« 丹沢の峠・津古久峠 | トップページ | 丹後山・大水上山。 »

2016年10月16日 (日)

丹沢の峠・後沢乗越

丹沢の峠。 25.後沢乗越。  2016年10月16日。

後沢乗越そばから派生する後沢左岸尾根から後沢ぞいにやどりき水源の森に下る道も歩いてみました。県民の森駐車場に駐車。二俣から鍋割山への道を歩き、後沢乗越に行って来ました。駐車場に6時30分に着いたのに私の車ですでに満車(6台分)。駐車場に戻ってきたら駐車場は正規スペ-ス以外に4台。駐車ご遠慮くださいの標識があるのにゲ-ト前に数台。駐車場入口前から狭い林道に車がズラリ。

後沢乗越(うしろざわのっこし)。 標高約800m。鍋割山と栗ノ木洞の間にある鞍部。寄沢の支沢である後沢が突き上げているので後沢乗越と言う。

南がわから見た後沢乗越。

Photo
                                                   

 

北がわから(鍋割山がわから)見た後沢乗越。後方の白い所はザレのやせ尾根。

Photo_2
                                                              

 

後沢乗越と紅葉。2016年11月10日。

Photo_14

   
                                                    

後沢乗越への道のり。

県民の森駐車場から林道を20分近く歩いて二俣に到着。さらに林道を歩いて20分強で林道終点のミズヒ沢に到着。ミズヒ沢を渡ってすぐにえん堤を左から越えると沢の中を少し歩いて急登になると植林帯になる。途中、ガレた沢を横切り、雑木林の急登になって後沢乗越に到着する。ここまでは鍋割山登山コ-スなので説明は少し省略しました。

左:ミズヒ沢を渡る。  右:植林帯の急登になる。

Photo_3
                                                    

 

左:後沢乗越手前の雑木林の急登。  右:後沢乗越に到着。

Photo_4
                                                        

 

左:後沢乗越付近からは西側の展望が樹間に臨める。 右:乗越の南側のザレのヤセ尾根。これを通過した右側の小ピ-クが後沢左岸尾根の頭。                                              

 

Photo_5
                                                                                                       

 

後沢乗越から後沢左岸尾根-後沢-やどりき水源林。

通常ル-トで帰るのはつまらないので、後沢左岸尾根から後沢に下降してやどりき水源林に至るコ-スがあると聞いていたので偵察しました。このコ-スははじめて歩きました。

後沢乗越から後沢左岸尾根-後沢。

後沢乗越のザレたヤセ尾根を渡るとすぐ右手に小ピ-クがある。これを後沢左岸尾根の頭とする。狭い尾根の左にシカ柵があり、すぐにシカ柵の扉(地図の①)をくぐる。すぐ先で短いが急な下りのあと、なだらかな尾根道になり、右側にシカ柵が続く。再びシカ柵の扉(地図の②)をくぐり、少し下ると左がわにシカ柵が現れる。左にシカ柵を見ながらジグザグに急な下りが続く。しばらくすると道はシカ柵から離れ、尾根すじをはずれ、後沢ぞいの道になる。沢がわのシカ柵の左側の道を少し行くと右手にシカ柵の扉(地図の③)があるのでこれをくぐると、少し下って後沢に降り立つ。ここまで道は作業経路で、道は明瞭で、普通の登山道という感じで歩きやすく、迷うことはなかった。このル-トは道標もないバリエ-ションル-トです。目印のテ-プなどはほとんどありませんでした。

後沢左岸尾根の頭。標柱と赤いテ-プが巻かれた木がある。

Photo



                                                   

 

左:後沢乗越のザレたヤセ尾根を渡るとすぐ右に小ピ-クがある。 後沢左岸尾根の頭にある標柱のところから尾根を下る。 右:下り始めから左がわにシカ柵があり、すぐに扉をくぐる。地図のシカ柵の扉①。

Photo_3
                                                             

 

左:扉をくぐるとすぐに短いが急な下り。  右:ゆるやかな尾根道になる。右手にシカ柵。

Photo_4
                                                              

 

左:再びシカ柵の扉をくぐる。地図のシカ柵の扉②。シカ柵はT字になっている。 しばらくサクはないが、  右:再びシカ柵ぞいになる。  

Photo_5
                                                            

 

左:シカ柵を左手に見て、急な尾根をジグザグに下る。しばらく下ると尾根すじから離れ、  右:後沢ぞいの道になる。沢がわにシカ柵が続く。

Photo_6
                                                        

 

左:少し先で扉をくぐると、  右:後沢に降り立つ。沢を渡ると右岸にはっきりした道が下っていた。

Photo_7
                                                             

 

後沢ぞい-やどりき水源林。

後沢沿いの道も作業経路で、道ははっきりしていて、迷うところはなかった。危険と思われるところはロ-プが張ってあったりしたが、特に危険と感じた所はなかった。しいて言えば三連丸太橋でえん堤下へ沢を渡るところは、丸太橋が少し急なので滑らないように注意が必要。この後沢ぞいの道も作業経路であるが、変化のある楽しいコ-スであった。このル-トは道標もないバリエ-ションル-トです。目印のテ-プなどはほとんどありませんでした。

左:参考:登りの場合の、後沢を渡るところはこのように見える。  右:後沢を渡って右岸のこんな道を下ると、

Photo_8



                                                                  

 

左:地図の丸太橋・ロ-プのところを通過。  右:地図の三連丸太橋の場所。えん堤の上から見る。後沢に降りた所から約5分。

3
                                                                

 

三連丸太橋とえん堤、後沢は、下から見るとこんな位置関係です。古い丸太橋でしたが、意外としっかりしていました。ただ少し急なので注意が必要です。

Photo_9
                                                                                                                   

 

左:三連丸太橋を下って右岸の道を行くとすぐ先に小さな滝を背景に神奈川県行政センタ-の涵養林の説明版がある。  右:後沢の流れ。

Photo
                                                      

 

左:説明版のところから5分ほど下ると丸太橋で後沢を渡る。地図の丸太橋の位置。  右:さらに左岸をたどる。

Photo_6



                                                                      

 

左:左岸から右岸に移るところ。地図のえん堤・丸太橋の位置。丸太橋の所はロ-プが張ってあった。  右:沢を渡ってすぐ先の丸太橋。ゴム製の水道管がある。

Photo_3
                                                                      

 

左:左下に後沢の滝が見えた。  右:すぐ先でシカ柵をくぐる。地図のシカ柵の扉④。

Photo_4
                                                             

 

左:やどりき水源林の道標。ここに歩いてきたル-トは作業経路のため行き止まりの表示がある。  右:道標の所から数分で水源林内の林道に出る。後沢出合い。

Photo_5
                                                   

 

地図の字が小さく、見ずらい時は拡大してご覧ください。

Photo_7





|

« 丹沢の峠・津古久峠 | トップページ | 丹後山・大水上山。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丹沢の峠・津古久峠 | トップページ | 丹後山・大水上山。 »