« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月29日 (土)

我が家のつばめ巣立ち

子つばめ3羽、巣立ちました。早朝、姿を見たと思ったら、日中は巣にいなかった。家のまわりを数羽のつばめが飛びかっていたので、仲間と一緒だったと思います。 7月29日。

7月24日にもうすぐ巣立ちくらい大きくなったと載せましたが、まだ時々親からエサをもらう時があったり、羽を大きくはばたかせるときがありますが、まだ巣に3羽仲良くいます。 7月28日。

 

7月28日

Photo_2
                                                      

 

まだ大きな口でエサをねだる                                                             

Photo_3
                                                                    

 

体はもう親鳥くらい                                                               

Photo_4
                                                       

 

羽ばたきの練習をしている                                                                   

Photo_5



|

2017年7月25日 (火)

丹沢の峠・ヅナ峠

丹沢の峠。 54.ヅナ峠。  2017年7月24日。

丹沢の峠と呼ぶには微妙ですが、暑い丹沢はしばらくお休みして、全コ-ス樹林の中で、2時間くらいで周回できるだろうと出かけました。

ヅナ峠(綱峠)。 標高約1320m。 ズナ(坂)峠とも呼ぶ。駿河と甲斐を結ぶ峠道。武田軍も越えたと言われる。

Photo
                                                                   

 

ヅナ峠への道のり。

三国峠では晴れていたのに、三国山頂上は深い霧の中で、ヅナ峠まで霧の尾根道だった。

説明文は編集中です。

左:三国峠の三国山登山口。  右:駐車スペ-スがわの登山口。道標はない。

Photo_2
                                                                  

 

左:ササの間を登り、 右:広い尾根を急登していく。

Photo_3
                                                            

 

左:三国山頂上に到着。霧の中。  右:三国山頂上のブナの木。美しい樹林である。

Photo_4
                                                              

 

ヅナ山へゆるやかな尾根道が続く。

Photo_5
                                                                      

 

左:ヅナ山からヅナ峠へ。  右:ヅナ峠に到着。霧は晴れなかった。

Photo_6
                                                                                                      

 

ヅナ峠はブナの大木が混じる美しい雑木林である。

Photo_9
                                                          

 

左:ヅナ峠から別荘地へ下る。このル-トはバリエ-ションル-トです。ルート判断が必要。目印もなく、出だしはよくわからなかったが、注意して少し行くと、 右:踏み跡がハッキリしてきた

 

Photo_10
                                                                      

 

時折目についたテ-プを追って行く。時々踏み跡がハッキリする。

Photo_11
                                                         

 

左:この時は枯れ沢の右岸に出た地点。 右:広い右岸の道を下る。

Photo_12
                                                       

 

左:沢を渡った地点。 右:左岸を行く。

Photo_13
                                                        

 

左:別荘地の道路に降りた地点。地図の別荘地A。別荘地内、地図の破線の道を別荘地Bを経由して三国峠に戻る。 右:三国峠に戻る途中で見下ろした山中湖。

Photo_14



                                                    

地図は未完成です。

Photo_15


| | コメント (0)

2017年7月24日 (月)

我が家のつばめ

我が家のつばめ。 エントランスの1回目と同じ場所に巣を作り、2回目の子育て中です。1回目は6羽でしたが、2回目は3羽です。もうすぐ巣立ち、というくらい大きくなっています。7枚あります。  2017年7月24日。

7月24日

Photo

7月15日

Photo_2
                                                                

Photo_3
                                                           

 

7月17日

Photo_4
                                                                

 

7月23日

Photo_6


Photo_5



Photo_7

|

2017年7月17日 (月)

丹沢の峠・渋沢峠

丹沢の峠。 53.渋沢峠。  2017年7月17日。

丹沢山塊には入りませんが、丹沢の登山地図には載る渋沢丘陵にある渋沢峠です。今日も真夏の暑さになる、というので、車で近くまで行って、散歩してきました。ついでに峠地区にある峠の鉱山跡も見てきました。

渋沢峠(しぶさわとうげ)。標高約265m。地形図でもわずかに鞍部になっている。矢倉往還道のひとつで、篠窪から渋沢に越える峠。峠トンネルのほぼ真上にある。

Photo
                                                    

 

左:渋沢中入口のバス停。 少し先で民家の間を左に狭い道路が分岐する。 右:左に道路を入った所に道標がある。矢倉沢往還の道標がある。

Photo_2
                                                           

 

左:すぐに急な登り。  右:右後方に丹沢の山並みが見える。

Photo_3
                                                          

 

左:さらに急な道を登って行くと、  右:地図の分岐。矢倉沢往還の道標がある。

Photo_4
                                                       

 

左:急な道を登って行くと、  右:尾根道に出る。ゆるいあん部になっている。矢倉沢往還道は右へ行く。矢倉沢往還の道標がある。

Photo_5
                                                                                                                   

 

峠の鉱山跡に向かう。

左:頭高山(ずっこうやま)方面に向かう。  右:左手の展望。集落は峠(とうげ)。

Photo
                                                                                                      

 

左:右へ行くと頭高山方面。左へ道路を下って峠集落に向かう。 右:畑の斜面を下る。

Photo_2
                                                                                                   

 

左:バス道路に合流。少し先に峠バス停がある。 右:峠集落内の道路を峠の鉱山跡に向かう。

Photo_3
                                                                                                       

 

左:舗装道路が終わる。  右:狭い山道になる。

Photo_4
                                                                                                               

 

左:市見川を渡る。 渡って右岸の斜面の灌木の中の細い道を行くと鉱山跡に着く。 右:市見川に降りて鉱山跡を見上げる。

Photo_5
                                                                                                          ]

 

峠の鉱山跡。

Photo_6
                                                                                                             

 

峠の鉱山跡の説明版。

Photo_7





                                            

Photo_10


| | コメント (0)

2017年7月15日 (土)

丹沢の峠・一覧

名古木やま便り。丹沢の峠一覧。

丹沢の峠も更新できずにいます。気温も30℃を越える日も多く、丹沢を歩く環境にない。ということで、ブログに記載した峠の記録も50を超えたので、今までの丹沢の峠の一覧表を作ることにしました。見たい峠名をクリックすると記録が見られるようにしました。バリエ-ションル-トを歩く峠もありますので参考にしてください。2017年7月15日。

1.蓑毛越。 標高約680m。大山参りの裏参道として西側地域からの参拝の道。2016年2月4日。

2.旧ヤビツ峠。標高約435m。バリエ-ションル-ト。岳ノ台ハイキングコ-スの途中にある。 2016年2月15日。

3.山の神峠。 標高約435m。修験者が鐘ケ嶽から大山に向かう時に通った峠。2016年2月23日。

4.唐沢峠。 標高約805m。バリエ-ションル-ト。山の神峠と同様、鐘ケ嶽から大山に向かう修験道。2016年2月23日。

5.七曲峠。 標高約315m。七沢温泉と大釜弁財天を結ぶ峠道。2016年3月8日。

6.順礼峠。 標高約175m。飯山観音と日向薬師を結ぶ峠。2016年3月15日。

7.物見峠。 標高約245m。今は林が多いが、昔は物見の兵などがいたらしい。2016年3月15日。

8.むじな峠。 標高約235m。この付近の6つの地名(ムツナ)がムジナになった。2016年3月15日。

9.一ノ沢峠。 標高約550m。 煤カ谷村と札掛を結ぶ御料林経路の峠バリエ-ションル-ト。2016年3月23日。

10.山神峠(玄倉)。 標高約880m。玄倉林道が開通する前は玄倉とユ-シンとを結ぶ峠道。バリエ-ションル-ト。2016年4月8日。

11.宮ケ瀬越。 標高663m。清川村の宮ケ瀬と愛川町の半原を行き来する峠道。2016年4月20日。

12.菩提峠。標高約760m。秦野市菩提と宮ケ瀬を結ぶ峠道。2016年5月6日。

13.秦野峠。 標高840m。山北町の玄倉と松田町の寄を結んだという峠道。バリエ-ションル-ト。2016年5月14日。

14.山神峠(世附)。標高約710m。水ノ木方面から浅瀬方面(またその逆)などに行くときに超えた峠。バリエ-ションル-ト。2016年5月22日。

15.鍋割峠。標高約1080m。 寄から熊木沢方面へ山仕事に、また尊仏ノ土平に下り、塔ノ岳の尊仏詣りに開かれた道。バリエ-ションル-ト。2016年6月15日。

16.雨山峠。標高約950m。 ユ-シンと寄を結ぶ峠道。玄倉の人たちが雨山峠、鍋割峠を越えて尊仏ノ土平に下り、尊仏詣りをした。2016年6月15日。

17.ヒネゴ沢乗越。標高約720m。虫沢地区と山北町八丁を結ぶ峠道で、花嫁も通ったということから、はなじょろ道とも呼ばれた。2016年6月27日。

18.久里峠。標高約550m。 虫沢峠とも言う。松田町の虫沢と山北町の高松・久里を結ぶ峠道で虫沢古道ともいう。2016年6月27日。

19.善波峠。標高約160m。矢倉沢往還の峠道で、秦野市と伊勢原市の境にある。2016年7月13日。

20.旧土山峠。標高約350m。坂尻から宮ケ瀬方面への古道と思われる峠道。2016年7月24日。

21.切通峠。標高約1045m。 平野の人たちが水ノ木方面に山仕事などに往復した峠道。平野の吉政から越えたことから吉政峠とも言う。2016年7月29日。

2.二本杉峠。標高約740m。武田信玄が北条攻めのときに越えた峠。地蔵平に集落があったときに、子供たちが中川の学校に通った峠道。一部バリエ-ションル-ト。2016年8月26日。

23.物見峠。標高約630m。 札掛周辺は江戸時代、直轄の御林で見廻り役が物見峠-一ノ沢峠を行き来した。2016年9月15日。

24.津古久峠。標高約75m。小田原と武蔵を結ぶ峠道として歩かれ、江戸時代になると大山詣りの大山道として使われた。2016年10月9日。

25.後沢乗越。標高約800m。鍋割山と栗ノ木洞の間にある鞍部。一部バリエ-ションル-ト。2016年10月16日。

26.世附峠。 高約700m小山町がわと山北町世附の浅瀬を越えるのに使われた峠。一部バリエ-ションル-ト。2016年10月29日。

27.峯坂峠。 標高約720m。小山がわと世附の土沢出会い付近とを越える峠道。一部バリエ-ションル-ト。2016年10月29日。

28.悪沢峠。標高約710m。 小山町がわと山北町世附がわを越えるのに使われた峠一部バリエ-ションル-ト。2016年10月29日。

29.白石峠。標高約1280m。相模(中川・箒沢)と甲斐(上道志地域)を結ぶ交易路として使われた峠道。2016年11月18日。

30.馬場峠。標高約1380m。相模(中川・箒沢)と甲斐(道志・馬場)とを結ぶ交易路の峠道。2016年11月18日。

31.犬越路。標高約1060m。武田信玄が小田原攻めのときに犬を先導させて峠。箒沢と神ノ川・青根を結ぶ峠道。2016年11月18日。

32.山伏峠。標高約1145m。山中湖-道志の峠道で、源頼朝も富士の鷹狩りで通った。2016年12月3日。

33.バラシマ峠。標高約1125m。山北町世附側から山中湖村平野の茨島に越えた峠道。2016年12月3日。

34.城ケ尾峠。標高1160m。道志村三ケ瀬と山北町世附の地蔵平を結ぶ峠。2016年12月12日。

35.忘路峠。標高約1130m。犬峠とも言われているらしい。2016年12月12日。

36.浦安峠。標高約1070m。平指山と大界木山頂上稜線西端との鞍部。バリエ-ションル-ト。2016年12月12日。

37.箒沢乗越。標高約805m。穴ノ平ノ頭と953m峰とのあん部。バリエ-ションル-ト。2016年12月24日。

38.いより峠。標高約450。不動越とも言う。西側からの大山詣りの大山古道のひとつ。2017年1月4日。

39.火海峠。標高約390m。ババ山と山ノ神沢ノ頭とのあん部。バリエ-ションル-ト。2017年1月22日。

 40.中山峠。標高約400m。秦野市三廻部から松田町寄の間を結ぶ峠道。一部バリエ-ションル-ト。2017年2月7日。

 41.天王寺峠。標高約700m。天王寺尾根の北側斜面を辿り、弁天沢出合付近に至る径路の峠。一部バリエ-ションル-ト。2017年2月27日。

41.天王寺峠。 弁天沢出合付近から鷹ノ巣径路を天王寺峠へ。バリエ-ションル-ト。2017年2月27日。

 42.東沢乗越。 標高約1050m。東沢が突き上げるので東沢乗越と言う。バリエ-ションル-ト。2017年3月9日。

 43.オガラ沢乗越。標高約1080m。旧鍋割峠。寄地区と玄倉流域を行き来した峠道の一つ。バリエ-ションル-ト。2017年3月27日。

44.毛出シ峠。標高約945m。地蔵平地域と中川地域を結ぶ峠道。2017年4月7日。

45.織戸峠。標高約820m。水ノ木地区と地蔵平地区を結ぶ道にある峠。バリエ-ションル-ト。2017年4月24日。

46.小割沢乗越。標高約815m。 バリエ-ションル-ト。小割沢ノ頭のすぐ北東にあるあん部。2017年5月16日。

47.湯ノ沢乗越。標高約785m。 湯ノ沢の七ノ沢を遡行して登り着くのがこの乗越なので七ノ沢乗越ともいう。バリエ-ションル-ト。017年5月16日。

48.仲ノ俣乗越。標高約830m。湯ノ沢の仲ノ俣が突き上げている付近の乗越。バリエ-ションル-ト。2017年5月16日。

49.日向沢乗越。標高約705m。湯ノ沢の日向沢(二ノ沢)の遡行で登り着くあん部。バリエ-ションル-ト。2017年5月16日。

50.善六ノタワ。標高約1030m。善六山と1148m峰とのあん部。一部バリエ-ションル-ト。2017年5月30日。

51.志田峠。標高約310m。江戸時代は厚木と津久井を結ぶ街道の峠道であった。2017年6月11日。

52.三増峠。標高約310m。志田峠は北条軍と武田軍の三増合戦のときに武田軍の一部の軍勢が越えた峠。一部バリエ-ションル-ト。2017年6月11日。

|

2017年7月10日 (月)

丹沢を歩く・犬越路焼山

犬越路-神ノ川-風巻ノ頭-袖平山-焼山。 2017年7月8日

8月上旬に北アルプス登山を計画しているので、暑い丹沢の長丁場を体力確認で夫婦で歩いてきました。東海自然歩道ですが、ほとんどの区間を初めて歩きました。標準時間9時間30分の所を、休憩時間を含めてほぼ同時間で歩きました。70過ぎの身としてはまあいいペ-スでした。

秦野駅を始発で出発して橋本駅からバスで焼山登山口に向かっても歩き始めるのが7時30分ころ。これでは遅い、と言うことで西丹沢ビジタ-センタ-(西丹沢自然教室)の駐車場まで車で行くことにしました。

1.西丹沢ビジタ-センタ--犬越路-神ノ川ヒュッテ-風巻ノ頭-袖平山

左:用木沢出合から犬越路に向かう沢ぞいの道。 右:用木沢から離れて急な登りになる。

Photo
                                                           

 

左:さらに急登していくと、  右:犬越路に到着。

Photo_2
                                                                    

 

左:犬越路から神ノ川に向かう。すぐに急な下りになる。石が多い。  右:こんな下りもある。

Photo_3
                                                                

 

左:さらに下ると、  右:木橋で沢を渡る。すぐ先で林道に出る。

Photo_4
                                                              

 

左:林道をしばらく歩くと神ノ川ヒュッテに着く。 右:林道をしばらく歩くと東海自然歩道神ノ川の標識の所に着く。

Photo_5
                                                                

 

左:林道から少し急降下すると神ノ川(かんのがわ)に架かる神ノ川公園橋を渡る。  右:橋を渡るとすぐに急登になる。この先、風巻ノ頭まで樹林の中で、日差しは遮られるが、風はなく、蒸し暑い。

Photo_6
                                                          

 

左:石が多い道をさらに急登していくと、  右:731mの平坦な尾根道になる。

Photo_7
                                                                 

 

すぐに急登が続くようになる。石が多い登山道。

Photo_8
                                                       

 

左:さらに急登して行くと、  右:風巻ノ頭(かざまきのあたま)・1077mに到着。ここまで展望はなかった。

Photo_9
                                                       

 

左:風巻ノ頭の東屋。  右:東屋の中から道標を見る。

Photo_10
                                                                                                                  

 

左:すぐに急な下りになる。 右:小あん部を通過。

Photo
                                                     

 

ゆるやかな尾根道、急な登りを繰り返して尾根をたどる。

Photo_2
                                                                

 

左:さらに急登して行くと、 右:大きな崩落地の横を登る。振り返ると大室山から畦ケ丸などが見える。

Photo_3
                                                   

 

左:袖平山(そでひらやま)のベンチの所に到着。 右:ベンチから数十mの所に袖平山頂上・1432.9mがある。

Photo_4
                                                        

 

ベンチの所からの展望。左:畦ケ丸方面の山並み。 右:蛭ケ岳。

Photo_5
                                                                             

 

コ-スタイムは地図の右下にあります。 

地図の文字が小さいので拡大してご覧ください。

Photo_10






2.袖平山-姫次-黍殻山-焼山-焼山登山口。7月12日記載。

左:姫次(ひめつぎ)に向かう。こんな尾根道もある。 右:姫次。気持ちのいい平坦地。

Photo
                                                           

 

左:東海自然歩道最高地点。1433m。 右:気持ちのいい尾根道が多いが、急な下りもはさむ。。

Photo_2
                                                       

 

左:長い木道の下りもある。 右:八丁坂の頭分岐。

Photo_3
                                                             

 

左:急な下りをはさみさらに下ると、 右:青根分岐。少し先に黍殻山避難小屋に下る道がある。

Photo_4
                                                                 

 

左:黍殻山避難小屋。中は新しくきれいだった。外にトイレもある。 右:黍殻山(きびがらやま)頂上。無線塔がある。

Photo_5
                                                              

 

黍殻山頂上から巻き道に合流するとこんな尾根道もあるが、急な下りもはさむ。

Photo_6
                                                       

 

左:焼山頂上に到着。 右:焼山から先の下りはこんな道もあるが、急な下りが多い長い下りが続く。石が多い所もかなりある。

Photo_7
                                                          

 

左:大岩とベンチがある地点。 右:西野々と焼山登山口の分岐。

Photo_8
                                                              

 

左:林道に降りた地点。 右:焼山登山口。右へすぐ先の諏訪神社の前に焼山登山口のバス停がある。

Photo_9


焼山登山口-三ケ木のバスは極めて少ない。地図の右下に時刻表。タクシ-を呼んで三ケ木バス停へ。                                                        

地図の文字が小さいので拡大してご覧ください。

Photo_14


| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »