« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月24日 (土)

秦野・梅景色

名古木やま便り。 梅の花景色。 2018年2月24日。

東田原付近。右の稜線は鍋割山山稜。

Photo
                                                          

 

県立秦野戸川公園にて。

Photo_2
                                                                

Photo_4
                                                              

Photo_5
                                                                   

 

ロウバイと風の吊り橋。                                                           

Photo_6










|

2018年2月14日 (水)

寄・ろうばい

松田町寄(やどりき)のろうばいを夫婦で見てきました。ちょうど見ごろでした。ポスタ-のろうばい祭りは2月12日までですが、延長されていました。入園料は300円でした。 2018年2月14日

Photo


Photo_2


Photo_3

|

2018年2月13日 (火)

名古木やま便り

名古木やま便り。

2016年2月からブログで丹沢の峠シリ-ズを始めてから2年、2018年1月に丹沢山-蛭ケ岳-檜洞丸間の4つの乗越を歩いて、60コ-スを越えました。これで丹沢山塊の峠・乗越をほぼ歩きましたので、ここで区切りをつけて本にまとめることにしました。2ケ月くらいで本にしたいなと思っています。

このあとは、しばらくは気ままに記事を探して歩き、ブログに載せたいと思います。その間にシリ-ズを何にするかを考えます。  2018年2月23日

 

秦野戸川公園の咲き始めた河津桜と風の吊橋。後方の左は三ノ塔。右奥の三角ピ-クは大山。 2月13日撮影

Photo
                                                                      

 

菩提付近の茶畑と富士山。 2月13日撮影

Photo_2

|

2018年2月 4日 (日)

丹沢の峠・神ノ川乗越・金山谷乗越

丹沢の峠。 60.神の川乗越。 61.金山谷乗越。  2018年1月29日

28日に蛭ケ岳山荘に泊まった人の一人が檜洞丸から来たというので話を聞くと、私のワカンの踏み跡だけです、とのこと。29日の朝はいい天気。檜洞丸に向かう途中にある神ノ川乗越と金山谷乗越の2つの峠を見るのが目的である。

60.神ノ川乗越(かんのがわのっこし)。 標高約1250m。臼ケ岳と1344mピークのあん部。神ノ川の金山谷から分かれる源流が突き上げている。

Photo
                                                           

 

神ノ川乗越への道のり。  2月4日記載。

蛭ケ岳から臼ケ岳に向かう。すぐに足場の悪い急な下り。昨日山荘に泊まった人のワカンの跡が続いている。この先積雪は40Cm~5Cm。鞍部から登り返すと1421mのピ-ク。さらに狭い尾根をはさみ臼ケ岳に向かう。踏み跡はワカンのみで間隔が広い所は踏み外すと膝までの深さの時もある。臼ケ岳頂上のすぐ手前で檜洞丸への道が分かれる。臼ケ岳分岐からの下りは広い尾根があり、積雪時は登山道が見えないのでル-ト判断が必要。神ノ川乗越には道標があり、乗越の表示もある。アイゼン使用。

蛭ケ岳までは、丹沢の峠・早戸川乗越・中ノ沢乗越をご覧ください。

左:蛭ケ岳頂上。天気良好。  右:下ってすぐの展望。

Photo_2
                                                        

 

左:急な斜面を下る。  右:こんな下りもある。

Photo_3
                                                                       

 

左:狭い尾根をはさみ、登り返すと、  右:1421mピ-クに達する。

Photo_4
                                                                  

 

左:臼ケ岳への登り。  右:臼ケ岳分岐。

Photo_5
                                                                       

 

左:臼ケ岳頂上の巨木。  右:臼ケ岳頂上から見る蛭ケ岳(左)と右は昨日辿った丹沢山から蛭ケ岳の稜線。

Photo_6
                                                                  

 

神ノ川乗越に向かう。 左:臼ケ岳分岐からわずかに下った所から。蛭ケ岳頂上と巨木。  右:神ノ川乗越への急な下り。

Photo_7
                                                                      

 

左:広い尾根を下る。積雪時はル-ト判断が必要。 右:狭い尾根になって、

Photo_8
                                                                  

 

左:神ノ川乗越がすぐ下に見えてくる。  右:神ノ川乗越付近から、冬枯れの樹間に北がわの山が見えた。

Photo_9
                                                                   

 

61.金山谷乗越(かなやまだにのっこし)。 標高約1300m。 神ノ川の金山谷が突き上げているあん部。

Photo_11
                                                     

 

金山谷乗越への道のり。 

神ノ川乗越から1344mのピ-クを越え、2度ほど小ピ-クを辿るとベンチのある平坦部を通過する。金山谷ノ頭の分岐から右へ急降下すると金山谷乗越である。道標があり、乗越の表示もある。アイゼン使用。

左:1344mピ-クへの登り。  右:1344m付近。

Photo_12
                                                                

 

左:ベンチのある尾根を通過。 右:右前方下に金山谷乗越が見える。ピークは檜洞丸。

Photo_13
                                                            

 

左:金山谷乗越から少し先のヤセ尾根。  右:左の写真の所から蛭ケ岳を望む。

Photo_14


                                                      
金山谷乗越から檜洞丸までの記録。

檜洞丸への登り。

Photo
                                    

 

左:途中で振り返ると蛭ケ岳が見えた。  右:さらに急登して行く。

Photo_2


左:青ケ岳山荘と蛭ケ岳などの山並み。  右:檜洞丸頂上に到着。

Photo_3

檜洞丸からはつつじ新道で西丹沢バス停に下る。
                                            

 

Photo_15

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »