« 丹沢の峠・浦安峠・城ケ尾峠・忘路峠 | トップページ | 2017年謹賀新年 »

2016年12月27日 (火)

丹沢の峠・箒沢乗越

丹沢の峠。 37.箒沢乗越。  2016年12月24日。

西丹沢の記録などを見ていると箒沢乗越の名前が出てきます。そこで箒沢乗越はどんな所か見てきました。押ン出シ沢ぞいに右岸、左岸を歩いた記録もあるのでそのル-トで箒沢乗越に登るつもりでしたが、左岸をしばらく辿って断念。どのル-トで行くか地図を見ていたら706mピ-ク経由で弥七沢ノ頭北端に登る尾根があるので登ってみたら意外といいル-トでした。そして953m峰から箒沢乗越に。今回歩いたル-トは道標等がないバリエ-ションル-トでル-ト判断が必要な所もあります。

箒沢乗越(ほうきざわのっこし)。 標高約805m。穴ノ平ノ頭と953m峰とのあん部。押ン出シ沢が突き上げている。

Photo
                                                 

 

箒沢乗越に突き上げる押ン出シ沢(おんだしさわ)。

Photo

 

 

箒沢乗越への道のり。27日に更新。     

箒杉公園の駐車場に駐車。コテ-ジキャンプ場の駐車場を横切り中川川に降りる。押ン出シ沢出合までの間で渡渉できる所で左岸に移る。出会いのすぐ先にえん堤がある。左岸の植林帯の中を登って行くと雑木林の斜面になる。左方向に赤テ-プがあり、ゴム製の導水管がある。踏み跡を辿っていくと急斜面にはばまれる。ロ-プも張ってあり、導水管も伸びていたが、諦める。戻って706mピ-クへの尾根に取り付く。706mピ-クからしばらくゆるやかな狭い尾根を行くと雑木林の広い尾根の急登が続くようになる。右下が広い崩落斜面になると弥七沢ノ頭北端の頂上は近い。弥七沢ノ頭北端からゆるやかな尾根を下るとあん部になり登り返すと953m峰頂上である。穴ノ平ノ頭方面に向かう。緩やかな下り、急な下りを交えて、足場の悪い所もある尾根を辿り、下り切った所が箒沢乗越である。このルートは道標等がないバリエ-ションル-トです。赤テ-プが時々見受けられましたが、ル-ト判断が必要な所もあります。

左:箒沢バス停前の箒杉公園。駐車7台くらい。  右:押ン出シ沢出合。飛び石で左岸に渡るのは難しかった。

Photo_3
                                              

 

左岸の植林帯の尾根を登る。左下に押ン出シ沢が見える。

Photo_4
                                                       

 

左:雑木林になるところ(地図のA地点)。左方面に赤テ-プ、導水管、踏み跡があるので辿ってみる。 しばらく行くと、 右:崩れた急斜面にはばまれる。前方に貯水槽らしきコンクリ-トの箱があるので、その先にも道があると思われたが、ロープがあるがこの崩落斜面を安全に渡る自信がないので引き返す。

Photo_4



                                                       

 

左:引き返して706mピ-クへの急斜面を登る。赤テ-プなどがあまりなく、時々踏み跡はハッキリしないのでル-ト判断が必要。  右:706mピ-ク。

Photo_9
                                                       

 

しばらく狭い尾根を辿る。赤テ-プが見受けられた。足場の悪い所もあるが急な登り下りはあまりない。

Photo_10
                                                     

 

狭い尾根を過ぎ広い尾根を急登していく。赤テ-プなどがあまりなく、時々踏み跡はハッキリしないのでル-ト判断が必要。

Photo_2
                                         

 

右下が大きな崩落斜面の所に達すると、弥七沢ノ頭北端の頂上はすぐである。 左:崩落斜面の左側を登る。  右:崩落斜面を見下ろす。

Photo_3
                                           

 

弥七沢ノ頭(やしちさわのあたま)北端の頂上。ブナなどの樹林が美しい。冬枯れの樹間に西丹沢の山並みが見えた。953mピ-クを弥七沢ノ頭とする記録もありますが、丹沢を歩くシリ-ズで956mを弥七沢ノ頭 (クリックすると記録が表示されます)としましたので、ここでは953mピ-クを953m峰としました。

Photo_4
                                                               

 

崩落斜面上からの展望。

Photo_2

                                            

弥七沢ノ頭北端の頂上から、左:富士山が見えた。  右:相模灘と大島も見えた。

Photo_5
                                                

 

弥七沢ノ頭北端からゆるやかな尾根道を下る。箒沢乗越まで赤テ-プなどはほとんどなかった。

Photo_6
                                                

 

左:あん部。  右:あん部からひと登りすると953m峰に。

Photo_7
                                           

 

953m峰頂上。石棚山稜などのの山並みが見えた。

Photo_8
                                                                

 

ゆるやかな尾根、急な尾根を交える。足場の悪い所もあった。

Photo_12
                                                           

 

左:ゆるやかな尾根をはさみ、 急な尾根を下ると(手前でル-ト判断が必要な所がある 右:箒沢乗越に到着。

Photo_13



今年の丹沢の峠は箒沢乗越で終了です。今までブログ名古木やま便りをご覧いただきありがとうございます。丹沢の峠は1月中旬ころから再開しますので引き続きご覧いただければ幸いです。 12月27日。


                                    

Photo_3





|

« 丹沢の峠・浦安峠・城ケ尾峠・忘路峠 | トップページ | 2017年謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丹沢の峠・浦安峠・城ケ尾峠・忘路峠 | トップページ | 2017年謹賀新年 »