« 丹沢の峠・七曲峠 | トップページ | 名古木やま便り・みつまた2016 »

2016年3月16日 (水)

丹沢の峠・順礼峠-むじな坂峠

丹沢の峠。 6.順礼峠、7.物見峠、8.むじな坂峠。  2016年3月15日。

広沢寺温泉入口-順礼峠-物見峠-むじな坂峠-白山-御門橋のコ-スで一度に3つの峠を歩いてきました。札掛周辺の峠を歩く予定でしたが、14日の雨は丹沢ではかなりの積雪になりました。バリエ-ションルートもあるので、踏み跡は積雪で確認できないので、広沢寺東側の白山に登るル-トに変更しました。初めて歩きました。

物見峠-むじな坂峠-白山を3月18日に載せました。

白山神社-御門を3月20日に載せました。

 

広沢寺温泉から順礼峠まで。

広沢寺温泉に行く道路の交差点のそばに順礼峠の道標があります。民家がなくなり登山道になる所まで道路の分岐が多いですが各分岐には道標があり迷うことはありませんでした。整備された登山道を15分ほど登ると順礼峠に着く。林の中で展望はないが、広い平坦地になっている。順礼峠の言われは本文の写真の説明をご覧ください。

6.順礼峠(じゅんれいとうげ)。標高約175m。

Photo
                                                     

 

左:順礼峠の入り口。広沢寺温泉入口の交差点そば。  右:民家が終わる所で登山道になり、すぐに鹿サクをくぐる。

Photo_2
                                                    

 

左:急登していくと、右:ゆるやかな道になり、すぐに順礼峠に着く。

Photo_3
                                                       

 

左:順礼峠に到着。  右:順礼峠の説明版。

Photo_4
                                                       

 

左:石仏群の後ろの広場。ベンチもある。  右:物見峠、白山方面の登り口。地蔵尊のわきから登る。

Photo_5
                                                                                             

 

順礼峠から物見峠まで。

地蔵尊のわきから関東ふれあいの道が登っている。短いが191.8mのピ-クまで急な登りである。この先、道標が要所にある。あとはやや狭い尾根を短いアップダウンを繰り返していく。樹林の尾根で展望はあまりない。葉のない樹間から左手に大山と三峰、右手に東京方面の平野が見える。物見峠の手前は階段の急な登り。峠からは関東平野が見渡され、東京の高層ビル群も見えた。西側は林で展望はない。

7.物見峠(ものみとうげ)。 標高約245m。ここには峠の説明はなかったが、名前から、今は林が多いが、昔は物見の兵などがいたのではないか。

Photo

 

 

左:順礼峠からすぐに急な階段の登り。  右:登り切った191.8mピ-クの雑木林。

Photo_6
                                   

 

左:すぐに鹿サクをくぐる。  右:樹間に昨日降った雪で白くなった大山が見えた。

Photo_7
                                  

 

左:さらにこんな尾根を行くと、右:右がわ(東側)の展望が開ける所があった。

Photo_8
                                 

 

左:登山道わきにある小さな祠。  右:さらにゆるやかな尾根を行く。

Photo_9
                                   

 

左:植林帯を下り、 右:登り返すと

Photo_10
                                        

 

左:小ピ-クに達する。道標に物見峠0.6kmとある。  右:しばらく尾根を辿ると

Photo_11
                                        

 

左:多数のベンチがある所に着く。  右:すぐ先の小ピ-クで東側の展望が少し開ける。

Photo_12
                                    

 

左:ゆるやかな尾根を辿ると、 右:急な階段の登りになる。登った所が物見峠である。

Photo_13
                                     

 

左:物見峠に到着。  右:峠から東京の高層ビル群も見えた。

Photo_14
                                

 

物見峠からむじな坂峠-白山まで。  3月18日更新。

むじな坂峠からも、やや狭い、緩やかな樹林の尾根の道が続く。むじな坂峠は林の中だが北東方面の視界が開けている。さらに小さなアップダウンのある尾根を行き、急な階段を登り、少し行くと御門分岐に着く。帰りはここから下る。さらにゆるやかな尾根をたどり、少し急登すると白山の稜線に出る。右に数m行くと白山展望台に着く。飯山観音方面には下らず、御門に下りました。

8.むじな坂峠。標高約235m。  むじな、とは獣の貉のことではなく、この付近の6つの地名(ムツナ)がムジナになった。白山橋、長坂、花立峠、月待場、京塚、細入江と標柱の説明にある。

Photo_2
                                           

 

左:物見峠からやや狭い樹林のやるやかな尾根を行くと、右:むじな坂峠に着く。

Photo_3
                                                       

 

左:むじな坂峠からさらにゆるやかな尾根を行くと、 右:急な階段の登りになる。登るとすぐに御門分岐に着く。

Photo_4
                                               

 

左:御門分岐。 右:椿も見られる尾根を行く。

Photo



                                                        

 

左:急な登りになり、  右:白山の稜線に出る。右に数m行くと白山頂上。

Photo_6
                                                          

 

白山頂上からは南側から東側にかけての展望が開ける。左:大山と大山三峰が見える。  右:東京の高層ビル群も見えた。

Photo_7
                                                                 

 

白山神社から御門(みかど)まで。  3月20日更新。

白山展望台-白山神社間だけでも、こんなトレイルの標識が多数あり、目障りで仕方なかった。

Photo_9


左:白山神社に向かう尾根道。  右:白山神社。

Photo
                                                      

 

左:御門橋バス停に下る御門分岐。  右:植林帯の尾根を下る。

Photo_2
                                                      

 

左:雑木林の所もあった。  右:鹿サクをくぐる。

6
                                           

 

左:笹薮の道もある。  右:民家に出る直前はこんな感じ。

7
                                              

 

左:民家の横を通って橋を渡る。  右:御門橋バス停。尾崎の交差点まで行き、広沢寺温泉に向かう。尾崎-広沢寺間はバスの運行はない。広沢寺までほとんど歩道がある。

Photo_3
 

 

七沢森林公園の駐車場に駐車して周回してきました。

Photo_13

Photo_7





                  

 

|

« 丹沢の峠・七曲峠 | トップページ | 名古木やま便り・みつまた2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丹沢の峠・七曲峠 | トップページ | 名古木やま便り・みつまた2016 »