« 丹沢の峠・天王寺峠2 | トップページ | 丹沢を歩く・高取山西尾根 »

2017年3月 9日 (木)

丹沢の峠・東沢乗越

丹沢の峠。 42.東沢乗越。  2017年3月7日。

中ノ沢(仲ノ沢)径路-東沢と歩いて東沢乗越まで往復してきました。初めて歩きましたが、特に危険を感じる所はありませんでした。もちろん中ノ沢径路は崩れている急斜面のトラバ-ス、沢の横断のル-ト判断、東沢は左岸、右岸のル-ト判断、ゴ-ロ歩き、最後の急斜面の登りなど大変なル-トでした。仲ノ沢径路は足場の悪い急斜面道はロ-プが張ってある所もありましたが、じゅうぶんな注意が必要です。仲ノ沢径路、東沢とも山に慣れていない人には厳しいでしょう。

東沢に丹沢鉱山跡のトンネルがあると聞いていたので確認したかったのですが、東沢の遡行中に雪がチラつき始め、体もきつくなりはじめ、丹沢鉱山跡のことは頭から消えていました。やっとのことで東沢乗越に着き、雪がちチラく中、急いで下山しました。車に乗って玄倉に戻る途中でそういえば丹沢鉱山跡を確認してこなかったな、と思い出したくらいです。秦野に入って塔ノ岳を見ると雪で白くなっていました。 3月9日記。

東沢乗越(ひがしざわのっこし)。 標高約1050m。東沢が突き上げるので東沢乗越と言う。同角沢遡行のあと穴ノ平橋や大石山経由の下山路としてこの峠は使われた。

東がわから見た東沢乗越。

Photo
                                                        

 

西がわから見た東沢乗越。

Photo_2
                                                        

 

東沢乗越までの道のり。

立間大橋のゲ-トが開いていたので(閉鎖期間があります)、西丹沢県民の森駐車スペ-スまで車で入りました。バス利用は、新松田駅から西丹沢行で玄倉下車。立間大橋まで徒歩約40分、さらに西丹沢県民の森駐車スペ-スまで徒歩約50分。 

1.西丹沢県民の森-中ノ沢径路-欅平・東沢出合。

バリエ-ションル-トです。道標等なし。赤テ-プはあまりありませんでしたが、迷うことはありませんでした。中ノ沢径路には、この径路は山林管理道です。立入禁止。の標識があります。山歩きに慣れていない人には厳しい所もあります。

2.欅平-東沢-東沢乗越の記録をうしろに載せました。3月10日。

左:西丹沢県民の森駐車スペ-ス。  右:駐車スペ-スから少し先にゲートがあり、さらに林道を数分歩くと右へ下る道がある。ここが中ノ沢径路の入口。

Photo_3
                                                      

 

左:入口から数分歩くと丸太橋があるこんな道を通過。 右:さらに急斜面のこんな細い道を行く。

Photo_4
                                                          

 

左:地図の沢を渡る1の地点。迂回路の標識がある。迂回路に入り、植林帯の斜面を登り、尾根を越えると、 右:こんな急斜面のトラバ-スの道になる。

Photo_5
                                                                      

 

左:地図のあん部1の地点。  右:ザレた沢が右下に見えてくる。

Photo_7


                                                             

 

左:沢に降りて左岸の岩場を登る。ここまであん部1から約5分。  右:岩場にはロ-プが張ってあった。

Photo_6
                                                        

 

左:地図の尾根に乗るの地点。  右:さらにこんな道を行くと、

Photo_11

                                                   

 

左:沢を渡る。地図の沢を渡る2。  右:地図のえん堤の地点。

Photo_21

                                                               

 

左:急斜面を急登して行くと、  右:地図のあん部2に着く。えん堤から約6分。

Photo_13
                                                            

 

左:急斜面につけられた細い道を行く。ロープが張ってあった。  右:地図の沢・二俣の地点。すこし登って、すぐに

Photo_14
                                                                

 

左:ゴーロ状の沢に出る。対岸にシカ柵が見える。その手前で右へ登る。  右:さらにこんな急斜面を横切る。

Photo_15
                                                                

 

左:広いザレの急斜面を横切ると(ロープが張ってあった)、  右:地図のあん部3に着く。

Photo_16
                                                             

 

左:あん部3からすこし先に右へ下る道がある。欅平下降点。赤テ-プが少しあるだけなので気をつけないとまっすぐ行ってしまう。  右:下って行くとシカ柵に出合う。急斜面を下る。

Photo_11


                                                            

 

左:欅平に到着。欅平下降点から数分。   右:ワサビ跡らしい石積みがあった。

Photo_12



                                 

 

2.東沢出合-東沢-東沢乗越。 3月10日記載。

バリエ-ションル-トです。道標等なし。赤テ-プなどもあまりなかった。右岸、左岸の歩きやすいところを判断。山歩きに慣れていない人には厳しい所もあります。

左:欅平でえん堤下に降りるところ。  右:えん堤下で沢を渡る。

Photo_2
                                         

 

左:えん堤下はこんな岩場。  右:東沢出合。ここから東沢を遡行してもよい。

Photo_3
                                              

 

左:えん堤下で沢を渡って灌木を分けるとはっきりした踏み跡があった。  右:東沢に降りたところはナメ滝であった。

Photo_4
                                              

 

左:こんな沢をを遡行。  右:3mくらいの滝の下に着く。上にナメ滝が続く。左がわから登る。針金がぶら下がっていた。

Photo_5
                                         

 

左:さらにこんな沢を辿ると、 右:大岩がいくつもある所に着く。滝から6分程度。

Photo_6
                                              

 

左:さらに沢を辿り、 右:二俣に到着。右の沢に入る。

Photo_7
                                            

 

二俣の少し先から水流がなくなる。主にゴ-ロ状の中を歩く。

Photo_8
                                           

 

左:ゴーロ状の沢をさらに登って行くと、右:乗越手前は岩やザレの急斜面となる。

Photo_9
                                               

 

左:東沢乗越直下の急登。ロープなどなし。摑まるものもなかった。  右:乗越直下の斜面を横から見るとこんな感じ。よく登ったものだと思った。

Photo_10


 
                                             

Photo


|

« 丹沢の峠・天王寺峠2 | トップページ | 丹沢を歩く・高取山西尾根 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 丹沢の峠・天王寺峠2 | トップページ | 丹沢を歩く・高取山西尾根 »