« 名古木やま便り・花菜ガ-デン | トップページ | 名古木やま便り・横浜みなとみらい3景 »

2016年5月23日 (月)

丹沢の峠・山神峠(世附)

丹沢の峠。 14.山神峠(世附)。 2016年5月22日。

世附の山神峠は椿丸を歩いた時に通過したことがある峠ですが、昔は山神沢ぞいに道があったというので山神沢を登り、山神峠に向かうル-トで初めて行って来ました。しかし峠の手前で沢は大量の倒木などで埋まり、沢をつめられず、右岸の尾根を登って山神峠に向かいました。

5月26日に後半の説明と所要時間などを追加更新をしました。ご覧ください。

水ノ木方面から浅瀬方面(またその逆)などに行くときに超えた峠と言われる。また小山から悪沢峠を越えて世附川に降り、山神沢を辿り水ノ木方面、あるいは椿丸を越えて道志へ抜ける道もあったと言われている。

山神峠(さんじんとうげ)。標高約710m。 

Photo
                                                        

山神峠への道のり。                                                       

浅瀬手前の駐車場に駐車。世附川ぞいの林道(水ノ木幹線林道)を歩く。バスは新松田駅から西丹沢行で浅瀬入口下車。浅瀬ゲ-トまで徒歩約60分。

芦沢橋から悪沢取水口入口までの間の崩落個所。左:芦沢橋寄りの崩落個所は修復されていた。 右:次の崩落個所はまだ崩落のまま。両サイドはかなりの急斜面。

Photo_11

                                                         

 

左:山神悪沢取水口入口の標識のある所で右に下ると吊り橋がある。  右:廃屋の横を通り、短い平坦地をはさみ急斜面を登る。

Photo_12


                                                      

 

左:やや狭い尾根になり、しばらく登ると、  右:右へ斜面をトラバ-スする道が分岐する(山神沢出合分岐)。悪沢の導水施設に通じる経路のようだ。

Photo_13


                                               

 

左:分岐のところから黄色のロ-プがしばらく続く。  右:こんな斜面の道もある。

Photo_14


                                             

 

左:地図のAの地点でロ-プが張ってある急斜面を少し登ると経路が左右にのびていた。  右:右へ経路を辿るとすぐに下りになり、悪沢に降りて行く。

Photo_15


                                                   

 

左:山神沢の出合。左が山神沢。右が悪沢。導水施設がある。 廃屋の所からここまでは経路ははっきりしていて特に危険な所もなかった。  右:山神沢の入口。  

Photo_16
                                                

 

左:山神沢。倒木も多い。水流は少な目なので右岸、左岸の歩きやすい所を選ぶ。右岸、左岸とも踏み跡らしきものが時々あったが、目印などはなかった。。  右:右岸にこんな滝もあった。落差約6m。

Photo_17
                                                        

 

左:地図の二俣。右が山神沢。 ここで左の沢右岸の踏み跡に惑わされて少し沢をつめて時間をロス。 右:確認して右の山神沢を少し行くと大量の倒木が沢を埋め尽くし、山神沢を詰めて山神峠に登るのをあきらめる。

Photo_18
                                                       

 

左:二股に戻り、山神沢右岸の尾根を確認して取り付く。かなりの急登。踏み跡は少しあったが、目印などはなかった。  右:やや狭い尾根の急登になる。

Photo_19
                                                     

 

左:山神峠から南に延びる尾根に出る(稜線合流)。右に急な尾根を少し下ると山神峠である。  右:山神峠に到着。 山神沢出合から稜線合流まではかなり厳しい。ル-ト判断も必要。  

Photo_20
                                                       

 

左:山神峠から南に延びる尾根を急登する。  右:林道に出る。この林道は国土地理院地形図に載っていないので、どの辺を通って、どこに下るか確かめるために林道を歩いた。

Photo_21
                                                                                     

 

地図の「林道に出る」の所からしばらく尾根に続く林道を歩いて行くと、急激に右へ林道がカ-ブする。まっすぐ南東に伸びる尾根を行けば悪沢取水口入口に降りるル-トがある(バリエ-ションル-トである)。林道は倒木があったり、少し崩れている所があったり、車が走った形跡はなかった。歩く分には問題はなかった。

地図の「右へ急激カ-ブする」地点から急斜面や尾根に続く林道を下って行くと、 左:左へ林道が分岐する地点に着く(地図のB)。  右:さらに林道を下って行く。

Photo

                                                         

左:右上に建物が見えてきて、登ってみると、水ノ木雨観量測所とある。三保ダムの雨量観測所らしい。  右:さらに林道を下る。

Photo_2
                                                         

 

左:世附川ぞいの林道(水ノ木幹線林道)に出た地点。どの辺かと調べたら、土沢の世附川取水口入口のそばであった。林道を歩いて浅瀬に戻った。  参考:右の写真は芦沢橋そばの工事現場。

Photo_3
                                                          

 

参考:左は浅瀬手前の駐車場。トイレはあるが手洗い場はなくなっていた。  右:浅瀬の林道のゲ-ト。

Photo_4

                                        

 

Photo_2

|

« 名古木やま便り・花菜ガ-デン | トップページ | 名古木やま便り・横浜みなとみらい3景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名古木やま便り・花菜ガ-デン | トップページ | 名古木やま便り・横浜みなとみらい3景 »