« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

丹沢の峠・天王寺峠2

丹沢の峠。 41.天王寺峠。  2017年2月26日。

鷹ノ巣径路を天王寺峠まで歩いてみました。天王寺尾根の北斜面に天王寺峠と弁天沢出合付近の間に開かれた山林作業径路です。塩水林道が弁天沢出合の手前で右へ急カ-ブする所から鷹ノ巣径路に入りました。前半は崩落個所が多く、足場の悪い急斜面など危険個所もありました。後半はやや道もよくなりました。径路が不明瞭になるところもありました。2月28日に記載。

本谷林道出合-天王寺峠-725m峰北尾根-塩水林道の記録は、丹沢の峠・天王寺峠をご覧ください。

725m峰(天王寺山とも言うようです)尾根を下り、塩水林道に降り立ち、そのまま塩水林道を堂平方面に歩き、弁天沢出合付近で林道が急カ-ブする少し手前でも左、右と急カ-ブする所の右急カ-ブの所から鷹ノ巣径路にはいりました。道標はもちろんありませんが、目印の赤テ-プもひとつもありませんでしたが、径路が崩れて不明になる所もその先に径路が見えたので迷うことはなかった。

左:鷹ノ巣径路に入る地点。  右:塩水林道からちょと下ると沢に降りてえん堤の上に。対岸に径路の丸太橋が見える。

Photo
                                                                 

 

左:えん堤の所から2分ほどでこんな斜面に。ロ-プかクサリが張ってあったと思われる鉄クイが並んでいたが径路の姿はない。前方に径路の桟道が見えたので、崩れた急斜面を慎重に横切る。  右:さらに2分ほどでこんな場所に。桟道があったと思われ、無残なクイや鉄棒があった。通過できる斜面ではなく、引き返そうか悩み、フト左下を見ると踏み跡があり、前方に巻いている。これを巻く。

Photo_2
                                                          

 

左:上の右の写真の斜面を左下から巻いて登ると2つのえん堤の間に出た(地図の2本線のえん堤)前方に径路が見えた。右:さらに4分ほど辿ると急斜面の無残な径路。前方にハッキリした経路が見えたので慎重に横切る。

Photo_3
                                                       

 

左:さらに3分ほど行くと径路もない急斜面。つかまる所もなかったが、土を靴でステップを刻んで横切る。  右:さらに7分ほどたどると岩場の沢を渡る(地図の沢を渡る)。高さ1m半強くらいの足場の悪い岩場を慎重に降りて対岸に上がる。

Photo_4
                                                           

 

左:岩場の沢を渡って6分ほど行くとシカ柵をくぐる(地図のサクくぐる)トビラは針金で固定されていた。  右:シカ柵の先はこんな道になる。

Photo_5
                                                              

 

左:さらにこんな斜面を行く。  右:地図の尾根に乗る、の地点。左下に続く尾根に踏み跡があった。

Photo_8


                                                     

左:さらにこんな道を辿ると、  右:崩れたシカ柵の下に着く。傾いたトビラがあった。ここを強引に通過するか、右方向のシカ柵を越えられるところを探すか。天王寺峠方面には越えられるところはなかった。

Photo_6
                                                           

 

左:やっとくぐった倒れた扉。  右:天王寺峠に到着。左の白い標識には、この径路は山林管理道です。立ち入り禁止、とある。

Photo_7
                                                                                                   

鷹ノ巣経路の名前の由来は、弁天沢にある岩場に鷹が巣をいくつも作り、鷹ノ巣伽藍と言われたことに由来するらしい。                                                       

天王寺峠からは本谷林道出合に下り、塩水橋に戻りました。





Photo_9

|

2017年2月27日 (月)

丹沢の峠・天王寺峠

丹沢の峠。 41.天王寺峠。  2017年2月26日。

久しぶりの丹沢の峠です。近場の天王寺尾根の天王寺峠に行って来ました。本谷林道出合の登山口から一般ル-トで峠まで登り、725mピ-クからバリエ-ションル-トの北尾根を下りました。ついでに鷹ノ巣径路と言う道も歩いてみました。鷹ノ巣径路の記録はこれをクリックしてください。

天王寺峠。札掛から長尾尾根北端を越えて本谷川に降り、天王寺尾根の末端の725mピ-ク西側鞍部に登り、ここから天王寺尾根の北側斜面を辿り、弁天沢出合付近に至る径路が開かれ、725mピ-ク西側の鞍部を天王寺峠という。

天王寺峠(てんのうじとうげ)。  標高約700m。西がわから撮影。前方の尾根は725mピ-クへ。

Photo
                                                

 

天王寺峠の展望。樹林の中で展望はない。ただ冬枯れのときは写真のように北がわに枝のあいだに三峰から高畑山の尾根が見えた。

Photo_2
                                                                  

 

天王寺峠への道のり。 

左:塩水橋(しおみずばし)手前に数台の駐車スペ-ス。  右:本谷林道入口のゲ-ト。ゲ-ト前数m手前にも数台の駐車スペ-スがある。駐車場はありません。広い路肩に駐車になりますが、自己責任です。 無余地駐車違反の標識が付近にあります。

Photo_11



                                                     

 

本谷林道。左の写真は本谷橋。

Photo_4
                                                             

 

左:天王寺橋わきの天王寺峠・丹沢山の登山口。 右:本谷林道出合の登山口。

Photo_5
                                                      

 

最初のえん堤を右がわから高巻く。 左:すぐに急な階段。登って左へ下る。  右:2つ目のえん堤にでる。。

Photo_6
                                                     

 

左:2つ目のえん堤の先からシカ柵ぞいになり、すぐにシカ柵をくぐる。トビラはなかった。  右:植林帯の斜面の急登もある。

Photo_7
                                                       

 

こんな道もある。

Photo_8
                                                           

 

左:天王寺峠手前の登り。  右:天王寺峠に到着。

Photo_9
                                                           

 

天王寺峠-725m峰-北尾根。作業径路と思われる踏み跡がかなりあり、テ-プは時々あったが、ル-ト判断が必要な所もある。もちろん道標はない。特に危険と感じる所はなかった。バリエ-ションル-トです。

左:天王寺峠から725mピ-クへシカ柵が続く。峠からすぐ先でシカ柵をくぐる。くぐってシカ柵ぞいに登ると直接725mピ-クに達するが、柵をくぐって斜面を巻くと肩に着く。右へ725m峰へ登る。  右:725m峰の肩。  

Photo_13
                                         

 

左:725m峰への登り。  右:725m峰(天王寺山とも言うようです)の頂上。樹林の中で展望はなかった。

Photo_14
                                                   

 

左:肩から北尾根を下る。  右:しばらくシカ柵ぞいに下る。

Photo_15
                                        

 

さらにこんな尾根を下る。

Photo_16
                                           

  

 

左:時折、木々の間に山が見える。写真は地図のA地点から左手の展望。。  右:広い斜面の最後の下り。

Photo_20


                                     

左:林道上の急斜面を横切ると、右:林道へ急斜面を下る。ロ-プが張ってあった。

Photo_19
                                             

                                                     

 

Photo_22





| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

風の吊橋花景色

名古木やま便り。県立秦野戸川公園。  2017年2月18日。

菩提方面に用があって出かけたついでに県立秦野戸川公園に立ち寄り写真を撮ってきました。河津桜と梅の花が見ごろでした。丹沢の峠はしばらくお待ちください。

Photo
                                                      

 

Photo_2
                                                                 

 

Photo_3
                                                              

 

Photo_4
                                                        

 

Photo_5
                                                              

 

Photo_6


|

2017年2月16日 (木)

名古木やま便り・河津桜

名古木やま便り。河津桜とダイヤモンド伊豆大島。 2017年2月14日・15日。

友達数人と伊豆に河津桜を見に行って来ました。見ごろで、平日なのに人がいっぱいでした。泊まった熱川のホテルでダイヤモンド伊豆大島が見れました。

河津町・河津桜。2月14日。

Photo
                                                   

 

Photo_2
                                                                

 

Photo_3
                                                            

 

Photo_4
                                                        

 

伊豆大島3景。

ダイヤモンド伊豆大島。 2月15日。朝6時37分ころ。熱川のホテル客室から。

Photo_5
                                                        

 

熱川海岸から伊豆大島を望む。 2月15日。

Photo_6
                                                       

 

ホテル横から伊豆大島を望む。  2月15日。

Photo_7
                                                    

 

ホテル近くで撮影。

Photo_8
                                                              

 

Photo_9

|

2017年2月11日 (土)

名古木やま便り・雪景色

名古木やま便り。 雪景色。  2017年2月11日。

10日昼ころから断続的に降り始めた雪は11日の朝には止んでいたが、秦野市はうっすらと雪化粧をした。快晴、雪化粧の丹沢の峰が青空にくっきり。雪の山を歩くにはいい条件だが、明日は仕事で20km歩くので70を超えた身には少しつらい。と言うことで里山の雪景色を撮りに行ってきました。

田原ふるさと公園付近からの富士山。

Photo
                                                   

 

田原ふるさと公園付近からの大山。

Photo_2
                                                            

 

田原ふるさと公園付近からの箱根連山。右・金時山、中央・明神ケ岳、左・駒ケ岳。

Photo_3
                                                 

 

三廻部(みくるべ)から見る右・大山、左・三ノ塔。

Photo_4
                                                       

 

三廻部から見る表尾根。

Photo_5
                                                        

 

三廻部から見る丹沢。

Photo_6





|

2017年2月 9日 (木)

丹沢を歩く・鍋割山南尾根末端

丹沢を歩く。鍋割山南尾根の末端尾根。2017年2月6日。

栗ノ木洞-櫟山方面から寄に下山するときに、昔は中山峠までの道があったらしいが、今は、578mピ-クの先で寄の宇津茂に下るようになっている。559mピ-ク、567.6mピ-クを越えて中山峠までのコ-スを歩いてみた。 寄分岐から先はバリエ-ションル-トです。2月9日に記載。

寄(やどりき)バス停→寄分岐→559mピ-クまで。

バスは新松田駅から寄行で終点下車。

左:寄バス停前の駐車場。  右:農道を登る。

Photo_5
                                                    

 

左:ろうばいの斜面を登ると展望が開ける。  右:展望台の横から鍋割山方面に向かう。

Photo_17


                                                                

 

左:農道終点。  右:茶畑の横を登る。

Photo_7
                                                                

 

左:434mピ-クの稜線に出る。 右:434mピ-クの道。

Photo_8
                                                      

 

左:東屋前の農道交差点。  右:東屋前から少し先で登山道に入る。前方にシカ柵がある。

Photo_9
                                                        

 

左:植林帯や雑木林が交互にある。  右:こんな木肌の木もあった。

Photo_10
                                                   

 

左:さらに登って行くと、  右:シカ柵をくぐって寄分岐に到着。ここから559m方面はバリエ-ションル-トで、道標や目印のテ-プなし、踏み跡もハッキリしませんでした。ルート判断が必要。

Photo_11
                                                            

 

左:寄分岐から559mピ-クに向かう。この先登山道不明瞭のため通行注意の標識がある。  右:寄分岐からすぐ先で鉄塔の下を通過。三ノ塔から表尾根が見えた。

Photo_12
                                                      

 

左:鉄塔からすぐ先で林道に出る。  右:途中で林道をエスケ-プする。急な下り。エスケ-プする目印なし。

Photo_13
                                                       

 

左:再び林道に出てすぐ先で林道が交わる。地図の林道三叉路。ここまで林道を歩いてもよい。  右:林道三叉路の少し先で右のシカ柵の門の前を通り、林道が左へ曲がる所で尾根に取り付く。

Photo_14
                                                            

 

林の中を急登する。踏み跡はなかった。テープなどもなかった。

Photo_15
                                                     

 

左:559mピ-ク北端。冬枯れの木々の間に大山-三ノ塔-表尾根が見えた。  右:559mピ-ク。NO13などが記載された標柱がある。

Photo_16
                                                   

 

559mピ-ク→567.6mピ-ク→中山峠。道標や目印のテ-プはなかった。踏み跡不明瞭。ルート判断必要。

左:559mピ-クからの下り。  右:あん部になる。

Photo_19





左:NO34標柱のピ-クへの登り:  右:NO34標柱のピ-ク。標柱から右前方に踏み跡があり、赤テ-プもあったのでついそちらの尾根に入ったが、GPSを見たら違っていて標柱まで引き返す。確認したら左方向だった。左方向には赤テ-プなどはなかった。

Photo_21
                                                          

 

左:567.6mピ-クへの尾根。  右:567.6mピ-ク。

Photo_22
                                               

 

567.6mピ-クの南側は雑木林で、眼下に太平洋クラブのゴルフ場、松田山、海側方面も木々の間に見えた。

Photo_23
                                                       

 

左:567.6mピ-クの東端に向かう途中、左手に鍋割山山稜が見えた。  右:こんな尾根を行く。

Photo_24
                                                      

 

左:567.6mピ-ク東端。小さな祠があった。瀧の文字が彫られていた。  右:祠の手前で(目印はなし。ル-ト判断必要)前方の尾根を下る。

Photo_25
                                                     

 

左:急な尾根の下りである。  右:地図の迷の地点。

Photo_27
                                                     

 

左:広い尾根を下ると、  右:シカ柵をくぐって農道に降りる。

Photo_28
                                                        

 

左:農道を下って行くと、  右:右に茶畑があり、シダンゴ山(右端)やダルマ沢ノ頭(中央の三角ピ-ク)が見えた。

Photo_29
                                               

 

左:中山峠に到着。  右:土佐原林道を寄バス停に向かう。丹沢の峠・中山峠 をご覧ください。

Photo_30

 

Photo_35

| | コメント (0)

2017年2月 7日 (火)

丹沢の峠・中山峠

丹沢の峠。 40.中山峠。  2017年2月6日。

いい天気なのでどこか散歩に行ってこようと栗ノ木洞から南へ続く末端の尾根(クリックすると記録を表示)を歩いて来ました。そのついでに、寄(やどりき)に行くときはいつも通る中山峠を載せることにしました。

中山峠。秦野市三廻部から松田町寄の間を結ぶ峠道で、寄の中山(中山から三廻部)へ越えたことから中山峠と言われる。昭和36年に土佐原林道が着工され、昭和40年に完成するまでいわゆる道路はなかった。

中山峠。 標高約400m。左がわは太平洋クラブゴルフ場。567.6mピ-クと金毘羅山とのあん部。金毘羅山と言われた山は昭和52年にゴルフ場になった。

Photo
                                                          

 

中山峠への道のり。 2月8日記載。

三廻部までのバス路線はなくなり、コミュニティーバスになり便数は極めて少なくなった。

左:県民の森入口バス停。  右:中山峠に向かう道路。

Photo_8



                                                        

 

左:住吉神社手前で振り返ると表尾根が見えた。  右:住吉神社の前を通過。

Photo_3
                                                         

 

左:乗馬クラブ入口を過ぎてさらに道路を歩く。  右:ゴルフ場横の道路分岐点。ここから約3分で中山峠に着く。

Photo_4
                                                             

 

道路分岐点からの展望。 左:秦野市街など。  右:三ノ塔や大山。

Photo_5
                                                                                                

 

左:中山峠の土佐原林道記念碑の前。  右:土佐原林道を寄に向かう。

Photo_3

                                          

 

左:途中、林道わきに湧水と地蔵様がある。  右:檜岳稜線が見える。さらに道路を下って行くと自動車整備工場の所でバス道路に出る。

Photo_2

                                                       

 

Photo_7

| | コメント (0)

2017年2月 2日 (木)

ろうばい・松田町寄

松田町寄のろうばい。  2017年2月2日。

いい天気なので夫婦で寄(やどりき)ろうばい祭りを見てきました。平日なのにけっこう人が多かったです。広い山の斜面の下部は茶畑で、その上にろうばいの林が広がっています。

Photo_2
                                                           

 

Photo_3
                                                       

 

Photo_4
                                                      

 

Photo_5
                                                            

 

Photo_6
                                          

 

Photo_9


                                                           

 

Photo_8

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »