« 花菜ガーデン・バラ園 | トップページ | 我が家のつばめ2017 »

2017年5月31日 (水)

丹沢の峠・善六のタワ

丹沢の峠。 50.善六のタワ。  2017年5月30日。

ショチクボノ頭(塩地窪ノ頭)と善六山を登って善六のタワに向かいました。初めて歩くル-トでしたが、いい雰囲気でした。

善六のタワ(ぜんろくのたわ)。標高約1030m。善六山と1148m峰とのあん部。タワは尾根が撓(たわ)んだ低い所を表す説があり、峠やなだらかなコルをタワと呼ぶ場合がある。道標には善六ノタワとある。

善六山がわから見た善六のタワ。

Photo
                                                      

 

畦ケ丸がわから見た善六のタワ。

Photo_2
                                                     

 

善六のタワへの道のり。

西丹沢自然教室前の駐車スペ-スに駐車。朝6時30分頃に着いたのに未舗装の空き地の駐車スペ-スもすでに満車状態。かろうじて1台分空いていた。平日なのにとあとで考えたら、シロヤシオツツジの時期なんですね。バスは新松田駅から西丹沢行で終点下車。

1.西丹沢自然教室前-ショチクボノ頭。

西沢ぞいの畦ケ丸への登山道を歩き、3つ目のえん提の少し先でショチクボノ頭への小山沢右岸尾根に取り付く。稜線までバリエ-ションル-トで道標はなく、目印のテ-プなどもあまりなかった。稜線分岐までの尾根はほぼ直登ぎみの急登が多い。踏み跡はハッキリしない所が多かった。ル-ト判断が必要な所もあります。

左:西丹沢公園橋を渡る。  右:1つ目のえん提。

Photo_3
                                                 

 

左:西沢を数回渡り返す。  右:3つ目のえん堤を右側から登る。

Photo_4
                                                             

 

左:3つ目のえん堤を越えると河岸段丘風の平坦地になる。  右:河岸段丘風の平坦地の先で少し登ると尾根の取付点に着く。目印はない。強いて言えば写真のような太い木と根元に付けられた小さなテ-プが目印。すぐ先に道標がある。わずかな踏み跡が急斜面に上がっていた。

Photo_5
                                                             

 

左:最初から急登が続く。途中、ゆるやかな登りをはさむ。  右:植林帯も見られる。ほとんどは自然林の尾根である。

Photo_6
                                                             

 

左:地図のクイ・NO62の地点。  右:さらに急登して行く。

Photo_7
                                                             

 

左:地図の尾根分岐の地点。この先、少しゆるやかな登りになる。  右:左の写真撮影の地点で振り返ると小さな谷をはさんで尾根が分かれているのがわかる。。

Photo_8
                                                                         

 

左:地図のヤセ尾根の地点。  右:さらに急登して行く。

Photo_9
                                                                

 

左:稜線に出る直前、崩落斜面が左に見えた。  右。稜線に到着。地図の稜線分岐。

Photo_10
                                                           

 

ショチクボノ頭に向かうゆるやかな気持ちのいい尾根。展望はない。

Photo_11
                                                          

 

左:ショチクボノ頭の頂上に到着。標識などはなかった。  右:ショチクボノ頭の美しい自然林。

Photo_12
                                                            

 

2.ショチクボノ頭-善六山-善六のタワ。 6月2日更新

稜線分岐から北西に伸びる尾根を善六山(ぜんろくやま)に向かう。少し先で1つ目のあん部を通過。すぐ先で小さなピ-クを越えて2つ目のあん部。このあとはしばらく急登のあと、ゆるやかな登りになる。広い平坦地になり善六山の頂上である。バリエ-ションル-トで道標はない。目印のテ-プなどは少なかった。踏み跡は割とハッキリしていた。

左:稜線分岐を出発。  右:少し尾根を下ると

Photo
                                               

 

左:1つ目のあん部。  右:2つ目のあん部。

Photo_2
                                                      

 

しばらく急登になる。                                                                 

Photo_9

 

 

左:ゆるやかな登りになる。  右:善六山の東端。

Photo_3
                                                          

 

左:善六山の手製の標識。  右:善六山頂上は広い平坦地。

Photo_4
                                                           

 

善六山からの展望。左:南東方面。  右:左の権現山の右奥に箱根の山々。

Photo_10

 

 

左:善六山から西へゆるやかな尾根を少し行くと右がわにシカ柵が現れる。シカ柵が右へ折れる地点(地図のシカ柵から離れる)で、左:左へ尾根を下る。

Photo_8


                                                                 

 

左:急な尾根を下る。  右:畦ケ丸の登山道に合流。

Photo_6
                                                           

 

左:合流地点を下から見る。  右:善六のタワに到着。

Photo_6

善六のタワからの展望。木々が大きくなっていて、好展望とはいかない。 左:石棚山稜方面。 右:権現山。

Photo_2
                                               

 

3.善六のタワ-西丹沢自然教室。

善六のタワからは、西沢出合-畦ケ丸の登山道を西丹沢自然表室に戻る。

善六のタワから本棚入口までの写真です。                                              

Photo_3
                                                     

 

Photo_4
                                           

 

Photo_5

Photo_11

|

« 花菜ガーデン・バラ園 | トップページ | 我が家のつばめ2017 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花菜ガーデン・バラ園 | トップページ | 我が家のつばめ2017 »