きましたが、雪で木がしなり道をふさいでいる所が数カ所あり、膝まで雪を踏み抜いたり、さんざんでした。車道を歩いた方が早かったと思いましたが、これもまたおもしろかった30分でした。

三ノ搭-よもぎ尾根の無雪期の地図などは、丹沢を歩く 2011年6月24日をご覧ください。

写真は拡大してご覧ください。

Photo             

ヤビツ峠です。

菜ノ花台からヤビツ峠までは道路の両側に雪があり、暖かいと溶け出して夜に凍結することがあります。午前中の早い時間は凍結していることも多いので注意が必要です。          

                 

                   

                 

                                                                              

写真左は二ノ搭から見た三ノ搭です。写真右は三ノ搭の頂上です。                                                

Photo_2 Photo_3

次の2枚は三ノ搭の稜線の道です。                                                   

Photo_23 Photo_24                                             

左の写真はよもぎ尾根の入口から見た表尾根と搭ノ岳方面です。右の写真はよもぎ尾根を下ってすぐの所です。                                               

Photo_6 Photo_7

以下はよもぎ尾根の雪景色です。1枚目の樹間の山は大山です。                                                

Photo_8 Photo_9

                                                 

Photo_10 Photo_11

以下はよもぎ平の雪景色です                                                 

Photo_25 Photo_26

下の左の写真で中央の山は三ノ搭です。                                                  

Photo_27 Photo_28                                                  

                                                

Photo_16 Photo_17

   

| | コメント (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »