« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月22日 (日)

御嶽神社例大祭2018

秦野市名古木の御嶽神社例大祭。 2018年4月22日。

快晴の中、こども神輿2台とともに名古木地域を練り歩きました。

御嶽神社を出発する神輿。

Photo_2



Photo_3



Photo_4
                                                             

 

我が家の前で練り歩く神輿。

Photo_5


Photo_6




|

2018年4月19日 (木)

秦野ぶらり散歩1

秦野ぶらり散歩1。  葛葉川ふるさと峡谷。  2018年4月19日。

2011年に秦野市のあちこちを歩いてブログで秦野散歩道シリ-ズを終了して以来、再び秦野市内をあちこち歩いてみようと、まず葛葉川ふるさと峡谷を歩いてきました。

秦野ぶらり散歩は不定期に更新して、丹沢に限らず他の山域も歩いてブログに載せたいと思います。時々、ブログを開いていただければ幸いです。

秦野駅からくずは台経由藤棚行で九沢(くざわ)下車。くずは台病院前のR246の東田原交差点で西方面に少し歩くと保健所前の交差点に着く。右へ道路に入ると住宅地になる。すぐ先で道路が左右に分かれるので右の狭い道路を下ると舗装道路が終わり、うぐいすの道、くずはの家の標識がある。

説明文は編集中です。

左:住宅地の東がわの道路終点地。くずはの家分岐。  右:かながわナショナル・トラスト指定緑地の標柱。

Photo
                                                             

 

左:トラストの標柱のところから竹林の中を葛葉川河川に向かう。  右:葛葉川の谷間。

Photo_2
                                                              

 

左:くずはの家分岐に戻る。  右:葛葉川沿いの道を歩く。

Photo_3
                                                                  

 

左:住宅地西がわの道路終点の所。  右:遊歩道に入ったところにある葛葉川ふるさと峡谷の説明版。

Photo_4
                                                            

 

こんな遊歩道を歩く。

Photo_5
                                                                    

 

左:葛葉川を渡るところ。 右:右岸にある岩倉れき層、葛葉台れき層の断層。

Photo_6
                                                                   

 

左:葛葉川を渡ってすぐの広場。 右:広場から急な登り。

Photo_7
                                                                

 

左:くずはのつり橋手前の広場。  右:くずはのつり橋。

Photo_8
                                                                                                               

 

くずは緑地の木々。

Photo
                                                           

Photo_2




ふるさと峡谷で見た草花

Photo_3


Photo_4
                                                                 

 

くずは台南公園の花

Photo_5




Photo_6






まだ続きます。

| | コメント (0)

2018年4月18日 (水)

丹沢の峠・一覧

名古木やま便り。丹沢の峠一覧。

丹沢の峠の本を編集したブログの内容です。本は秦野市、伊勢原市、厚木市、平塚市、小田原市の各市立図書館および秦野市の主な公民館に寄贈しました。 2018年4月18日。

見たい峠名をクリックすると記録が見られるようにしました。バリエ-ションル-トを歩く峠もありますので、丹沢を歩くときの参考にしてください。

1.蓑毛越。 標高約680m。大山参りの裏参道として西側地域からの参拝の道。2016年2月4日。

2.旧ヤビツ峠。標高約435m。バリエ-ションル-ト。岳ノ台ハイキングコ-スの途中にある。 2016年2月15日。

3.山の神峠。 標高約435m。修験者が鐘ケ嶽から大山に向かう時に通った峠。2016年2月23日。

4.唐沢峠。 標高約805m。バリエ-ションル-ト。山の神峠と同様、鐘ケ嶽から大山に向かう修験道。2016年2月23日。

5.七曲峠。 標高約315m。七沢温泉と大釜弁財天を結ぶ峠道。2016年3月8日。

6.順礼峠。 標高約175m。飯山観音と日向薬師を結ぶ峠。2016年3月15日。

7.物見峠。 標高約245m。今は林が多いが、昔は物見の兵などがいたらしい。2016年3月15日。

8.むじな峠。 標高約235m。この付近の6つの地名(ムツナ)がムジナになった。2016年3月15日。

9.一ノ沢峠。 標高約550m。 煤カ谷村と札掛を結ぶ御料林経路の峠バリエ-ションル-ト。2016年3月23日。

10.山神峠(玄倉)。 標高約880m。玄倉林道が開通する前は玄倉とユ-シンとを結ぶ峠道。バリエ-ションル-ト。2016年4月8日。

11.宮ケ瀬越。 標高663m。清川村の宮ケ瀬と愛川町の半原を行き来する峠道。2016年4月20日。

12.菩提峠。標高約760m。秦野市菩提と宮ケ瀬を結ぶ峠道。2016年5月6日。

13.秦野峠。 標高840m。山北町の玄倉と松田町の寄を結んだという峠道。バリエ-ションル-ト。2016年5月14日。

14.山神峠(世附)。標高約710m。水ノ木方面から浅瀬方面(またその逆)などに行くときに超えた峠。バリエ-ションル-ト。2016年5月22日。

15.鍋割峠。標高約1080m。 寄から熊木沢方面へ山仕事に、また尊仏ノ土平に下り、塔ノ岳の尊仏詣りに開かれた道。バリエ-ションル-ト。2016年6月15日。

16.雨山峠。標高約950m。 ユ-シンと寄を結ぶ峠道。玄倉の人たちが雨山峠、鍋割峠を越えて尊仏ノ土平に下り、尊仏詣りをした。2016年6月15日。

17.ヒネゴ沢乗越。標高約720m。虫沢地区と山北町八丁を結ぶ峠道で、花嫁も通ったということから、はなじょろ道とも呼ばれた。2016年6月27日。

18.久里峠。標高約550m。 虫沢峠とも言う。松田町の虫沢と山北町の高松・久里を結ぶ峠道で虫沢古道ともいう。2016年6月27日。

19.善波峠。標高約160m。矢倉沢往還の峠道で、秦野市と伊勢原市の境にある。2016年7月13日。

20.旧土山峠。標高約350m。坂尻から宮ケ瀬方面への古道と思われる峠道。2016年7月24日。

21.切通峠。標高約1045m。 平野の人たちが水ノ木方面に山仕事などに往復した峠道。平野の吉政から越えたことから吉政峠とも言う。2016年7月29日。

2.二本杉峠。標高約740m。武田信玄が北条攻めのときに越えた峠。地蔵平に集落があったときに、子供たちが中川の学校に通った峠道。一部バリエ-ションル-ト。2016年8月26日。

23.物見峠。標高約630m。 札掛周辺は江戸時代、直轄の御林で見廻り役が物見峠-一ノ沢峠を行き来した。2016年9月15日。

24.津古久峠。標高約75m。小田原と武蔵を結ぶ峠道として歩かれ、江戸時代になると大山詣りの大山道として使われた。2016年10月9日。

25.後沢乗越。標高約800m。鍋割山と栗ノ木洞の間にある鞍部。一部バリエ-ションル-ト。2016年10月16日。

26.世附峠。 高約700m小山町がわと山北町世附の浅瀬を越えるのに使われた峠。一部バリエ-ションル-ト。2016年10月29日。

27.峯坂峠。 標高約720m。小山がわと世附の土沢出会い付近とを越える峠道。一部バリエ-ションル-ト。2016年10月29日。

28.悪沢峠。標高約710m。 小山町がわと山北町世附がわを越えるのに使われた峠一部バリエ-ションル-ト。2016年10月29日。

29.白石峠。標高約1280m。相模(中川・箒沢)と甲斐(上道志地域)を結ぶ交易路として使われた峠道。2016年11月18日。

30.馬場峠。標高約1380m。相模(中川・箒沢)と甲斐(道志・馬場)とを結ぶ交易路の峠道。2016年11月18日。

31.犬越路。標高約1060m。武田信玄が小田原攻めのときに犬を先導させて峠。箒沢と神ノ川・青根を結ぶ峠道。2016年11月18日。

32.山伏峠。標高約1145m。山中湖-道志の峠道で、源頼朝も富士の鷹狩りで通った。2016年12月3日。

33.バラシマ峠。標高約1125m。山北町世附側から山中湖村平野の茨島に越えた峠道。2016年12月3日。

34.城ケ尾峠。標高1160m。道志村三ケ瀬と山北町世附の地蔵平を結ぶ峠。2016年12月12日。

35.忘路峠。標高約1130m。犬峠とも言われているらしい。2016年12月12日。

36.浦安峠。標高約1070m。平指山と大界木山頂上稜線西端との鞍部。バリエ-ションル-ト。2016年12月12日。

37.箒沢乗越。標高約805m。穴ノ平ノ頭と953m峰とのあん部。バリエ-ションル-ト。2016年12月24日。

38.いより峠。標高約450。不動越とも言う。西側からの大山詣りの大山古道のひとつ。2017年1月4日。

39.火海峠。標高約390m。ババ山と山ノ神沢ノ頭とのあん部。バリエ-ションル-ト。2017年1月22日。

 40.中山峠。標高約400m。秦野市三廻部から松田町寄の間を結ぶ峠道。一部バリエ-ションル-ト。2017年2月7日。

 41.天王寺峠。標高約700m。天王寺尾根の北側斜面を辿り、弁天沢出合付近に至る径路の峠。一部バリエ-ションル-ト。2017年2月27日。

41.天王寺峠。 弁天沢出合付近から鷹ノ巣径路を天王寺峠へ。バリエ-ションル-ト。2017年2月27日。

 42.東沢乗越。 標高約1050m。東沢が突き上げるので東沢乗越と言う。バリエ-ションル-ト。2017年3月9日。

 43.オガラ沢乗越。標高約1080m。旧鍋割峠。寄地区と玄倉流域を行き来した峠道の一つ。バリエ-ションル-ト。2017年3月27日。

44.毛出シ峠。標高約945m。地蔵平地域と中川地域を結ぶ峠道。2017年4月7日。

45.織戸峠。標高約820m。水ノ木地区と地蔵平地区を結ぶ道にある峠。バリエ-ションル-ト。2017年4月24日。

46.小割沢乗越。標高約815m。 バリエ-ションル-ト。小割沢ノ頭のすぐ北東にあるあん部。2017年5月16日。

47.湯ノ沢乗越。標高約785m。 湯ノ沢の七ノ沢を遡行して登り着くのがこの乗越なので七ノ沢乗越ともいう。バリエ-ションル-ト。017年5月16日。

48.仲ノ俣乗越。標高約830m。湯ノ沢の仲ノ俣が突き上げている付近の乗越。バリエ-ションル-ト。2017年5月16日。

49.日向沢乗越。標高約705m。湯ノ沢の日向沢(二ノ沢)の遡行で登り着くあん部。バリエ-ションル-ト。2017年5月16日。

50.善六ノタワ。標高約1030m。善六山と1148m峰とのあん部。一部バリエ-ションル-ト。2017年5月30日。

51.志田峠。標高約310m。江戸時代は厚木と津久井を結ぶ街道の峠道であった。2017年6月11日。

52.三増峠。標高約310m。志田峠は北条軍と武田軍の三増合戦のときに武田軍の一部の軍勢が越えた峠。一部バリエ-ションル-ト。2017年6月11日。

53.渋沢峠。 標高約265m。矢倉往還道のひとつで、篠窪から渋沢に越える峠。2017年7月17日。

54.ヅナ峠。 標高約1320m。 ズナ(坂)峠とも呼ぶ。駿河と甲斐を結ぶ峠道。武田軍も越えたと言われる。一部バリエ-ションル-ト。2017年7月24日。

55.半原越。標高約488m。養蚕の煤ケ谷から繭の加工地の半原に繭を運ぶために越えた峠。2017年12月8日。

56.ブナ沢乗越。標高約1180m。菰釣山とブナ沢ノ頭とのあん部。2017年12月19日。

57.大滝峠。標高約960m。箒沢と信玄平・地蔵平などを結ぶ峠道。2018年1月8日。

58.早戸川乗越。標高約1450m。早戸川大滝沢が突き上げている所の庵部。2018年1月28日。

59.中ノ沢乗越。標高1530m。早戸川中ノ沢が突き上げている所のあん部。2018年1月28日。

60.神ノ川乗越。標高約1250m。臼ケ岳の西側にあるあん部。2018年1月29日。

61.金山谷乗越。標高約1300m。神ノ川金山谷が突き上げている所のあん部。2018年1月29日。

| | コメント (0)

2018年4月13日 (金)

丹沢・上ノ丸北尾根

丹沢の峠を出版したあと、友人と久しぶりに山を歩いて来ました。上ノ丸北尾根にモミ大木帯があると聞いたので確認するためです。上ノ丸北尾根は初めて歩きました。 2018年4月10日。

札掛橋を渡って左へ、県立札掛森の家少し手前の駐車場に駐車。バスは秦野駅からヤビツ峠行終点下車。札掛橋まで徒歩約70分。

全コ-ス樹林の中で、基本的には展望はなかった。時折樹間にわずかに展望があるが、冬枯れの時期だけでしょう。

左:札掛森の家手前の駐車場。 右:長尾尾根・新大日登山口

Photo
                                                             

 

左:登り始めるとすぐにモミの巨木の林。  右:こんな斜面を行く。

Photo_2
                                                       

 

左:考証林入口・札掛分岐に到着。本谷橋から戻り、帰りはここから下る。  右:こんな桟道もある。

Photo_3
                                                                

 

左:ツツジが満開。  右:長尾尾根・本谷分岐。

Photo_4
                                                           

 

左:分岐のすぐ先でシカ柵を通過。  右:山桜も満開。

Photo_5
                                                             

 

左:モミの巨木の斜面を行く。  右:崩落斜面もある。

Photo_6
                                                                 

 

左:モミの巨木林。  右:上ノ丸北尾根分岐に到着。西側に丹沢三ツ峰などが樹間に見えたが、葉が茂れば展望はなくなるだろう。

Photo_7
                                                                   

 

上ノ丸北尾根を歩く。ほとんどがゆるやかな尾根道。大洞橋分岐までは道はハッキリしていた。

左:ここから上ノ丸北尾根に入る。大洞橋の道標がある。大洞橋の登山道は最初のピ-クを右から巻いているが、ピ-クを登ってみた。  右:ピ-クへの登り。

Photo_8
                                                                   

 

左:ピーク。 この先尾根ぞいは歩きにくそうなのでピ-クから右前方に下り、大洞橋への登山道に。  右:大洞橋への登山道に降り立つ。

Photo_9
                                                                      

 

左:ピークからの尾根に合流する付近  右:登山道の右側にベンチがある。

Photo_10
                                                                   

 

 

左:ベンチの所からしばらく歩くと、道標がある大洞橋分岐に着く。ロープが張ってある。ここからはバリエ-ションル-トで、道標もなく、テ-プもなかった。ロープの右がわから尾根を行くと分岐のすぐ先に、 右:札掛雨量観測所がある。

Photo_17


 

左:雨量観測所の右側からさらに尾根を辿る。この先は踏み跡は不明瞭。テープなどもなかった。  右:山桜の巨木があり、満開であった。

Photo_16
                                 

                               
                                                    

左:さらに尾根を辿り。682mピ-ク付近。  右:杉の巨木もある。

Photo_12
                                                

 

左:モミの大木帯に気が付かず、古道標の所までくる。この先、モミの木がある雰囲気ではない。 モミの大木帯を確認したかったので、戻る。  右:来るときにモミの巨木が数本目についた所まで戻る。

Photo_13
                                                             

 

モミの巨木が少し見られたが、植林帯の中で気が付きにくかったので、通り過ぎたと思う。 参考にした地図の位置は古道標の手前なのでここだと思う。 登山口から北尾根分岐までのモミの巨木林のほうが見応えがあった。

Photo_14
                                                       

 

上ノ丸北尾根を末端まで下ると車道歩きが長くなるので、地図のモミの巨木・林道下降点付近から塩水橋と瀬戸橋の間の林道に降りるル-トをGPSで探索して下る。

バリエ-ションル-ト。道標はもちろん踏み跡、テ-プなどもなかった。林道に降りるところの状況が心配だったが、ル-ト判断は良だった。                                          

左:地図の林道下降点。 右:出だしから急斜面。

Photo

                              


左:やや狭い尾根をはさむ。足場の悪いところもある。

Photo_2
                                        

 

左:瀬戸橋手前の林道に降り立つ。 右:本谷林道を歩く。 

Photo_3
                                          

 

左:本谷橋に到着。  右:本谷橋を渡り、右へしばらく歩くとこんな巨木があった。

Photo_4
                                               

 

しばらく急登したあとは尾根の急斜面のトラバ-スの登りになる。  

Photo_5
                                             

 

下ノ丸北東尾根を歩く。

左:上ノ丸北尾根分岐に到着。来た道を戻り、  右:考証林入口・札掛分岐に到着。ここから下ノ丸北東尾根を下る。

Photo_6



左:ゆるやかな尾根道が多い下ノ丸北東尾根。 右:東屋。工事用の機材が散乱。東屋使用できず。

Photo_7
                                                                         

 

左:さらにゆるやかな尾根を辿る。  右:ベンチの地点。

Photo_8
                                                                

 

左:広い尾根の下り。道は定かでなく道標もないのでくル-ト判断が必要。県民の森散策路にしては不親切。 右:地図の物見峠入口道標の地点。

Photo_9
                                                                            

 

物見峠入口・県道への下り。

Photo_10
                                                                        

 

左:物見峠入口・県道に到着。  右:駐車場に戻る途中でで見た山桜。

Photo_12




Photo_20

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

秦野・チュ-リップ

県立秦野戸川公園のチュ-リップです。ビジタ-センタ-に丹沢の峠の本を寄贈して、チュ-リップを見てきました。見ごろでした。そろそろ丹沢を歩いてこようと思っています。

Photo
                                                             

Photo_2
                                                     

Photo_3
                                                                  

Photo_4







|

2018年4月 8日 (日)

名古木やま便り・小田原城

丹沢の峠の本を近隣の市立図書館や秦野市の公民館に寄贈して歩いています。今日は小田原市立図書館にも行って来ました。図書館は城址公園の敷地内にあるので、ついでに城の写真を撮ってきました。  2018年4月8日。

小田原城

Photo
                                                           

Photo_2
                                                     

 

公園内のこども園地                                                                

Photo_3

|

2018年4月 2日 (月)

名古木やま便り・桜と鳥

ブログで連載した丹沢の峠の本が完成しました。今後、近隣の市立図書館と秦野市の各公民館に配布して回る予定です。

丹沢を歩く、丹沢の滝、丹沢の峠と本にして丹沢3部作が完了です。これからブログの記事を何にするか迷うところです。4日おきに歩いていた仕事も契約年数が終了したので、意識して歩く理由を探さなくては。と言うことで、当面は数時間の散歩を兼ねて秦野市内のあちこちを歩いて記事になる景色を探そうと考えています。その間に山も時々歩いてブログに載せます。更新が不定期になりますが、時々、ブログを開いていただければ幸いです。 2018年4月2日。

我が家のしだれ桜と鳥です。

Photo
                                                            

Photo_2

|

2018年4月 1日 (日)

丹沢湖・秦野の桜

丹沢湖と秦野の桜です。  2018年3月29日・30日。

1.丹沢湖の桜。29日に椿丸登山の帰りに撮影。

浅瀬の駐車場そば。

Photo
                                                             

 

玄倉の駐車場わき。ミツマタも。

Photo_2
                                                             

 

ダムえん堤下の広場。

Photo_3
                                                  

Photo_4
                                                   

 

ダムえん堤下の広場のコブシ。

Photo_5
                                                    

 

2.秦野の桜。 30日・31日。

蓑毛の薄墨桜。

Photo_6
                                                           

Photo_7
                                                   

 

蓑毛の大日堂。

Photo_8
                                                   

 

水無川。 芝桜も。

Photo_9
                                                                                                      

 

我が家のシダレ桜。

Photo_12


 
                                               

 

今泉名水桜公園。 ジュウガツザクラ。 31日。

Photo_10
                                                

 

今泉名水桜公園。 フユザクラ。 31日。

Photo_11



|

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »