« 丹沢を歩く・高取山西尾根 | トップページ | 秦野市菩提横野 »

2017年3月27日 (月)

丹沢の峠・オガラ沢乗越

丹沢の峠。 43.オガラ沢乗越。 2017年3月25日。

鍋割峠の記録を書いたあとで鍋割峠の近くにオガラ沢乗越があり、旧鍋割峠ということを知り、行って来ました。コシバ沢ル-トは歩いているのでコシバ沢右岸尾根で鍋割峠に登りました。コシバ沢右岸尾根は初めて歩きましたが、かなりの急登でした。作業径路もあり、踏み跡も割とハッッキリしていて、危険な所はありませんでした。  3月27日記載。

オガラ沢乗越。標高約1080m。旧鍋割峠。寄地区と玄倉流域を行き来した峠道の一つで、尊仏ノ土平付近への峠道として使われたらしい。

Photo
                                                              

 

西側から見たオガラ沢乗越。

Photo_2
                                                       

 

オガラ沢乗越への道のり。

寄大橋からコシバ沢までのル-ト説明は丹沢の峠・鍋割峠をご覧ください。

寄大橋そばの駐車スペ-スに駐車。バスは新松田駅から寄行で終点下車。寄大橋まで徒歩約40分。

1.寄大橋-コシバ沢右岸尾根-1108mピ-ク。

左:やどりき水源林内の林道終点。  右:釜場平手前の沢。

Photo_3
                                               

 

左:釜場平に到着。  右:コシバ沢を渡る。

Photo_4
                                                          

 

左:植林の急斜面を登る。コシバ沢渡った所から7分ほど登ると、  右:コシバ沢右岸尾根の取付点に到着。取付点を示す標識などはなかった。1108mピ-クまでバリエ-ションル-トで道標はなし。赤テ-プなどは割とあった。

Photo_5
                                                          

 

左:取付点からすぐ上。右へも作業径路が続く。  右:ほぼ直登する急登の尾根。

Photo_6
                                                    

 

左:右へ作業径路を少し行くとこれを辿っても行けるが径路が分かれるのでル-ト判断が必要。、 右:カモシカがいた。

Photo_11


                                                            

 

左:さらに急登。  右:一旦、ゆるやかになる。

Photo_7
                                                                       

 

左:さらに急登して行く。  右:富士山が左手樹間に見えるところがある。

Photo_8
                                                      

 

左:1108mピ-ク手前の急登。  右:1108mピ-クに到着。

Photo_9
                                                 

 

1108mピ-クからの展望。左:西側の山。  右:富士山。

Photo_10





2.鍋割峠-オガラ沢分岐(北尾根分岐)-オガラ沢乗越。

左:鍋割峠に到着。雪が少しありました。ここから昔は斜面を横断して直接、オガラ沢乗越に行く経路があったらしい。  右:鍋割峠から見る蛭ケ岳など。

Photo_14



                                                             

 

左:オガラ沢乗越に直接向かう旧径路の入口。踏み跡はハッキリしていた。  右:径路を少し行くと大崩落斜面になる。渡れない。左下に踏み跡が下っていたので下から巻くのだろう。厳しそうなので引き返す。

Photo_13
                                                            

 

国土地理院の地図に黒点線で示されているル-トでオガラ沢乗越に向かう。鍋割山への登山道を登る。急登。

Photo_15
                                                                

 

左:オガラ沢分岐(北尾根分岐)。雪が数センチ。分岐を示す標識などはなかった。  右:赤で書かれた矢印や文字のある木が目印。

Photo_3


                                                              

 

オガラ沢乗越への尾根の下りはバリエ-ションル-トで道標はなかった。目印の赤テ-プなどは時々ありました。左:すぐに急な下り。雪が少しあったが、踏み跡は見えた。  右:狭い尾根もある。

Photo_19
                                                      

 

左:少し緩やかになる所。  右:さらに急な尾根を下る。

Photo_20
                                                          

 

左:オガラ沢乗越手前の下り。  右:オガラ沢乗越に到着。

Photo_21
                                                    

 

オガラ沢乗越西がわすぐ下の大きな崩落斜面。

Photo_22
                                                   

 

オガラ沢ノ頭はすぐ先なので往復しました。左:オガラ沢の頭への登り。  右:オガラ沢ノ頭。標高約1105m。木に矢印や文字が赤ペンキで記されていた。

Photo_23

                                   

往路と同じル-トで帰りました。



Photo_2


|

« 丹沢を歩く・高取山西尾根 | トップページ | 秦野市菩提横野 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丹沢を歩く・高取山西尾根 | トップページ | 秦野市菩提横野 »