« 丹沢を歩く23檜洞丸シロヤシオツツジ | トップページ | 丹沢を歩く25日影山 »

2012年6月11日 (月)

丹沢を歩く24大山三峰山

丹沢を歩く24。 大山三峰山・934.6m    2012年6月10日

ヤビツ峠-大山-唐沢峠-三峰山-煤ケ谷

写真・地図は拡大できます。何か書いてある写真は拡大してご覧ください。

夫婦で登ってきました。大山から三峰山縦走を通しで歩くのは初めてです。小田急線秦野駅北口からヤビツ峠行バスで終点下車。約40分。ヤビツ峠から緩やかな道を交えて急登していくこと約60分で大山頂上に着く。頂上から見晴台方面の道を下る。最初から急な下りだが緩やかな道を挟んで下ると左に道が分岐する。不動尻を示す道標がある。すぐに木材で土留めした急な階段を下る。途中で正面の北側の展望が開ける。緩やかな尾根道になるとすぐに草地の好展望の場所に着く。しばらく急な下りのあとは緩やかな尾根道になる。ヤセ尾根もある。小さい登り下りを交えたあと、少し急降下すると唐沢峠に着く。ベンチと東屋がある。

ヤマビルは三峰山から煤ケ谷に下る間に2、3匹に取り付かれました。5月-9月はヤマビル対策が必要です。

時間はその地点で写真を撮った時間です。

左:大山頂上からの下り口。9時22分。  右:頂上で見た鹿。

Photo Photo_2

                                                 

左:不動尻への分岐点。三峰山へはここで左に下る。9時40分。  右:木材で土留めした急な階段を下る。9時45分。

Photo_3 Photo_4

                                                 

左:下っていくと正面の展望が開ける。9時47分。  右:緩やかな尾根道になる。9時47分。 

Photo_7 Photo_8 

                                                 

左:草地。好展望である。9時55分。東京方面の展望が広がる。  右:草地から見た三峰山方面の山並み。

Photo_9 Photo_10

                                          

左:草地からの急な下りのあと緩やかな尾根道になる。10時04分。  右:こんなヤセ尾根も歩く。10時09分。

Photo_11 Photo_12

                                                   

左:緩やかな尾根道のあと、少し急降下すると唐沢峠に着く。10時16分。  右:しばらく登るとピ-クに着き、道標がある。ここが三峰山への分岐点である。10時27分。

Photo_13 Photo_14

                                                 

唐沢峠からしばらく登ったピ-クから北へ伸びる尾根が三峰山に続く尾根である。分岐点に三峰山方面を示す標識はない。途中にも道標はないが踏み跡ははっきりしていて尾根の道なので注意して歩けば迷うことはないだろう。三峰山-不動尻の登山道と合流する地点までのコ-スの状況は2012年1月12日のブログ「丹沢を歩く16 東丹沢・唐沢峠-三峰山の尾根道」をご覧ください。

三峰山-不動尻の登山道合流点から北峰までは、クサリ、岩場、ハシゴ、ヤセ尾根の上り下りが何回もあります。クサリは危険と思われる所にすべて張ってあり、クサリだらけです。

三峰山-不動尻の登山道との合流点から三峰山への急登になる。クサリが張ってある足場の悪い道を急登するとピ-クに達する(ここを南峰という場合もある)。さらにクサリや岩場もある尾根道を下って登り返すと三峰山の頂上(南峰)に着く(中峰という場合もある)。頂上は狭く、樹林の中で展望はない。ベンチがある。

左:こんな上りもある。10時44分。  右:三峰山-不動尻の登山道との合流点。10時52分。

Photo_15 Photo_16

                                                

左:こんな所も登り(11時)、ピ-クに達する(南峰という場合もある)。林の中で展望はない。11時07分。 右:ピ-クからこんな所も下る。11時09分。

Photo_17 Photo_18

                                                

左:三峰山手前の上り。11時13分。  右:三峰山の頂上(南峰)。中峰という場合もある。11時20分-11時28分。頂上は狭い。林の中で展望はない。テ-ブルがある。

Photo_19 Photo_20

                                                                                                          

三峰山934.6mからは急な階段を下る。すぐにハシゴやクサリ、岩場のあるヤセ尾根も交えて小さなピ-クの中峰を越え、下って登り返すと北峰に達する。中峰も北峰も標識はなくそれとなく通りすぎてしまう。林の中で展望はない。急斜面をジグザグを交えて下ると緩やかな尾根道になる。小さな上り下りを繰り返して尾根道を進む。途中崩落箇所がある。上の物見峠分岐の先からはひの木や杉林が多くなる。下の物見峠分岐からは杉林などの斜面をトラバ-スぎみにひたすら下る。途中、鹿サクを2度通過するが戸は壊れている。

左:三峰山頂上から下る所。最初から急降下。  右:こんな場所も通過する。11時37分。

Photo Photo_2

                                                

左:クサリのある岩場を登って(11時47分)。右:こんな場所を通過すると(11時52分)北峰はすぐ先である。

Photo_3 Photo_4

                                              

左:北峰からの急な下り。11時56分。  右:急な下りを終えると緩やかな尾根道になる。12時03分。

Photo_5 Photo_6

                                              

左:崩落箇所を通過。12時15分。ここからは搭ノ岳・丹沢山の山並みが見えるはずだが、今日は雲の中。 右:こんな急な階段を下所もある。12時26分。

Photo_7 Photo_8

                                                 

左:山の神の小さな祠を過ぎて物見峠の分岐点に着く。12時33分。 右:物見峠分岐からはひの木や杉林の林の中をひたすら下る。写真は12時50分。

Photo_9 Photo_10

                                           

左:下の物見峠の分岐。12時58分。さらに杉林の斜面を下る。 右:小さな沢を渡ると民家は近い。13時35分。

Photo_11 Photo_12

                                                

左:民家が現れる。13時38分。 右:煤ケ谷バス停附近の三峰山登山口。13時45分。本厚木駅行のバスは日中、1時間に1本。事前に調べておいて時刻に合わせて下山するのがよい。煤ケ谷から本厚木駅まで50分かかった。

Photo_13 Photo_14

                                                

Photo_2   

|

« 丹沢を歩く23檜洞丸シロヤシオツツジ | トップページ | 丹沢を歩く25日影山 »