« 丹沢の峠・中山峠 | トップページ | 名古木やま便り・雪景色 »

2017年2月 9日 (木)

丹沢を歩く・鍋割山南尾根末端

丹沢を歩く。鍋割山南尾根の末端尾根。2017年2月6日。

栗ノ木洞-櫟山方面から寄に下山するときに、昔は中山峠までの道があったらしいが、今は、578mピ-クの先で寄の宇津茂に下るようになっている。559mピ-ク、567.6mピ-クを越えて中山峠までのコ-スを歩いてみた。 寄分岐から先はバリエ-ションル-トです。2月9日に記載。

寄(やどりき)バス停→寄分岐→559mピ-クまで。

バスは新松田駅から寄行で終点下車。

左:寄バス停前の駐車場。  右:農道を登る。

Photo_5
                                                    

 

左:ろうばいの斜面を登ると展望が開ける。  右:展望台の横から鍋割山方面に向かう。

Photo_17


                                                                

 

左:農道終点。  右:茶畑の横を登る。

Photo_7
                                                                

 

左:434mピ-クの稜線に出る。 右:434mピ-クの道。

Photo_8
                                                      

 

左:東屋前の農道交差点。  右:東屋前から少し先で登山道に入る。前方にシカ柵がある。

Photo_9
                                                        

 

左:植林帯や雑木林が交互にある。  右:こんな木肌の木もあった。

Photo_10
                                                   

 

左:さらに登って行くと、  右:シカ柵をくぐって寄分岐に到着。ここから559m方面はバリエ-ションル-トで、道標や目印のテ-プなし、踏み跡もハッキリしませんでした。ルート判断が必要。

Photo_11
                                                            

 

左:寄分岐から559mピ-クに向かう。この先登山道不明瞭のため通行注意の標識がある。  右:寄分岐からすぐ先で鉄塔の下を通過。三ノ塔から表尾根が見えた。

Photo_12
                                                      

 

左:鉄塔からすぐ先で林道に出る。  右:途中で林道をエスケ-プする。急な下り。エスケ-プする目印なし。

Photo_13
                                                       

 

左:再び林道に出てすぐ先で林道が交わる。地図の林道三叉路。ここまで林道を歩いてもよい。  右:林道三叉路の少し先で右のシカ柵の門の前を通り、林道が左へ曲がる所で尾根に取り付く。

Photo_14
                                                            

 

林の中を急登する。踏み跡はなかった。テープなどもなかった。

Photo_15
                                                     

 

左:559mピ-ク北端。冬枯れの木々の間に大山-三ノ塔-表尾根が見えた。  右:559mピ-ク。NO13などが記載された標柱がある。

Photo_16
                                                   

 

559mピ-ク→567.6mピ-ク→中山峠。道標や目印のテ-プはなかった。踏み跡不明瞭。ルート判断必要。

左:559mピ-クからの下り。  右:あん部になる。

Photo_19





左:NO34標柱のピ-クへの登り:  右:NO34標柱のピ-ク。標柱から右前方に踏み跡があり、赤テ-プもあったのでついそちらの尾根に入ったが、GPSを見たら違っていて標柱まで引き返す。確認したら左方向だった。左方向には赤テ-プなどはなかった。

Photo_21
                                                          

 

左:567.6mピ-クへの尾根。  右:567.6mピ-ク。

Photo_22
                                               

 

567.6mピ-クの南側は雑木林で、眼下に太平洋クラブのゴルフ場、松田山、海側方面も木々の間に見えた。

Photo_23
                                                       

 

左:567.6mピ-クの東端に向かう途中、左手に鍋割山山稜が見えた。  右:こんな尾根を行く。

Photo_24
                                                      

 

左:567.6mピ-ク東端。小さな祠があった。瀧の文字が彫られていた。  右:祠の手前で(目印はなし。ル-ト判断必要)前方の尾根を下る。

Photo_25
                                                     

 

左:急な尾根の下りである。  右:地図の迷の地点。

Photo_27
                                                     

 

左:広い尾根を下ると、  右:シカ柵をくぐって農道に降りる。

Photo_28
                                                        

 

左:農道を下って行くと、  右:右に茶畑があり、シダンゴ山(右端)やダルマ沢ノ頭(中央の三角ピ-ク)が見えた。

Photo_29
                                               

 

左:中山峠に到着。  右:土佐原林道を寄バス停に向かう。丹沢の峠・中山峠 をご覧ください。

Photo_30

 

Photo_35

|

« 丹沢の峠・中山峠 | トップページ | 名古木やま便り・雪景色 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丹沢の峠・中山峠 | トップページ | 名古木やま便り・雪景色 »