« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月10日 (木)

不帰岳・祖母谷温泉

栂池高原-白馬大池-白馬岳-清水岳-不帰岳避難小屋-祖母谷温泉-欅平。 2017年8月1日~3日。

1.不帰岳避難小屋-祖母谷温泉。8月2日。

不帰岳避難小屋手前で樹林帯に入るまでは展望もよく、花も多く、楽しい道中でしたが、後半の不帰岳避難小屋から名剣沢の河原に降りるまでは長い、厳しい下りになりました。 でも、標準時間4時間の下りを休憩時間を含めて5時間弱、まあ順調なほうでしょう。8月10日記載。

不帰岳避難小屋までは、白馬岳-清水岳をご覧ください。

左:不帰岳(かえらずだけ)避難小屋を出発。  右:こんな道をしばらく行くと、クサリ場の下りがある。

Photo
                                



左:こんな巨木の道もある。 途中で、右:不帰キレットの稜線が見えた。

Photo_2
                                                                   

 

左:地図のピ-ク1付近。このあとはほぼ展望がなくなる。 右:ピーク1からしばらく行くとこんな巨木が。

Photo_3
                                                              

 

左:百貫山東がわの斜面をトラバ-ス。 右:しばらく急な下り。ロ-プを張った所もあった。

Photo_4
                                                              

 

左:地図の沢1を渡る。  右:草深い道を行くと、

Photo_6
                                                            

 

左:ロープが張ってある急な下りのあと、  右:崩落斜面を横切る。

Photo_7




左:トラバ-スぎみに下って行くと、  右:地図の沢2を横切る。

Photo_9

 

 

左:ここだけでなく倒木が多かった。  右:大岩もあった。

Photo_11
                                                 

 

しばらくトラバ-スぎみに下り、こんな道を急降下していく。

Photo_12
                                

 

左:ロープもある急斜面を下ると、 右:名剣沢左岸に降りた。

Photo_13






左:名剣沢(めいけんさわ)。 右:林道に降りる草深い道。

Photo_14
                                    

 

 

左:林道に出た地点。前方は名剣沢にかかる林道のトンネル。  右:林道を祖母谷温泉に向かう。途中に崩落個所があった。

Photo_2
                                                             

 

左:祖母谷(ばばだに)温泉。 右:対岸から見た祖母谷温泉の全景。

Photo_3
                                                             

 

左:宿の夕食。  右:男性用の露天風呂。

Photo_4


                                             

2.祖母谷温泉-欅平。 8月12日記載。

左:祖母谷(ばばたに)の架かる橋を渡ると続いて祖父谷(じじたに)にかかる橋を渡る。  右:橋を渡るとすぐに長いトンネルを通る。

Photo
                                                    

 

祖母谷ぞいの林道を歩く。  

Photo_2
                                                            

 

左:名剣(めいけん)温泉が見えてきた。  右:人喰岩。右前方に欅平の建物。

Photo_5



                                                           

 

左:奥鐘橋を渡る。  右:欅平(けやきだいら)駅に到着。

Photo_4




拡大してご覧ください。

Photo_6








| | コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

白馬岳・清水岳

白馬岳-清水岳-不帰岳-祖母谷温泉。 2017年8月2日。

1日に白馬山荘に着いたころから展望が良くなり、夕焼けも見られた。2日は朝からいい天気。剣岳、槍ケ岳方面まで展望があり、これからの長丁場も楽しみが増える予感を覚えた。

栂池高原から白馬岳までは白馬大池-白馬岳 をご覧ください。

清水岳-不帰岳避難小屋を追加しました。 8月9日に記載。

1.白馬山荘-清水岳。 8月8日記載。

旭岳下部の雪渓は早朝のせいもあってカチカチ。ステップもなかったので慎重にのぼる。慣れない人はアイゼンが必要。トラバ-スに入ると、右手・南側に雄大な山岳展望が広がる。登山道はハッキリしているが、岩や石が多いので全体として歩きにくいが、花も多く、展望も良いので苦にならなかった。登山道は主なピ-クはすべて巻いているいるので楽と言えば楽。

展望は最高で、高山植物もたくさん咲いていて、人にも会わず、マイペ-スでルンルン気分でした。白馬山荘-不帰岳避難小屋まで標準時間4時間を休憩時間を含めて約4時間半、ゆっくり楽しんで歩いたので順調なタイムでしょう。

左:白馬山荘を出発。山荘前から白馬岳(しろうまだけ)頂上を見上げる。 右:旭岳分岐。

Photo_3
                                                           

 

左:旭岳のあん部へ下る。  右:旭岳の雪渓を登る。

Photo_4
                                                                   

 

旭岳の南側斜面を横切る。

Photo_5
                                                                

 

旭岳斜面をトラバ-ス中に槍穂の稜線などの展望。

Photo_6
                                                                  

 

毛勝山(右)と剣岳・立山。 左奥にわずかに槍穂が見える。

Photo_18


                                                                

 

雪渓が残る稜線を行く。

Photo_7
                                                        

 

左:小旭岳を正面に見ながら下る。  右:シャクナゲが咲いていた。

Photo_8
                                                                       

 

小旭岳への稜線。頂上下の急斜面を横切る。右手には雲海が広がっていた。

Photo_20



                                                          

 

左:雪渓の上部を行き、  右:小旭岳手前のあん部を行く。地図のA地点付近。

Photo_10
                                                                    

 

小旭岳の南面をトラバ-スして行く。

Photo_11
                                                                 

 

途中で見た高山植物。

Photo_12
                                                              

 

左:小旭岳のトラバ-スが終わる地点。  右:小旭岳を振り返る。

Photo_13
                                                          

 

左:小旭岳西側のあん部の平坦地。地図のB地点付近。  右:B地点付近の南側の展望。

Photo_14
                                                                                                                           

 

左:清水平や清水岳が見えてくる。 右:清水平。

Photo
                                                               

 

清水平の展望。左は剣岳。立山。右は毛勝山。手前の平坦地はコマクサの群落。

Photo_2
                                                                 

 

清水平手前の右斜面で見た、コマクサの群落とマツムシソウ(右)。

Photo_3
                                                              

 

清水岳への登り。雪渓上部、右の写真で右はしのピ-クが清水岳頂上。

Photo_4
                                                            

 

左:清水岳(しょうずだけ)頂上直下に到着。  右:清水岳の雪渓と旭岳(左)。清水岳の頂上はハイマツが密生していて頂上の位置は確認できなかった。

Photo_9


                                                          

 

清水岳直下道標の所からの展望。左に五竜岳・鹿島槍ケ岳、ほぼ中央奥に槍ケ岳・穂高がわずかに見えた。右は剣岳・立山。

Photo_6





2.清水岳-不帰岳避難小屋

不帰岳避難小屋手前の樹林帯に入るまでは展望とお花を楽しみながら快適に下りました。意外と歩きやすく、登山道はハッキリしていました。

左:清水岳直下の道標。  右:頂上付近で見た花。

Photo_10
                                                           

 

しばらく斜面をトラバ-スしながら下る。 小さな池もあった。お花畑が点在する。

Photo_11
                                                                

 

尾根の道になる。小さな雪渓の登りもあった。

Photo_12
                                                             

 

左:さらに尾根を下る。正面下に不帰岳が見える。 右:緩やかな尾根もある。地図のC付近。

Photo_13
                                                              

 

左:急な下りをはさんで再び緩やかな尾根道に。  右:しばらくすると樹林帯の尾根になる。

Photo_14
                                                       

 

左:樹林帯に入るまでに見た花。

Photo_15
                                                            

 

左:避難小屋手前の道。  右:不帰岳(かえらずだけ)避難小屋。

Photo_16





不帰岳避難小屋-祖母谷温泉は、これをクリックしてください。

                                                 

拡大してご覧ください。 

Photo_7


| | コメント (0)

2017年8月 4日 (金)

白馬大池・白馬岳

栂池高原-白馬大池-白馬岳。  2017年8月1日~3日。

栂池高原-白馬大池-白馬岳-清水岳-不帰岳-祖母谷温泉を初めて歩くという九州・福岡の友人の計画に夫婦で参加して3人で歩いて来ました。栂池高原-白馬大池-白馬岳も長丁場ですが、初めて歩いた白馬岳-清水岳-不帰岳-祖母谷温泉は、70過ぎの身には後半は厳しい長丁場の下りでした。

2.白馬大池-小蓮華岳-白馬岳-白馬山荘を追加しました。8月6日。

1.栂池高原-天狗原-乗鞍岳-白馬大池。 8月1日。

7月31日、新宿バスタ発23時05分栂池高原行のバスに乗車。8月1日、栂池高原駅7時発のゴンドラ・ロ-プウエイで自然園駅へ。白馬大池まで一時小雨。霧などで展望はあまり良くなかった。

左:栂池自然園ビジタ-センタ-前。 右:すぐに急登になる。

Photo
                                                                      

 

左:さらに急登していくと、  右:小さな雪渓を越える。

Photo_2
                                                            

 

左:小さな雪渓を越えて6分ほどで天狗原に到着。  右:さらに6分ほど歩くと風吹大池の分岐点。

Photo_3
                                                                

 

乗鞍岳の登りは岩の多い足場の悪い急登。左:途中で振り返ると眼下に天狗原。  右:さらに岩の多い足場の悪い急登。

Photo_4
                                                          

 

左:雪渓の横を登る。  右:しばらく登ると雪渓を登る。

Photo_5
                                                             

 

乗鞍岳の登りで見た高山植物。

Photo_6
                                                               

 

左:乗鞍岳頂上付近で見たライチョウ。  右:乗鞍岳。2450mの頂上は広い平坦地。岩が多い。

Photo_7
                                                                  

 

左:乗鞍岳頂上の標識。  右:白馬大池への下り。白馬大池が眼下に。

Photo_8
                                                                 

 

左:白馬大池湖畔。標高2379m。左は大池山荘。  右:白馬大池の標識と大池山荘。

Photo_9
                                                                 

 

左:大池山荘の入口。  右:大池山荘の前は広い広場。雪渓のすぐ上に登山道がある。

Photo_10
                                                 

 

Photo





2.白馬大池-小蓮華山-白馬岳。

途中から雨・風が強い時があり、霧も深く展望はなかった。

お花畑の斜面を登り、小蓮華山に向かう。

Photo_2
                                                                                                                

 

左:霧の尾根を急登。  右:船越ノ頭を通過。

Photo_3
                                                                                                                        

 

展望はないが、高山植物を楽しみながら。

Photo_4
                                                                                                            

Photo_5
                                                                                                                     

 

左:霧と小雨の中を急登していき、  右:小蓮華山に到着。

Photo_6
                                                                                                       

 

左:小蓮華山手前から雨・風も強くなる。高山植物の撮影する余裕もない。 右:ガマンの登り。

Photo_9
                                           



左:ようやく白馬岳(しろうまだけ)頂上に到着。展望なし。 
ところが、右:下り始めたら霧が晴れ始めた。

Photo_7
                                                                                                                      

 

左:白馬山荘直前で晴れてきた。  右:今夜の宿、白馬山荘。

Photo_8
                                                                                                                

 

夕方から晴れてきました。

剣岳(右)と立山連峰。

Photo

 

旭岳の夕焼け。

Photo_2






Photo_11






白馬岳-清水岳を8月8日に記載しました。8月8日のブログをご覧ください。

| | コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ