« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月28日 (日)

丹沢の峠・唐沢峠

丹沢の峠。 4.唐沢峠(からさわとうげ)。  2016年2月23日。

大山から三峰山に縦走したときに通過したことがありましたが、今日は山の神峠から見晴広場-大沢分岐-唐沢峠-不動尻の周回コ-スで唐沢峠に行ってきました。山の神峠から大山-唐沢峠の尾根の登山道に出るまではバリエ-ションルートになります。この尾根の道も鐘ケ嶽から大山に向かう修験道だったとも言われています。このルートは初めて歩きましたが、しかし踏み跡はしっかりしていて、目印のテープ゚もなく、道標もなく(ピ-クに手製の標識がある所もある)、でしたが、ピ-クでの分岐に気をつければ迷うことはありませんでした。全コ-ス、樹林の尾根で展望はほとんどありませんでしたが、変化のある楽しめた尾根でした。。冬枯れの樹間に多少の展望はありましたが、葉の季節はほとんど展望はなくなるのではないかと思います。見晴広場A、Bも林の中でした。                 2月28日更新。

山の神峠までは、丹沢の峠・山の神をご覧ください。車は無料の広沢寺温泉駐車場があります。案内板には8時から日没まで開場とあります。バスは、本厚木駅から七沢行で広沢寺温泉入口下車、駐車場まで徒歩約15分。または広沢寺温泉行終点(玉翠楼前)下車。いずれも本数は少ない。

唐沢峠。 標高約805m。 モミなどの原生林の中。今日は霧の中でした。

Photo_6

 

Photo_24

 

唐沢峠への道のり。

山の神峠から南側の尾根に入るとすぐに急登になる。東に派生する尾根に出ると鹿サクが現れる。鹿サクぞいに緩やかな尾根をはさみ急登していくと見晴広場Bに着く。東に派生する尾根方向に弁天の森などの手書きの標識がある。展望は名前どうりにはいかない。林に囲まれていて、冬枯れのときは樹間に北側の展望が望まれるが葉がある時期は展望はなくなるだろう。

見晴広場Bから大沢分岐までは緩やかな尾根が多いが小ピ-クをいくつか越えるアップダウンのある尾根道になる。ヤセ尾根や根っこが多い尾根もある。また短いが岩場やロ-プが張った所もある。

左:山の神峠から見晴広場、大沢分岐へ向かう。見晴広場・大沢分岐などを示す道標はない。手書きの見晴広場を示すものがある。  右:すぐに急登になる。

Photo
                                                 

 

左:途中振り返ると鐘ケ嶽が見えた。  右:鹿サクぞいになる。

Photo_2
                                                     

 

さらにこんな尾根を急登していく。

Photo_3
                                                            

 

左:見晴広場Bに到着。林の中である。北側は冬枯れのときは樹間に少し展望がある。  右:こんな尾根も通過する。

Photo_4
                                                      

 

左:さらに尾根を辿ると見晴広場Bに着く(右)。ここも林の中。小さな手製の標識があったが気をつけないと見逃して通り過ぎてしまう。

Photo_5
                                                      

 

左:鹿サクぞいの松の木の尾根。  右:少し先で左手の展望が開けた。

Photo_7
                                              

 

左:すりばち広場に到着。初めてのりっぱな道標。  右:右手にすりばち状の広場がある。

Photo_8
                                               

 

左:少し急登すると、東屋がある(右)。ここにもりっぱな道標。すりばち広場と東屋の間だけである。

Photo_9
                                                

 

さらにこんな尾根も辿る。右の写真は急登でロ-プもあった。ルート上に足場の悪い所は何か所かある。

Photo_10
                                                     

 

左:大沢分岐。梅ノ木尾根に合流する。  右:こんな手製の道標がある。冬枯れの樹間に展望はありそうだが霧が出てきて確認できなかった。

10
                                                

 

大沢分岐から先も狭い尾根が多い。やはり根っこが多い。778mピ-クに道標はないが、手書きの標識がある。南方向に派生する尾根の方向にふれあいの森・日向キャンプ場を指すものもある。尾根が分岐しているので確認が必要。778mピ-クの先も狭い尾根があるが、小ピ-クを越えて少しすると巨木も見られる尾根の急登になる。

さらにこんな尾根を辿る。根っこの多い尾根である。

Photo_11
                                               

 

左:778mピ-クに到着。霧の中。  右:こんな道しるべしかない。尾根が分岐しているので方角の確認が必要。

Photo_12
                                                      

 

さらにこんな尾根を辿る。冬枯れの樹間には展望がありそうだが、霧で見えなかった。

Photo_13
                                                    

 

左:巨木のある急登。  右:こんな尾根も通過。

Photo_14
                                                 

 

左:大山-唐沢峠間尾根の登山道手前の登り。  右:大山-唐沢峠登山道に合流。893ピ-クのちょっと手前。

Photo_15
                                                    

 

893mピークのちょっと手前で大山-唐沢峠尾根の登山道に合流するが、778mピ-クに向かう尾根の入口にはロ-プが張ってある。唐沢峠に向かう。狭い尾根にはクサリや桟道が設置されているが唐沢峠までは下りである。緩やかな尾根が多が、峠の手前で急な下りになる。

霧の中、唐沢峠に向かう尾根の道。

Photo_16
                                                     

 

唐沢峠に向かう尾根道。

Photo_17
                                 

 

唐沢峠から約840mピ-クへひと登りすると、あとは不動尻まで急な下りが続く。途中から広い作業道と何度か交差する。ほとんど植林帯の尾根だが、モミの巨木も見られる。不動尻からは二の足林道を広沢寺温泉に向かう。

左:唐沢峠を出発。不動尻に向かう。  右:すぐに急な登りになる。

Photo_19
                                                   

 

左:トラバ-スの道をはさむ。  右:標高約840mのピ-クに到着。唐沢峠から約6分。ここから不動尻まで急な下り。

Photo_20
                                                   

 

主に植林帯の尾根をジグザグをはさみ、急な下りが続く。

Photo_21
                                              

 

左:不動尻の平坦地のすぐ手前、三峰山への分岐点。  右:不動尻の広場。建物はない。トイレはすぐ先の橋を渡った所にある。

Photo_22
                                                

 

左:次の橋の上から見た谷太郎川のナメ滝。  右:二の足林道。

Photo_23


                                                

 

Photo_25


| | コメント (0)

2016年2月24日 (水)

丹沢の峠・山の神峠

丹沢の峠。 3.山の神峠。  2016年2月23日。

広沢寺温泉駐車場に駐車。山の神峠からバリエ-ションル-トの見晴広場を経て梅ノ木尾根に合流したあと、大山-唐沢峠の尾根に出て唐沢峠を経由して不動尻に下る周回コ-スを歩いて来ました。今回は山の神峠を紹介して、唐沢峠の周回コ-スは次回4,5日後に載せます。

車は無料の広沢寺温泉駐車場があります。案内板には8時から日没まで開場とあります。バスは、本厚木駅から七沢行で広沢寺温泉入口下車、駐車場まで徒歩約15分。または広沢寺温泉行終点(玉翠楼前)下車。いずれも本数は少ない。

山の神峠は山の神隧道ができるまでは広沢寺から不動尻への峠越えの道だったと思われます。また、修験者が鐘ケ嶽から大山に向かう時に通った峠とも言われている。

山の神峠。標高約435m。

Photo
                                                   

 

山の神峠からは東側の展望だけ開ける。

Photo_9


                                             

左:山の神隧道手前の鐘ケ岳登山口1。ここから山の神峠に登る。急登が続く。  右:こんな岩場の登りもある。

Photo_2
                                           

 

左:さらに急登する。  右:山の神峠に到着。

Photo_3
                                             

 

左:右に鐘ケ嶽寄りに数十m登ると山の神の小さな祠がある。  右:鐘ケ岳登山口2に下る。

Photo_4
                                           

 

左:こんな登山道も歩く。  右:小さな沢を横切る。この先、沢ぞいの植林の中の下りになる。

Photo_5
                                          

 

左:鐘ケ嶽登山口2に着く。右へ林道を歩く。  右:山の神隧道を通る。約200m。懐中電灯が必要。

Photo_6

                                          

 

Photo


| | コメント (0)

2016年2月13日 (土)

丹沢の峠・旧ヤビツ峠

丹沢の峠。 2.旧ヤビツ峠。  2016年2月15日更新。

2回目は岳ノ台ハイキングコ-スの途中にある旧ヤビツ峠です。県道70号線(秦野清川線)の峠はヤビツ峠といい、標高約761mです。

旧ヤビツ峠は、丹沢林道(現県道70号線)工事開始ころ、旧ヤビツ峠の場所を調査したところ、矢櫃(やびつ・矢を入れる箱)が発見されたことに由来する。県道が完成して最高地点をヤビツ峠としたため、矢櫃が発見された所は旧ヤビツ峠になった。

旧ヤビツ峠の南北の峠道(とうげみち)と思われるル-トを歩いてみました。後半に載せてあります。ご覧ください。

2月11日の記録です。

ヤビツ峠。県道70号線の建設に伴い作られた峠。トイレ、駐車場、バス停がある。

Photo
                                                      

 

旧ヤビツ峠。標高約800m。岳ノ台ハイキングコ-スの途中にある。写真の登山道の右側は小広い平坦地になっているが、灌木とササが生い茂っている。古い壊れたベンチがある。峠の標識等はない。

Photo_2
                                                           

Photo_10



                                                

 

旧ヤビツ峠への道のり。

旧ヤビツ峠へはヤビツ峠駐車場から2分ほど門戸口方面に車道を行くと左に林道が上がっている(ゲ-トがある)。ここから林道を登るのが近いが、今回はヤビツ峠の岳ノ台ハイキングコ-スの標識の所から辿った。バスは秦野駅からヤビツ峠行で終点下車。本数は少ない。2月15日はヤビツ峠までバスが運行されていたが、雪が降ると蓑毛で折り返しになるので事前の問い合わせが必要。

左:岳ノ台ハイキングコ-ス入口。  右:しばらく急登する。雪がかなり残っていた。20cmほど。

Photo_4
                                     

 

左:平坦な場所に着く。  右:鹿サクぞいのゆるやかな道になる。                                     

Photo_5
                                      

 

左:植林帯の急な登りになる。  右:東屋のあるピ-クに達する。

Photo_6
                                  

 

左:旧ヤビツ峠に下る途中で左手が開ける。  右:旧ヤビツ峠手前の下り。

Photo_7
                                       

 

旧ヤビツ峠から北側の峠道を県道70号線に向かう。

左:こんな所を通ると、  右:鉄塔(新多摩線9号)の所を通る。

Photo_8
                                           

 

左:林道(北側峠道)を下る。  右:県道70号線に出た所(北側峠道入口)。

Photo_9


                                           

 

2月15日の記録です。                                                 

2月15日に直接、旧ヤビツ峠に登る林道(北側峠道)から入り、南側の峠道(とうげみち)を歩いてみました。旧ヤビツ峠へはヤビツ峠駐車場から2分ほど門戸口方面に車道を行くと左に林道が上がっている(ゲ-トがある)。ここから林道を登るのが近い。

旧ヤビツ峠。標高約800m。

Photo_12
                                                

 

旧ヤビツ峠南北峠みちの記録。

左:地図の北側峠道(とうげみち)入口。  右:林道を登る。

Photo
                                

 

左:新多摩線の鉄塔・9号の横を通る。  右:旧ヤビツ峠の手前はササ藪の中。  

Photo_2
                           

 

(以下のル-トは参考です)   

南側峠道(とうげみち)と思われるル-トの記録です。旧ヤビツ峠から先は完全なバリエ-ションル-トです。目印のテ-プなどはありませんでした。踏み跡は続いていました。危険個所もあります。

左:旧ヤビツ峠の道標の所から南斜面に踏み跡が続いている。入口にロープが張ってあり、「あぶない のぼるのはやめましょう」の看板がある。  右:急斜面の踏み跡をたどる。  

Photo_3
                             

 

少し行くと崩落個所に出会う(左)。ガードレ-ルらしき物が落ちている。崩落個所の先にもはっきりした踏み跡が続いているので崩落個所を越えることにする。11日のときに確認してあるので持ってきたロ-プで崖(約2m)を降り(右)、ガ-ドレ-ル(?)の先端から越える(左)。ロープは回収。

Photo_4
                            

 

急斜面のこんな踏み跡をたどる。

Photo_5
                                              

 

左:地図の県道・棚入沢下降点の所。  右:鉄塔・8号に向かう。急斜面の細い踏み跡。

Photo_6
                                                 

 

左:尾根に出ると新多摩線の鉄塔・8号。眺めがいい。  右。鹿サクぞいに尾根を下る。急な下り。

Photo_7
                                             

 

左:道路が見えてくる。  右:県道70号線に降りた所。地図の南側峠道入口。

Photo_8
                                                 

 

地図の県道・棚入沢に下るル-トです。国土地理院地図の破線の下降点を探しましたが、見つからず、地図の茶色の破線のル-トで下りました。踏み跡はありましたが、前半は急な小さな尾根状、えん堤の手前で急な斜面の下降で厳しい斜面でした。鉄塔・8号経由のほうがまだ歩きやすかった。

左:地図の県道・棚入沢下降点の所。  急な小尾根を下る。

Photo_9
                                               

 

左:さらに急な小尾根を下る。この先でえん堤の上に出るが、足場が悪く、急で手こずる。  右:地図の県道・棚入沢に降りて沢を見上げる。

Photo_10
                     

 

Photo

| | コメント (0)

2016年2月 9日 (火)

峠・篠窪・下曽我ハイク

名古木やま便り。 秦野市峠・大井町篠窪・小田原市下曽我ハイキング。  2016年2月8日。

友人数人と久しぶりのハイキングです。渋沢駅から渋沢丘陵に登り、篠窪に降りて富士見塚ハイキングコ-スを大井美化センタ-を経由して大井いこいの村へ。ここから曽我丘陵の尾根に続く農道を歩き、途中で下曽我に下る急な農道を下って宋我神社、城前寺を見学して曽我梅林で宴会。

須賀神社から渋沢丘陵へ登る。意外と急です。

Photo
                                                   

 

尾根に出る前に振り返ると雪化粧の丹沢連山が見えました。

Photo_3

渋沢丘陵の尾根に出るとのどかな風景が広がります。正面奥は箱根・左:双子山。右:駒ヶ岳・神山など。

Photo_2
                                             

 

左:渋沢丘陵のハイキングコ-スから離れて篠窪へ向かう途中での展望です。。左下の黄色は篠窪の菜の花畑。正面奥は箱根・双子山。

Photo_4
                                                     

 

富士見塚ハイキングコ-スの川を渡る所です。

Photo_5
                                                              

 

大井美化センタ-の横を通過します。

Photo_6
                                                      

 

左:東名高速道路をくぐってひと登りすると高原風の台地になり、丹沢連山も見えます。いこいの村のすぐ手前です。

Photo_7
                                                   

 

いこいの村に隣接するおおいゆめの里からの眺めです。小田原市と箱根連山。この景色を眺めながら一杯です。

Photo_8
                                                 

 

曽我丘陵の尾根道にも梅林がありました。

Photo_11


                                 

しばらく曽我丘陵を歩いて下曽我に下ります。結構急な下りです。梅林の横を、眼下に小田原市、相模灘。

Photo_9
                                                        

 

曽我梅林を目指して。梅林の中で2回目の一杯。

Photo_12
                                                       

 

Photo_14

| | コメント (0)

2016年2月 5日 (金)

丹沢の峠・蓑毛越

丹沢の峠・蓑毛越。  2016年2月4日。

ブログのシリ-ズを何にするかまだ決めかねていますが、丹沢山塊の峠を目的に歩いてみようかなと思っています。○○峠、○○越は登山のコ-スの通過点として幾つも歩いていますが、どんな所か、どんな景色があるのかをよく見てくるのが目標です。これによって山歩きを継続するのも目的です。丹沢の峠をこまめに歩くことも出来ないので、丹沢バリエ-ションや滝も合間に歩きたいと思います。

手始めに、近くの蓑毛越から始めてみました。蓑毛までバスで行き、大山参り・蓑毛みちで阿夫利神社下社まで歩きました。蓑毛越は、大山参りの裏参道として西側地域からの参拝の道でした。大山南尾根を越える峠道です。関東ふれあいの道の一部でもあります。蓑毛越にはテ-ブル・ベンチもあり、休憩には絶好の場所ですが、この数年西側の植林が成長して展望はなくなっています。東側は雑木林がありますが、冬枯れの時だけ樹間に景色が少し見えます。

蓑毛越(みのげごえ)。標高約680m。正面の白い看板の前で蓑毛(左から)から下社(右へ)への道が南尾根を横切る。

Photo
                                   

蓑毛越の東側の雑木林。

Photo_2
                              

 

蓑毛越の道のり。

左:蓑毛バス停前。  右:常夜灯の所で道が分かれる。

Photo_3
                                  

 

左:最初の林道を横切る。  右:急登が続く。

Photo_4
                                    

 

左:2度目の林道を横切る。  右:さらに急登が続く。

Photo_5
                                    

 

左:3度目の林道。左の林道の入口にゲートがある。  右:すぐに林道から離れる。

Photo_7
                                     

 

左:急登が続く。  右:途中振り返ると樹間にニノ塔と岳ノ台が見えた。

Photo_8
                                     

 

左:大山登山100回記念碑の所で道が分かれる。左は蓑毛越に寄らずに大山頂上へ。  右:蓑毛越へ。ほぼ水平道のあと、数十m急登すると蓑毛越に着く。

Photo_9
                                                            

 

蓑毛越から大山方面に約15分急登する(左)と石仏群がある(右)。時間があるので見に行って来ました。

Photo
                                       

 

左:蓑毛越に戻り、阿夫利神社下社に向かいます。ほとんど水平道です。雑木林の斜面(左)から植林帯の斜面(右)の道になる。

Photo_2

                       


左:途中、ロ-プを張った所がある。少し雪が残っていました。  右:下社直前の大山頂上への登山道の分岐点。

Photo_3
                             

 

左:下社の大山獅子の像。  右:新型の大山ケ-ブル。

Photo_4

                                    

Photo_6

|

2016年2月 3日 (水)

秦野市出雲大社節分2016

秦野市の出雲大社の豆まきを見に行って来ました。伊勢ヶ濱部屋一門が豆まきをしました。横綱・日馬富士を間近に見ることができました。  2016年2月3日。

出雲大社。

Photo_3


                            

豆まき神事の前に待機する日馬富士。

Photo
                                                         

Photo_2
                                                   

 

日馬富士の豆まき。

Photo_8
                

Photo_4
                                                       

Photo_10



                                                           

Photo_6
                                                 

Photo_9




|

2016年2月 1日 (月)

名古木やま便り

名古木やま便り。 風の吊橋と梅。  2016年2月1日。

現在、ブログに載せてきた丹沢の滝を本にするために作業をしています。個人的な自費出版です。落ち着いたら、次のシリ-スを始める予定です。しばらくお待ちください。

県立秦野戸川公園の梅の開花状況を見に行って来ました。まだ少ししか咲いていませんでした。

Photo
                                                           

 

Photo_2
                                                           

 

Photo_3
                                                            

 

Photo_4
                                                   

 

Photo_5

|

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »