« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月25日 (金)

丹沢の峠・犬越路・白石峠・馬場峠

丹沢の峠。 31.犬越路。 2016年11月18日。 追加更新25日。

前大室から大室山に向かい、犬越路分岐から大杉丸を越えて犬越路に下る。

犬越路(いぬごえじ)。 武田信玄が小田原攻めのときに犬を先導させて峠を越えたとことに由来しているらしいが、方言で険しい道を意味するイノが犬に転化したとも言われている。箒沢と神ノ川・青根を結ぶ峠道。

29.白石峠と30.馬場峠はうしろにあります。

犬越路。標高約1060m。避難小屋がある。南側の展望がある。

右前方は熊笹ノ峰や桧洞丸。

Photo
                                                     

 

犬越路と避難小屋。後方は大杉丸。

Photo_3
                                              

 

犬越路への道のり。 前大室-犬越路分岐-犬越路。

前大室(まえおおむろ)から緩やかな尾根をしばらく行き、少し下ると破風口(はふこう)。南側の展望があるが今日は雲と霧でなし。ここから30程度の急登。途中、振り返れば富士山も見えるが今日は遠くの展望はなし。登っている途中、風の音が大きくなる。霧が吹き上がってくる。緩やかな尾根道になると木道が出てくる。やがて犬越路分岐に着く。せっかくなので大室山を往復する。分岐から犬越路に向かう。すぐに木道の道をである。熊笹が多い樹林の急な長い下りが続く。右手に展望が開ける所があるが、今日は富士山が見えたが霞んでいた。大杉丸を越えてしばらく急斜面を下ると犬越路に着く。

左:前大室を出発。  右:ブナなどの樹林が美しいゆるやかな尾根道。

Photo_4
                                                 

 

左:破風口を通過。標高約1350m。  右:開けた尾根を急登。遠くの展望はなく、富士山も見えない。

Photo_5
                                                     

 

左:急な木製の階段の登りもある。吹き上げる風の音が大きい。  右:ゆるやかな尾根の道になる。

Photo_6
                                                        

 

左:木道が出てくる。霧。頭上に青空があったり、天気はめまぐるしい。  右:犬越路分岐に到着。大室山西肩とも言う。

Photo_7
                                                             

 

左:大室山への尾根道。  右:大室山頂上に到着。

Photo_8
                                                        

 

大室山1587.4m頂上。霧の中。

Photo_9
                                                      

 

左:犬越路分岐から犬越路に下る。  右:出だしから木道の下りになる。

Photo_10
                                                     

 

樹林の美しい尾根を下る。急な下り。熊笹が多い。青空が見えたりする。

Photo_11
                                                      

 

左:大杉丸への登り。  右:大杉丸頂上からしばらくゆるやかな尾根を行く。

Photo_12
                                                        

 

左:急な下りになる。  右:犬越路に到着。方角により青空が広がる。

Photo_13
                             

 

犬越路付近から南がわの展望。                                       

Photo_17


                                                    

 

大杉丸・1168.4mをイノコイシ峠とも言うらしいので、大杉丸の写真を載せました。

Photo_14

 

犬越路から用木沢出合まで。

左:犬越路からすぐに急な下り。  右:こんな沢の下りもある。

Photo_15
                                         

 

左:右岸の気持ちのいい道。後半、沢を数回渡る。  右:鉄橋を渡ると用木沢出合はすぐ先。

Photo_16



Photo_19




                                      

 

beercafesportsapplecakeheartclub

丹沢の峠。 30.馬場峠。 2016年11月18日。 追加更新22日。

白石峠から加入道山を越え、前大室とのあん部にある馬場峠に向かいました。

馬場峠(ばばとうげ)。  ザレ峠とも言われる。相模(中川・箒沢)と甲斐(道志・馬場)とを結ぶ交易路の峠道であったが、今は定かではない。箒沢から馬場へ乗っ越すので馬場峠、馬場からはザレ沢に越えた ことからザレ峠とも言う。登山地図には前大室のピークに馬場峠を表示してあるのもある。

29.白石峠はうしろにあります。

馬場峠。 標高約1380m。加入道山と前大室の間のあん部。神奈川県で最も標高の高い峠。冬枯れの時期は樹間に展望がありそうだが、今日は霧と雲で展望は確認できなかった。

Photo
                                       

 

前大室がわから見た馬場峠。展望なく青空は上だけです。南側は樹木が低いのが多く、木も少ないので展望はあると思います。

Photo_2
                                        

 

馬場峠への道のり。

白石峠から加入道山に向かう。ゆるやかな登りを交えて急登していく。途中で道志への道を左に分ける。樹林の美しい道である。途中で一時的に雲が切れ、樹間に富士山が見えた。加入道山は小広い平坦地で、テーブルなどもある。樹林の中だが冬枯れの時は樹間に展望があるだろう。すぐ下の谷間に道志の集落が見えた。すぐ右下に避難小屋があり、中は板張りが新しかった。ブナの大木などの気持ちのいい冬枯れの樹林の尾根を辿るとあん部に着く。馬場峠である。木道の急な階段を登ると前大室に着く。

 

左:白石峠を出発。  右:加入道山への登り。道志への分岐点。

Photo_3
                                   

 

左:気持ちのいい樹林の尾根。急登もある。青空が広がってきて富士山が見えてきた(右)。東側は霧と雲で展望はなし。

Photo_4
                                              

 

左:加入道山頂上に到着。左下に樹間に道志の集落が見えたが、展望はよくない。  右:加入道山避難小屋。

Photo_5
                                            

 

気持ちのいいゆるやかな樹林の尾根を行く。木道もある。少し急な下りになってあん部の馬場峠に着く。

Photo_6
                                             

 

左:馬場峠から急な木道の階段を登ると、5分ほどで、  右:前大室に到着。ここを馬場峠とする登山地図もある。

Photo_7
                                       

 

前大室(馬場峠)。標高約1425m。

Photo_8
                                        

                                                 

 

Photo_20








sportsxmasclubtulipcakeheartspa      
 

丹沢の峠。 29.白石峠。  2016年11月18日。

用木沢出合を起点に白石峠-加入道山-馬場峠-大室山-犬越路のコースを友達と歩いてきました。天気予報は晴れでしたが、時々頭上は青空が見えるのに霧や雲で展望はなし。大室山の登りではひょうに少し見舞われました。おまけに吹き上げる風の音が大きい。稜線は完全に冬枯れで天気が良ければ樹間に展望があったと思いますが、霧と雲でほとんど展望は確認できませんでした。

白石峠(しらいしとうげ)。しろいしとうげ、とも言うようです。道標に「しらいしとうげ」とあるのでそれによりました。名前は白石沢の源流近くに大理石がが多くみられたことから由来すると言われている。。相模(中川・箒沢)と甲斐(上道志地域)を結ぶ交易路として使われた峠道と伝えられている。

現在の白石峠は加入道山と1307mピ-クのあん部になっているが、国土地理院の白石峠は1307mピ-クになっている。市販の登山地図にも1307mピ-クを白石峠として登山道が直接登っているのもある。

 

白石峠。標高約1280m。前方が加入道山がわ。樹林の中で展望はあまりない。冬枯れの時は樹間に展望があると思われるが、今日は真上に青空が見える時もあるのに、霧や雲で展望は確認できなかった。

Photo
                                        

 

白石峠への道のり。

西丹沢自然教室前の駐車場に駐車。用木沢出合に数台の駐車スペ-スがある。バスは新松田駅から西丹沢行で終点下車。用木沢出合まで徒歩約20分。

白石沢左岸ぞいの林道を20分ほど歩くと林道終点。支沢を渡って白石沢ぞいの白石峠への登山道を沢を数回渡り返して行くとザレ沢ぞいの左岸の道になる。しばらく行くとえん堤の下でザレ沢を渡る。渡って右岸を少し行くと沢から離れ、急斜面の急登となる。トラバ-スの道になり、白石の滝の案内板の所に着く。さらにしばらく行くと沢の中に木道があり、その先で岩などがゴロゴロする荒れた枯れ沢の小さな沢の中を歩くようになる。雨の時は水が流れるだろう。しばらく登ると短い岩場のクサリ場を越えると雑木林の急斜面のジグザグの急登になる。丸太の階段状の所もある。15分ほど急登すると白石峠に着く。                                     

左:用木沢出合の駐車スペ-ス。  右:林道のゲ-ト。

Photo


                                                 

 

左:林道終点。支沢を渡って少し先で白石沢右岸に移る。  白石沢沿いに数回沢を渡り返して行く。  右:落葉の木が多かったが、紅葉の木も見られた。

Photo_3
                                                             

 

左:白石沢にザレ沢が合流するすぐ下にあるえん堤の下で左岸に移る。えん堤は右側から巻いて登る。  えん堤の上部に出て、ザレ沢の左岸ぞいに登ると、 右:ザレ沢を渡って右岸に移る。。

Photo_4
                                                          

 

ザレ沢を渡って、右岸を少し行くと、 左:急な斜面の登りになる。  右:白石の滝の説明版の所に到着。白石の大滝、白石滝とかも言われている。説明版には白石の滝とある。

Photo_5
                                                                      

 

左:説明版のあたりから樹間に白石の滝の上段が見える。  しばらく辿ると、 右:沢の中に敷かれた木道がある。

Photo_6
                                                              

 

左:白石沢源流の荒れた沢の中を登る。  右:短いが岩場もある。

Photo_7
                                                                

 

左:白石峠への急登。  右:1280mの白石峠に到着。上は青空なのに雲や霧が広がり、展望は確認できなかった。

Photo_8
                                                            

 

左:1280mの白石峠から1307mピ-クへ向かう。約5分。  右:こんな道を登って行く。

Photo_10

                                     

1307mピ-クの白石峠。 道標の後ろにフエンスの切れた所にロ-プが張ってあり、踏み跡が下っていて、登山道ではない旨の標識があるので、国土地理院地形図の点線はこれであろう。

Photo_13

 

 

Photo_21


| | コメント (0)

2016年11月18日 (金)

丹沢湖紅葉2016

山北町丹沢湖の紅葉です。  2016年11月18日。

用木沢出合-白石峠-大室山-犬越路-用木沢出合の周回コ-スを歩き、3つの峠をめぐり、帰りに丹沢湖の紅葉を撮ってきました。この時の丹沢の峠は、2日後くらいに載せますのでご覧ください。

丹沢湖の紅葉。

Photo
                                                              

 

Photo_3


                                                          

 

Photo_2
                                             

 

Photo_6
                                                      

 

Photo_7

                                                       

 

|

2016年11月11日 (金)

栗ノ木洞-櫟山

後沢-後沢乗越-栗ノ木洞-櫟山。  2016年11月10日。

後沢-後沢乗越、櫟山-寄のコースを友人が歩きたいというので行ってきました。紅葉はかなり進んでいました。

寄バス停前の駐車場に駐車。寄大橋そばのやどりき水源林入口まで徒歩約40分。バスは新松田駅から寄行で終点下車。

後沢-後沢乗越。バリエ-ションル-トです。道標等はありません。

左:後沢出合。 すぐにえん堤を左から越えて、少し先でシカ柵をくぐり、少し登ると道標がある。作業用経路行き止まり、の標識がある。  右:作業経路を行くとすぐにシカ柵をくぐる。地図のシカ柵の扉①。

Photo
                                             

 

左:右下に後沢の滝を見ながらのこんな道もある。  右:右岸から左岸に移る所。地図のえん堤・丸太橋。

Photo_2
                                                          

 

左:左岸を行くと、再び、 右:右岸に移る。地図の丸太橋。

Photo_4
                                                        

 

左:小さな水流の滝を背に説明版がある。  右:三連丸太橋を渡る。地図の三連丸太橋。

Photo_5
                                                         

 

左:さらに後沢右岸を行くと、  右:後沢を渡って沢から離れる。地図の後沢から離れる。

Photo_6
                                                       

 

後沢を渡ってひと登りすると、左:シカ柵をくぐる。地図のシカ柵の扉②。シカ柵ぞいに少し行くと、  左:植林帯の急斜面をジグザグに登る。

Photo_7
                                                                

 

後沢左岸尾根に出て、左:シカ柵を右に見てジグザグに急登していく。  右:ゆるやかになってシカ柵をくぐる。地図のシカ柵の扉③。

Photo_8
                                                           

 

左:ゆるやかな尾根道から急登になるところ。  右:ロープが張ってある急な尾根。

Photo_9
                                                             

 

左:後沢左岸尾根の頭の手前のシカ柵。地図のシカ柵の扉④。  右:後沢左岸尾根の頭。

Photo_8



                                                                 

 

後沢乗越と紅葉。左岸尾根の頭がわから見る。

Photo_11
                                                                   

 

後沢乗越-栗ノ木洞-櫟山。要所に道標がある。 11月12日に記載。

後沢乗越からはゆるやかな登り下りが多いこんな尾根道をたどる。

Photo
                                         

 

左:栗ノ木洞への急登が始まるあん部。  右:栗ノ木洞へ10数分の急登。

Photo_2
                                         

 

左:栗ノ木洞(くりのきどう)頂上に到着。植林帯の中で展望はない。  右:櫟山へ向う。急な下りをはさみゆるやかな尾根道を行く。 

Photo_3
                                             

 

左:櫟山(くぬぎやま)頂上に到着。  右:櫟山の頂上は美しい雑木林もある。 

Photo_4
                                          

 

櫟山頂上のシンボルの樹木。ススキも多い。 

Photo_5
                                             

 

左:櫟山頂上からは眼下に秦野市街。遠くに江ノ島や相模灘、三浦半島、房総半島なども望める。 

Photo_7
                                                         

 

櫟山-寄。     

左:植林帯の急斜面を下る。  右:こんなやせ尾根もある。

Photo
                                          

 

左:林道に出る。渡って山道を少し行くと未舗装の林道に出る。林道を少し行くと、 右:再び山道に入る。道標がある。すぐにシカ柵をくぐる。

Photo_2
                                     

 

左:こんな道を下って行くと、 右:農道に出る。左側に古びた東屋があった。土佐原と宇津茂に分かれるが前方へ続く道を宇津茂に向かう。 

Photo_3
                                         

 

宇津茂に向かう途中、寄集落を見下ろす。茶畑が多い。

Photo_4


 
                                      

Photo_13

| | コメント (0)

2016年11月 3日 (木)

丹沢の峠・世附峠・悪沢峠・峰坂峠

丹沢の峠。 26.世附峠。27.峰坂峠。28.悪沢峠。  2016年10月29日。

小山町がわと山北町世附がわを越えるのに使われたと言う3つの峠を友達と歩いて来ました。浅瀬の、今はない吊り橋があった付近の世附川を渡渉して世附峠に向かいました。夕滝沢を渡る手前で右岸が大崩落していて通過に注意が必要でしたが、あとは普通の登山道でした。世附峠から湯舟山、明神峠に至る尾根を辿り、悪沢峠と峰坂峠を見て、悪沢峠から世附川の芦沢橋に下るル-トをとりました。初めて歩きました。悪沢峠-芦沢橋のル-トは国土地理院地図に黒線で載っていますが、実際に歩いてみたら大変でした。

25.世附峠はうしろにあります。26.峰坂峠の記事は11月1日に記載。

27.悪沢峠の記事は11月3日に記載。

28.悪沢峠(あしざわとうげ)。 標高約710m。 小山町がわと山北町世附がわを越えるのに使われたと言われる峠のひとつで、悪沢峠を越え、世附川に下り、悪沢から山神峠へと越える峠道の一部と言われている。

Photo_9



                                                 

 

悪沢峠-芦沢峠。バリエ-ションル-トです。

峰坂峠から同じ道を戻り、平坦な道になり、サンショウバラの丘への登りになる手前で左の桧の木に道標がロ-プでくくられているところがある。GPSで確認すると国土地理院の地形図にある芦沢橋の近くに続く黒点線の位置と一致した。なのでここを悪沢峠とした。登山道の北側数m先のすぐ下に広い作業道がある。道標のそばから右へこの作業道に降りる踏み跡があった。作業道風の道を辿って下って行くと伐採された木が多数あり、作業道をふさいでいる。伐採木々の間に見え隠れする作業道を確認しながら木をまたいだり、足場の悪い斜面を巻いたり、下って行くと伐採中の人がいたので話をする。伐採木々の搬出用の林道を造っているという。確かに少し先でパワ-ショベルが土を削っていた。パワ-ショベルの近くで造られたばかりの林道に降りると、下に車が止まっている場所が見える。造られたばかりの林道を行くと遠回りになるので、まっすぐに車を目指して急斜面を下る。林道作業が終了するまで(数か月かかるらしい)このル-トは歩くのには適さず、難しいでしょう、。

左:悪沢峠の道標。朽ちていて、ロ-プで木にくくられていた。この横から右へ踏み跡が作業道に降りていた。  右:少しわかりにくくなる所があるが、さらに下っていくと、

Photo_2
                                                          

 

左:伐採木々が作業道をふさぐ。乗り越える。  右:さらに下ると、ここは右から迂回して通過する。国土地理院地図の黒点線より少し西側を通過。

Photo_7



                                                           

 

左:既存の林道終点付近に降りる。  右:芦沢橋に到着。

Photo_4
                                                          

 

左:芦沢橋から見た世附川の景色。  右:駐車場に戻る途中で、渡渉地点近くの夕滝が見られた。落差約50m。

Photo_5
                                                          

 

Photo_8

 

27.峰坂峠(みねさかとうげ)。 標高約720m。樹林の中で展望はないようだ。小山がわと世附の土沢出会い付近とを越える峠道があったと言われている。

Photo
                                                     

 

 

峰坂峠への道のり。

世附峠から湯舟山、明神峠への登山道に入る。世附峠とサンショウバラの丘にはりっぱな道標があったので、この先にも要所に道標があると思っていったが、サンショウバラの丘から先には朽ちた道標しかなく、峠を示す標識などはなかった。そのため悪沢峠の位置は峰坂峠からの帰りにGPSと地形図で確認して悪沢峠位置を確認した。

左:世附峠の峰坂峠への登山口。  右:急坂を少し登るとこんな尾根道になる。

Photo_2
                                                 

 

左:左側の展望が開けるが今日は曇り。  右:サンショウバラの丘の手前で左下に2ケ所だけ鮮やかな紅葉の林があった。

Photo_3
                                                        

 

サンショウバラの丘。樹下の二人とか蘇峰台とか言われていたが、サンショウバラの丘と書かれたりっぱな道標が建っていた。展望はいいようだが、今日は展望はなし。  左:樹下の二人と言われた木はなく、標識などは無残な姿になっていた。 右:サンショウバラの道標とサンショウバラの木。サンショウバラの木はたくさんあった。

Photo_4
                                                          

 

峰坂峠方面に向かう。サンショウバラの丘から少し下るとゆるやかな道になる。悪沢峠の位置を見逃して先に行ってしまったのに気づいたが、どうせ戻ってくるので先に峰坂峠を見てくることにする。

左:こんな道もある。  右:植林帯の尾根道もある。霧がでてきた。

Photo_5
                                                          

 

左:途中でこんな倒れていた木の根っこがあった。  右:峰坂峠に到着。峠を示す道標や標識はなかった。GPSで確認。コンクリ-ト製のテ-ブルとイスがあった。すぐ北側に林道風の作業道があった。悪沢峠方面に登山道にそってのびているようだ。

Photo_6
                                                 

 

 

Photo_7

 

26.世附峠(よづくとうげ)。標高約700m。展望はほとんどない。小山町がわと山北町世附がわを越えるのに使われたと言われる峠のひとつで、浅瀬を結ぶ峠道である。世附峠には今は林道が通っている。

Photo
                                                                

 

 

世附峠への道のり。

浅瀬のトイレのある駐車場に駐車。浅瀬橋を渡り、左へ少し行くと林道が右へ急カ-ブした先に吊り橋があった場所に着く。この手前で沢に降りるか、先へ少し行ったところから沢に降りるかです。適当な場所で渡渉して、対岸の吊り橋があった付近で斜面を少し上がると道標がある。出だしは少しル-ト判断が必要ですが、あとは崩落斜面の場所まで道ははっきりしていました。崩落斜面の通過と沢を渡るときは注意が必要です。そのあとは世附峠まで道ははっきりしていました。道標も要所にありました。このル-トは世附川の吊り橋がないのと、崩落個所があるために通行不能の注意があります。

                                                 

左:吊り橋のあった場所。吊り橋の土台付近から川に降りる場所はない。前後数十mのあたりの緩やかな斜面から降りる。  右:渡渉して対岸に登った道標のある場所。

Photo_10



                                                                  

 

左:道標のところから少し行くと小さな枯れ沢があり(ルート判断が必要)、すぐに右に登ると、  右:植林帯の登りになる。

Photo_3
                                                                 

 

主に植林帯の斜面を20分ほど急登していくと尾根に出て左へ回りこむと、左:右下に夕滝沢をみる斜面の道になる。  右:右下に見える夕滝沢。

Photo_4
                                                                   

 

左:しばらく行くと崩落斜面の手前で倒木にはばまれた。左に踏み跡が上がっているので登る。沢を渡るまでルート判断が必要。  右:崩落斜面の上に出た。

Photo_5
                                                      

 

左:崩落斜面上部の植林帯の斜面を横切って行くと、  右:崩落した斜面を下り、沢を渡る。降りやすい所を探す。

Photo_6
                                                       

 

左:沢を渡って植林帯の斜面を登って行くと、  右:尾根に出る(地図の尾根に出る)。崩落個所で沢を渡ってから十数分。

Photo_7
                                                          

 

左:尾根に出てすぐ先で右に行くと崩落斜面がある。  右:さらに植林帯の斜面を行く。

Photo_8
                                                   

 

左:こんな場所も通過する。ここから4分ほどで林道に出る。  右:林道に出る。右へ少し行くと世附峠である。

Photo_9
                                              

 

Photo_14

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »