« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

秦野市の桜2014

秦野市運動公園と水無川の桜。  2014年3月31日。

下記は31日10時ころの状況でしたが、31日、4月1日と暖かく、1日の夕方には満開に近い開花になりました。

今日は暖かな日になりました。総合運動公園と水無川の桜は、満開に近い木も少しありましたが、だいたい4,5分咲きでした。週末は天気もよさそうなので満開の花見ができそうです。                                           

20141

 

 

20142

 

 

20143

 

 

20144

 

 

ヤマダ電機、ユニクロ前の道路の桜です。ここはほぼ満開でした。

20145

 

|

2014年3月25日 (火)

烏尾山-行者ケ岳

丹沢表尾根。烏尾山-行者ケ岳。  2014年3月23日

戸沢出合に車を止め、仲尾根をを登り、烏尾山-行者ケ岳-政次郎ノ頭の表尾根を歩き、政次郎尾根を下り戸沢出合に戻るコ-スを夫婦で歩いて来ました。仲尾根はゆるやかな植林帯の尾根をはさみ急登が続きますが、草地の尾根の上部から振り返ると展望が開けます。表尾根は雪が少し残っていて登山道はドロンコでした。

左:仲尾根登山口。本日のここの写真はうまく撮れていなっかったので昨年5月の写真を使いました。  右:植林帯を急登していくと自然林の尾根になる。

20143231

                                         

左:植林帯が混じる尾根を抜けると大きな一本松が現れ、自然林の尾根の急登になる。  右:草地の尾根の急登になる。

20143232

                                           

左:再び自然林の狭い尾根の急登。  右:全体が草地の尾根になる。急登していく。振り返ると展望が広がる。

20143233

                                         

急登して上部のゆるやかになった所で振り返る。左:富士山。右:箱根連山。左手に相模灘も見える。

20143234

                                          

左:植林帯のゆるやかな尾根をはさむ。  右:狭い自然林の尾根を急登。

20143235

                                        

左:竹の間の急登。雪が残っていた。  右:アセビの群落の登りになると烏尾山の頂上は目の前。

20143236

                                             

左:表尾根の登山道に出た所。  右:烏尾山荘と三ノ塔。

20143237

                                          

左:烏尾山頂上と富士山。  右:頂上から見る表尾根。

20143238

                                          

左:表尾根。雪が残っている所もあった。  右:残雪と富士山。

20143239

                                          

左:ドロンコの登山道。  右:登山道わきのブナの木。

201432310

                                    

左:行者ケ岳頂上。  右:行者ケ岳の下り。クサリがある。登り返して下る所にもクサリがある。

201432311

デジカメ の充電を忘れて、写真はここまでしか撮れませんでした。政次郎ノ頭をちょっと下ると戸沢の道標があります。ここから戸沢出合に下りました。政次郎尾根は大小の石が多い、歩きにくい急な下りが続きます。

2014323

| | コメント (0)

2014年3月22日 (土)

丹沢の滝Ⅰ

丹沢の滝Ⅰ

 

丹沢の滝5。 寄沢支沢・後沢(ウシロ沢)F1。3段約13m。  2014年3月22日。

鍋割山と栗ノ木洞の間にある後沢乗越につきあげる沢で、やどりき水源林の林道出合の水量は少ないが、F1の水量は意外と多く、初めて見たが予想外に見栄えした。

2つ目のえん堤を越えた先にF1が見える。下段の滝の下からは上段の滝は見えない。左の大岩を左から巻いて登ると見える。

5

 

下段・約4mと中段・約4mの滝。 林道の後沢出合から約5分。

1                                               

 

中段と上段・約5mの滝。大岩を左から巻いて登って(やさしい)見ました。

2

 

 

左:後沢の入口。寄大橋から約8分。ボランティア林Aの遊歩道に入る。  右:一つ目のえん堤。左から登る。

3

 

 

一つ目のえん堤の上で遊歩道から右へ沢に降りる。2つ目のえん堤が前方に見える。  右:2つ目のえん堤は左にU字の鉄筋が足場としてあったのでこれを登って超える。登って降りるのも同様。

                             4_2

 

Photo

 

 

 

丹沢の滝4。 水無川本谷小滝・源次郎沢F1。  2014年3月3日。

雪の中の滝を見に行ってきました。戸沢出合まで車で入りました。駐車場は料金ポストがあります。徒歩は大倉バス停から約1時間30分。

編集中です。

源次郎沢F1

左:戸沢出合駐車スペ-ス。  右:本谷を渡ると積雪。

1

 

 

左:源次郎沢を渡り旧書策新道に入る所。駐車場から約9分。ここからF1まで約8分。  右:源次郎沢入口の道標。右へ行けば本谷。しかしこの道標、無許可設置のため撤去の警告の標識がある。

2

 

 

左:書策新道は廃道の標識。この先で左へ下るとえん堤の上に降りる。  右:源次郎沢に降りた所。

3

 

 

源次郎沢F1。左岸壁にF1の標識がありました。沢登りのル-ト図などに落差10mとありますが、見た目、短い気がしました。

4

 

 

水無川本谷沢の小滝。 F1は丹沢の滝Ⅲの丹沢の滝14をご覧ください。

前述の源次郎沢入口の道標の所に戻り、雪の本谷を辿るとえん堤の下に着く。これを左端にあるロ-プでよじ登る。さらに雪のゴ-ロ状の沢を流れを渡り返しながら行くと2段の滝の下に着く。

  

左:えん堤の左端をロ-プにつかっまってよじ登る。  右:さらに沢を辿る。

5

 

本谷の小滝。源次郎沢を渡り旧書策新道に入る所から約15分。

6

 

Photo_2


 

 

 

丹沢の滝3。 寄沢・イイハシの大滝。  2014年2月3日

寄沢(やどりきさわ)の上部の本流に45mの滝があると言うので行ってきました。寄大橋そばの路肩駐車スペ-スに車を置く。雨山峠への登山道を登り、寄沢の4度目の渡り返しで左岸に移り、登山道が右へ沢から離れる地点に着く。本流が左へカ-ブする所に右上から支流が合流する。100mほど本流を行くとF1の下に着く。岩溝を右上から左下へ流れているので滝の全体は見えない。滝壺の左側に頭を出している石の上に乗り、身を乗り出して全体を見る。

F1の両サイドの岸壁は登れそうもない。上に行きたいので見渡すと右側の崖にロ-プが張ってあったので高巻いてF1の上に出る。さらに数十m沢を行くとF2とF3が現れた。F2の右側の岸壁をなんとか登り、F2の上に出る。F3は左右の岸壁はそれなりに装備がないと登れそうもない。左側の岸壁に張り付くとF4のイイハシの大滝の中間部が見えた。

F4の全体を見たいのでF3を高巻こうと右側の斜面に取り付く。かなりの急斜面で足場も悪い。しかしF3の上に降りられない。仕方なくF4の全体が見える所を探して斜面を移動してようやく見つけた。ヒヤヒヤの急斜面である。登ったはいいが戻るのがさらに大変。F2は右岸の岸壁を降り、F1はロ-プで高巻いて降りる。

F4・イイハシの大滝の下へは岩登りの経験と装備がないと行けません。

 

左:4度目の寄沢を渡るところ。  右:本流が左へカ-ブする。右上から支流が合流する。イイハシの大滝入渓点。

5_3


                                                                                                
                                                              

                                                        

                                                

6_4


                                                     

                                                              

 F2・落差約5mとF3・落差約5m

3_2

 

7_2

                                                      

4_3


                                            

F4・イイハシの大滝上段
                                                     

5_2

 

Photo_2





sunsportsbuildingpostofficebagcafe

丹沢の滝2。 寄沢支沢・滝郷沢。滝郷の滝。   2014年2月1日

寄ロウバイ園のロウバイを見て、ついでに滝郷の滝を見てきました。ロウバイは名古木やま便り寄ロウバイをご覧くだい。

寄バス停から道路を約40分歩いて寄大橋手前右にあるやどりき水源林のゲ-トを左から通り林道を少し行くとトイレの手前に滝郷の滝の道標がある。左に行くとテ-ブルがいくつかある広場に出る。寄沢の河原に降りると対岸に滝郷沢の沢が見える。飛び石で流れを渡り滝下に行く。

1_6




                                                   

2_6


 

 


                                                     

 

sunthundermoon3musicsearchskisportspunch

丹沢の滝 1。法行の滝、笹子の滝、夕滝

「丹沢を歩く」の編集にメドがつき、久しぶりに西丹沢に行ってきました。シリ-ズは滝巡りにしようかとまず法行の滝を見てきました。  2014年1月21日。

法行の滝。落差約35m。大又沢の支沢・法行沢。浅瀬橋から徒歩約40分。

広い岸壁の右上端に約15mの直瀑、左下端に約9mの直瀑、中段の滝は右から左へ岩溝の中を流れているので見えない。

4
                                                             

中段の滝

5



                                                     

10

 

 

笹子の滝。落差約13m。大又沢支沢の笹子沢。浅瀬橋から徒歩約25分。

8

                                                          

11

                                                

 

夕滝。落差約40m。世附川支沢。浅瀬橋から約5分。

9

                                                                                                       

1               

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2014年3月10日 (月)

鍋割山雪景色

鍋割山。  2014年3月9日。

大山・丹沢連山はまだ白い姿を見せています。知人と夫婦3人で寄から雨山峠-鍋割山の尾根を歩いて来ました。雨山峠手前の沢はかなり雪がありましたが、尾根はほとんどありませんでした。鍋割峠までの間、尾根に出る斜面はかなりの積雪がありました。寒いせいか雪は締まっていました。アイゼン使用。

釜場平手前から雪の上を歩くことが多くなり、沢の中を歩くル-トは雪が多くありました。

雨山峠手前の沢の中の道。

60_2

 

 

雨山峠

61

 

 

雨山峠から尾根に出ると意外や、雪があまりない。両側の斜面は雪が多い。

尾根に出て最初のあん部。

62

 

 

クサリ場。

63

 

 

鍋割峠手前のピ-ク。このピ-クの手前の急斜面は雪が多かった。

64

 

 

鍋割峠。

65_2

 

 

鍋割山への登り。雪が多い急斜面。

66

 

 

頂上直下の尾根。気持ちがいい。

67

 

 

鍋割山頂上。鍋割山荘。

69_4

 

 

鍋割山頂上の樹林。

70

 

鍋割山頂上から寄分岐の間は、所々に雪があり、登山者が多かったこともあり、登山道はドロンコであった。寄分岐からやどりき水源林に下るル-トは地図の大岩近くまで雪が残っていた。

寄分岐からやどりき水源林に下る植林帯の尾根。雪の上を歩く。道標はない。

71

 

 

寄分岐から762mピ-クを経てやどりき水源林に下るル-トは大岩の先で道標が出てくるまでバリエ-ションル-トです。

3_4

 

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »