« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年1月

2015年1月25日 (日)

丹沢を歩く・エボシ山

丹沢をあるく。日向山荘-北東尾根-エボシ山。  2015年1月24日。

以前、丹沢の山を歩いていた時に知り合った人から浄発願寺付近からエボシ山に登るコ-スを聞かれ、歩いたことがなかったので、ブログを更新するのにどこを歩いてこようかと考えていた時なので、エボシ山に決めて歩いてきました。調べてみると国土地理院地図に浄発願寺と日向山荘の間の御所入沢の沢ぞいに黒の破線があり、沢の北側にエボシ山から尾根が伸びている。この尾根には黒の破線も何もない。この尾根をエボシ山北東尾根と名付け、北東尾根を登り、帰りは沢ぞいを下ることにして出かけた。行ってみると行きも帰りも完全なバリエ-ションル-トであった。もちろん道標も目印のテ-プなどもなかった。

日向山荘に有料で駐車させてもらう。バスは伊勢原駅から日向薬師行終点下車。徒歩約10分。主人に多少の情報を聞き出発。どこからでも尾根に取り付けるらしかったが、車道を登りながら、右側を注視し、大友皇子之陵の入口を過ぎ、御所の入森コテ-ジ入口の反対側に細い道が登っているので入ってみると10mほど先にロ-プゲ-トがある。その手前に急で踏み跡もないが、登れそうなのでここから植林帯の尾根に取り付いた。出だしから急。登っても踏み跡も何もない。少し登るとサクの杭に使ったと思われるものが何本も現れる。尾根の背から外れないように急登して行くが、倒木や枝の散乱があったり、状態は少し悪い。踏み跡もなく、道標も目印のテ-プなどもない。30分近く登ると雑木林の尾根になる。歩きやすくなり、気持ちのいい尾根である。振り返ると厚木市方面や大山-三峰山間の稜線などが樹間に見える。

林道に出て、そのまま尾根に取り付けるかと思ったが、擁壁が1m強あり、登れそうもない。左へ林道を50mほど行ってみると擁壁が切れている。シカ柵が伸びていて、柵ぞいに踏み跡が上がっている。登ってみると尾根に出た。再び植林帯の尾根になり、シカ柵が時々現れる。ここの尾根も枝の散乱などがあり、歩きにくい所がある。この尾根も踏み跡や目印のテ-プなどはなかった。とにかく尾根から外れないように登る。緩やかな尾根になり、小ピ-クに達する。シカ柵がある。この付近の右手は展望が開ける。この先はかなりの急登である。おまけにサク沿いの所は枝の散乱などで歩けない所もある。ゆるやかな尾根になり、やっとと言う感じでエボシ山に到着。小さな手製のエボシ山の標識がある。林の中で展望はない。

左:日向山荘前。    右:尾根に取りついた付近。

Photo
                                                      

 

左:尾根に取り付いて少し登った所。  右:植林帯の急登が続く。踏み跡はほとんどなかった。枝の散乱もある。

Photo_4
                                               

 

左:雑木林のやや狭い尾根になる。この先踏み跡は時折わずかに感じられる程度。   右:樹間に厚木市方面が見える。

Photo_5

                                                    

 

左:さらに急登していく。気持ちのいい尾根である。  右:左手にシカ柵。

Photo_6

                                                 

 

左:シカ柵の所で振り返る。  右:樹間に大山-三峰山の稜線が見える。

Photo_7
                                                   

 

左:林道のすぐ手前。  右:林道に出る。

Photo_8
                                                       

 

左:1m強の擁壁。無理をすれば登れなくもないが、50mほど先で擁壁がなくなっていた。  右:擁壁がなくなっている場所。シカ柵が右へと上がっている。ここから尾根に取り付く。

Photo_9
                                               

 

左:シカ柵ぞいに登ると尾根に出て、またシカ柵沿いの登りになる(右)。枝が散乱。この先、踏み跡はなかった。尾根を忠実にたどる。

Photo_10

                                                   

 

左:小ピ-ク付近の展望。大山-三峰山の稜線。  左:シカ柵が壊れている。枝が散乱。

Photo_11

                                                    

 

左:再び右手の展望が開ける。  右:さらに植林帯の尾根を急登していく。

Photo_12
                                                       

 

さらにこんな尾根を急登していく。右の写真は本来はシカ柵の間を通るのだろうが、左のシカ柵は倒れていた。枝も散乱している。

Photo_13
                                                        

 

エボシ山653.3mに到着。到着する前に小雪がちらついた。

Photo_14
                                                     

 

エボシ山頂上からは、子易・大山小付近に下る南へ伸びる尾根をくだり、林道を北へ歩き、御所入沢の下降点に向かう。主に植林帯の急な尾根を下る。この大山小のそばに出るコ-スもバリエ-ションコ-スだが、テ-プが多く、踏み跡もしっかりしていた。

こんな尾根を下る。踏み跡ははっきりしていた。

Photo_15

                                                     

 

こんな尾根を下る。急な下りもある。

Photo_16
                                                    

 

左:地図の林道合流点2。道標などはない。  右:北へ続く林道を歩く。

Photo_17

                                                       

 

左:林道三叉路。  右:御所入沢下降点付近。土嚢の右側が小広い平坦地。

Photo_26

                                     

国土地理院地図に黒の破線が入っている御所入沢沿いを下るため、御所入沢への下降点をGPSで黒の破線の位置を確認して、林道から下をのぞくが降り口がよくわからない。谷がわの路肩が小広くなっているところがあり、そこを少しウロウロしてから、とにかく見当をつけて下る。いきなり広い斜面の急降下。足場も悪い。下って行くと割と大きなえん堤の上。これも迷って左がわから大きく巻いて下る。沢の中を歩いたり(この日は水は流れていなかった。水があると沢の中は歩けない)、急な左岸の斜面をトラバ-スしたりと、道なき道である。もちろん目印などはない。とにかく足場が悪い。ル-ト判断が難しい。かなり下って行くと踏み跡がはっきりしてきた。目印があったりする。もしかして左岸のかなり上をトラバ-スする踏み跡があったのかなとも思う。でもなあ、GPSで黒の破線に沿って下ったつもりなんだけど。お勧めできないコ-スでした。ようやく林道に出て日向山荘に向かう。

左:林道から降りるといきなりの急斜面。足場が悪い。  右:大きなえん堤を左岸から高巻いて降りる。この先小さなえん堤がいくつかあります。

Photo_19
                                                    

 

左:こんな急な悪い沢の中も下る。  右:ようやく歩きやすくなる。

Photo_20
                                                      

 

左:林道に出る。林道合流点3。  右:ゲ-トを過ぎれば日向山荘はすぐである。  

Photo_21
                                                           

 

 

帰る前に大友皇子之陵と浄発願寺(じょうほつがんじ)を参拝しました。

Photo_23
                                                          

 

Photo_27

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年3月 »