« 名古木やま便り・みつまた2016 | トップページ | はだの桜みち2016 »

2016年3月25日 (金)

丹沢の峠・一ノ沢峠

丹沢の峠。 9.一ノ沢峠。  2016年3月23日。

一ノ沢峠は札掛の物見峠入口から登るのが最短ですが、今日は地獄沢橋の大山北尾根の登り口から大山北尾根に向かい、一ノ沢峠分岐から一ノ沢峠に向かうコ-スを歩きました。一ノ沢峠まではバリエ-ションル-トです。一ノ沢峠分岐から一ノ沢峠までは初めて歩きました。主に下りですがなかなかいい尾根でした。

3月27日、続きを更新しています。

一ノ沢峠。 標高約550m。  札掛地域は江戸時代は幕府の直轄地になり御林(おはやし)として伐採を禁止されていたという。明治になり、皇室の丹沢御料地になり、煤カ谷村と札掛を結ぶ御料林経路として一ノ沢峠を経て建築資材などとして搬出された。昭和になり県有財産になる。

Photo
                                                   

 

一ノ沢峠のモミの林。

Photo_2
                                                           

 

読みにくいときは拡大してご覧ください。

Photo_3
                                                      

 

一ノ沢峠への道のり。

地獄沢橋-大山北尾根・一ノ沢峠分岐まで。

ヤビツ峠から札掛に向かい、地獄沢橋を渡ったすぐ先の右上に大山北尾根の手製の標識がある。みつまたの群落の中を登り、すぐに尾根に取り付く。踏み跡ははっきりしていた。みつまたの群落を抜けると主に植林帯の尾根の急登が続く。667mピ-クをに達すると少し下りになり、鞍部を過ぎると再び植林帯の尾根の急登が続き、913mピ-クの手前でゆるやかな尾根を挟む。ここまでの間、左の雑木の林では冬枯れの樹間に丹沢三峰方面の山なみが見えた。913mピ-クが大山北尾根の一ノ沢峠の分岐になる。右に大山北尾根に入るとすぐに新多摩線鉄塔があり、南北の展望が開け、休憩にちょうどいい。

左:札掛の札掛森の家手前の駐車場に駐車。地獄沢橋まで車道を歩く。  右:地獄沢橋そばの大山北尾根の登り口。

Photo_4
                                                       

 

左:車道からちょっと登ると大山北尾根の手製の標識がある。  右:みつまたの群落の中を登る。

Photo_5
                                                   

 

左:みつまたの群落を抜けると急登が続く。  右:667mピ-クに到着。

Photo_6

 

 

左:途中、左手に丹沢三峰方面が樹間に見えた。  右:長い階段の急登もある。

Photo
                                                      

 

左:ゆるやかな雑木林の尾根になると、  右:10分近くで一ノ沢峠分岐に着く。

Photo_15


                                                   

 

左:大山北尾根・913mピ-ク(手前)と鉄塔。休憩にちょうどいい。  右:南側の展望。北側も開けている。

Photo_3
                                                    

 

一ノ沢峠分岐-一ノ沢峠まで。  3月27日更新。

一ノ沢分岐から大山北尾根を一ノ沢峠まで下る。何度か短いアップダウンがあるが、ゆるやかな下りが多い。狭い尾根が多く、根っこの多いところもあった。全体として、踏み跡ははっきりしていて、道標はないが目印のテ-プも割とあり、尾根を辿るので迷うことはなかった。展望はほとんどなく、葉のない雑木のところでは樹間に山なみが見える程度だが、モミの大木も多く見られる尾根で楽しめた。峠周辺はモミの大木の林が見られた。

一ノ沢峠分岐からすぐに雑木の多い急な下りになり、5分ほど下った尾根(左)。  右:少し下ると雑木の尾根になり、樹間に北側の山が見える。

Photo_4
                                                      

 

左:大岩がいくつかある小ピ-ク風の所を通過する。  右:752m地点。小広い平坦地風。

Photo_5
                                                     

 

雑木の尾根をはさんで行くとモミの林が多くなってくる。

Photo_6
                                                      

 

左:こんな尾根になると一ノ沢峠も近い。  右:一ノ沢峠に到着。

Photo_7

                                                          

 

一ノ沢峠-唐沢林道往復と一ノ沢峠-物見峠入口まで。 

時間があるので唐沢林道まで往復しました。主に植林帯の急な斜面を10分ほど下ると林道・火打橋に着く。林道を右に行けば物見峠である。一ノ沢峠に戻り、県道秦野清川線・物見峠入口に向かう。要所に道標がある。しばらく急斜面をトラバ-スぎみに下って行くと尾根の道になり、すぐに急斜面をしばらく下ると沢を渡る。3度ほど小沢を渡る。さらにトラバ-スぎみにゆるやかな道を行くと布川に降り立つ。りっぱな橋で対岸に渡る。植林帯の急斜面を登ると県道に出る。あとは車道を歩いて札掛の駐車場に戻る。

唐沢林道へ植林帯の斜面を下る。

Photo_8
                                                   

                                                    

左:唐沢林道・火打橋に降り立つ。  右:一ノ沢峠に戻る。県道・物見峠入口に向かう。

Photo_9
                                                       

 

こんな斜面の道や尾根を下る。

Photo_10
                                                           

 

左:尾根からはずれて下る地点。  右:斜面の下り。

Photo_11
                                                             

 

左:沢を渡る所もある。  右:フエンスわきの道になると布川は近い。

Photo_12
                                                          

 

左:布川を橋で渡る。  右:植林帯の斜面を登る。

Photo_13
                                                   

 

左:県道・物見峠入口。  右:札掛の駐車場へ向かう。

Photo_14

 

                                                 

1_5

|

« 名古木やま便り・みつまた2016 | トップページ | はだの桜みち2016 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古木やま便り・みつまた2016 | トップページ | はだの桜みち2016 »