« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月23日 (木)

丹沢を歩く27春岳沢

丹沢を歩く27。 大山南面にある春岳沢は小滝の連続で、割と水量が多く快適な沢登りができる。連日30度以上、日射しが強く、外に出る気もありませんでしたが、ブログ更新の期間が空いたので、家の近くの春岳沢を登ってきました。 2012年8月22日。

説明が記入されている写真は拡大してご覧ください。

写真の説明の時間はその場所で撮影した時間です。

左:髭僧の滝道標。 右:髭僧の滝。落差約10m。

Photo Photo_2

                                                  

左:春岳沢に自然に下り立つ所。9時33分。      右:春岳1号えん堤。

Photo_3 Photo_4

                                                  

左:えん堤の上でモジジ沢と出会う。9時34分。休憩。    右:春岳沢の最初の滝。9時38分。

Photo_5 Photo_6

                                                 

以下の写真のような滝が現れます。滝の中を登らない場合は、だいたい流れの左側を登ります。右側を登ったほうが登りやすい場合もあるので、適宜判断してください。ザイルは使いませんでした。 ほとんどの滝は2-5m、なめ滝も多い。終盤近くで2段10m近い滝もひとつあります。

左:9時41分。                        右:9時43分。

Photo_8 Photo_9

                                                          

左:9時51分。                        右:9時56分。                                                

Photo_10 Photo_11

                                                 

左:10時00分。                      右:左の写真の上部。                                                  

Photo_12 Photo_13

                                                     

左:10時04分。                      右:10時07分。                                                   

Photo_14 Photo_15

                                                  

左:10時11分。                       右:10時18分。                                                

Photo_16 Photo_17

                                                  

広いゴ-ロ状の沢になり、上部で空沢を含めていくつかの沢に分かれる。本流は分かりにくい。ここで沢登りを終了する。右に明瞭な道があり、表参道に出る。

左:10時22分。                      右:10時25分。                                                   

Photo_18 Photo_19

                                                

沢登りを終了して大山表参道へ戻る。 左の写真で水流があるが、すぐ上でわき水となっている。この地点からしばらく歩くと崩落斜面がある。                                                  

Photo_21 Photo_22 

                                                

ひのき林などの斜面をゆるやかに登っていくと、大山表参道の下社分岐の地点に出る。                                                 

Photo_23 Photo_24

                                                     

Photo_26

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »