« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

秦野のあじさい2018

秦野のあじさい(紫陽花)。  2018年5月31日の開花状況。

1.県立秦野戸川公園

Photo_18




Photo_17




Photo_19


                                                               

 

2.大根川あじさいロ-ド。真田橋から左岸を歩く。右は大根川。まだ若い木が多い。整備中らしい。

Photo_14



Photo_5
                                                                             

 

3.善波川あじさいロ-ド。水門を通って左岸を歩く。

矢茂井橋より下流。 右は善波川。

Photo_6
                                                    

 

矢茂井橋より上流。田園風景が広がる。                                                            

Photo_11

                                                                   

 

三角の山は大山。

Photo_12


Photo_23


                                                

 

震生湖そばのあじさい。まだ早かった。

Photo_10

|

2018年5月26日 (土)

高尾山・小仏城山

まだ歩いていない東海自然歩道の高尾の起点から高尾山-小仏城山-相模湖と夫婦で歩いて来ました。平日でもけっこう人は歩いていましたが、小仏城山から相模湖までは一人も会いませんでした。 2018年5月25日。

左:高尾山口駅前。多くの登山者がいた。  右:ロ-プウエイの清滝駅前。

Photo
                                                                

 

左:清滝駅前にある東海自然歩道起点の標柱。  右:舗装された狭い車道を歩く。急な登りが多い。

Photo_2
                                                            

 

左:車道から離れて金毘羅台に向かう。  右:金毘羅台にある金比羅社。金毘羅台からの展望は霞んでいてよくなかった。

Photo_3
                                                                  

 

左:すぐに車道と合流する。  右:ロ-プウエイの高尾山駅前。

Photo_4
                                                                        

 

左:高尾山杉並木。 薬王院の境内を通って、 右:高尾山頂上に向かう。

Photo_5
                                                           

 

左:高尾山頂上に到着。  右:頂上から西側の展望。丹沢山塊の山並み。

Photo_6
                                                                  

 

左:小仏城山に向かう。すぐに急な下り。  右:急な長い階段が多い。

Photo_7
                                                                    

 

左:こんな登りもある。  右:一丁平に到着。丹沢山塊の展望が広がる。

Photo_8
                                                                   

 

こんな道を歩いて小仏城山に向かう。

Photo_9
                                                            

 

左:小仏城山の手前で道が分かれる。どちらでもいいが、案内図では右が東海自然歩道になっているので右の道を行く。 右:巻き道をしばらく歩くと、

Photo_10
                                                                     

 

左:急な登りになって、  右:小仏城山に到着。

Photo_11
                                                              

 

小仏城山頂上の茶店の西側にもテ-ブルやイスがたくさんあり、相模湖へはここから下る。登山道は広く、急な下りや歩きにくい所も一部であるが、全体としては歩きやすい。

左:茶店の前。  右:茶店の西側から下る。

Photo
                                         

 

左:すぐに植林帯の急な下り。 途中で出てくる道標は相模湖ではなく、弁天橋である。 右:20分近く下ると相模湖の展望。木の丸イスがある。

Photo_2
                                                   

 

左:こんな道もある。  右:麓が近くなるとこんな急な下り。

Photo_3
                                             

 

左:道路に降りたところ。 少し民家の間の狭い道路を歩き、R20を渡り、また民家の狭い道路を少し行くと、  右:山道に入る。                                         

Photo_4
                                           

 

左:さらに下ると、  右:橋を渡り、 少し行くと平坦地を通過して、

Photo_5



左:弁天橋を渡る。 渡るとすぐに道路になり、あとは相模湖大橋を経由して相模湖駅に向かう。  右:相模湖駅

Photo_6


                                                                                                                  

 

Photo_12











| | コメント (0)

2018年5月23日 (水)

秦野ぶらり散歩2

秦野ぶらり散歩。 曽屋-水神町。  2018年5月

イオンを起点に曽屋、水神町の神社、寺、浄水場跡をぶらりと歩いてきました。イオンから曽屋みち入るとすぐに右がわに大用寺がある。曽屋みちを道なりに歩いて行くと曽屋神社に着く。境内に井之明神水がある。神社の西側の道路をはさんで曽屋浄水場跡がある。城光院は曽屋配水場のすぐ裏手にある。城光院参道前から左の狭い道路を歩いて行くとT字路になり、左へ細い土道を数分行くと水神様がある。帰りは適当に路地を歩いてイオンに戻る。 ゆっくり1時間ちょっとの散歩でした。

左:大用寺。曹洞宗井宮山大用寺。1590年(天正18年開山)。大きなサルスベリがある。  右:大用寺の鐘楼門。

Photo
                                                                  

 

曽屋神社。江戸時代は井之明神社と呼ばれていたが、明治6年(1873年)に村内の他の6社と合わせて曽屋神社となった。

Photo_2
                                                                   

 

井之明神水(いのみょうじんすい)。

Photo_3
                                                                      

 

曽屋配水場は曽屋水道の浄水場が設置されていた場所。明治23年に1890年に完成した。現在は水道百年記念として公園化されている。 右:使われていたポンプの実物。

Photo_10
                                                               

 

曽屋配水場跡の公園ないのある親水池。この日はメダカは見えなかった。

Photo_12




                                                                  

 

左:城光院の入口。  右:城光院。

Photo_11



                                                                      

 

左:城光院前から水神様に向かう。最初はkんな狭い道路。抜けると広くなる。  右:T字路になって、左へ土道に入る。

Photo_5
                                                               

 

左:水神様。乳牛水神社と言う。  右:水神様のそばにある巨木。

Photo_6
                                                              

 

帰りに通った路地。

Photo_7





Photo_9











|

2018年5月17日 (木)

大室山

富士山北西山麓にある大室山に友人と登ってきました。精進口登山道が県道鳴沢富士宮線と交わる付近の空き地に駐車。約5台のスペ-ス。すぐにゲ-トを横から通り、精進口登山道をしばらく行くと、地図のブナ広場入口で精進口登山道と分かれて右の道に入るとすぐにゲ-トがある。横から通るとすぐ先がブナ広場である。「やまなしの森林100選大室山のブナ林」の小さな標識がある。大室山のふもとを左から巻く感じで登って行き、さらに1280mピ-クを東側から周りこみ神座風穴の前を通り、大室山の登り口に達する。出だしは踏み跡はハッキリしないが登るにつれて踏み跡はハッキリしてくる。テ-プもある。急登である。大室山頂上は林の中で展望はない。全コ-ス、道標はない。バリエ-ションル-ト。  2018年5月16日。

左:精進口登山道入口P。  右:すぐにゲ-トを横から通り、精進口登山道を歩く。

Photo
                                                            

 

左:精進口登山道と分かれる地点。  右:ブナ広場。

Photo_2
                                                                

 

左:大室山を左から東がわ山麓を巻いていく。大きなミゾ状の所もある。

Photo_3
                                                                        

 

左:地図のメガネ穴の標識地点。  右:さらに1280mピ-クの東がわを巻いて行く。地図の分岐の所で道が分かれる。左前方の道は直に神座風穴に行く道と思うが、右前方の道を登り、1280mピ-クを登ろうとしたのだが、樹林の中で展望はなさそうなので途中で諦めて神座風穴に通じる道に降りる。

Photo_4
                                                               

 

左:神座風穴手前の道。  右:神座風穴の前に到着。

Photo_5
                                                                

 

左:神座風穴(じんざふうけつ)。  右:神座風穴の説明版。

Photo_6
                                                              

 

左:大室山登り口に向かう。  右:大室山登り口。赤テ-プの手前に明瞭ではないが道が横切っている。位置判断が必要。

Photo_7
                                                                          

 

しばらく広い斜面を登って行くと斜面を横切るやや広い踏み跡の道に合流する。ルート判断必要。右へトラバ-ス気味に登って行くと道が途切れる。赤テ-プがある。左に踏み跡が道が上っている。「地図の尾根に乗る。赤テ-プ有り」の地点。 

新緑の樹林の中を急登して行く。踏み跡はハッキリしていて、テ-プ類も時々あり、迷うことはなかった。

Photo_8
                                                                 

 

左:ツツジもある。  右:大室山頂上に到着。展望はない。

Photo_9
                                                                    

 

三角点に向かう。最初は少し下る。右手の林の中にツツジの群落があった。

Photo_10
                                                               

 

左:平坦な尾根道を行くと、  右:三角点に着く。展望はない。

Photo_11
                                                          

 

三角点から東側に灌木の中を少し下ると展望が開ける。地図の展望地。わずかな草地。平坦ではない。  

左:展望地から。霧に覆われて展望は確認できなかったが、一瞬富士山が見えた。  右:戻る途中で見たツツジ。

Photo_2
                                                              

 

 

大室山頂上からは登った道を下るのはつまらないので、少し西側の斜面をブナ広場に向かって下ることにする。落ち葉の積もった斜面は急だったが、土は柔らかく、石類もなかったので快適に下れた。踏み跡も目印も何もなかった。GPSで確認しながら下る。 

左:大室山頂上に戻る。 右:下って少しはこんな林の中だが、

Photo_3
                                                                           

 

だんだんとブナなどの巨木が多くなる。見応え充分であった。この下山ル-トだから見られた景色だと思う。

Photo_4
                                                                         

 

左:斜面が緩やかになるころ、こんな根の巨木もあった。  右:ブナ広場に到着。往路と同じ道で車に戻る。

Photo_5
                                                              

 

富士風穴を見学して戻る。 左:富士風穴の入口。  右:富士風穴。

Photo_6


                                                                   

 

Photo

| | コメント (0)

2018年5月14日 (月)

秦野のバラ・2018

秦野のバラです。 2018年5月14日。

秦野カルチャ-パ-ク。

Photo


Photo_2
                                                                                                                                     

Photo_7




Photo_3
                                                         

 

 

県立秦野戸川公園。

Photo_4


Photo_5



Photo_6

|

2018年5月 7日 (月)

大峯奥駈道2018

大峯奥駈道。吉野-山上ケ岳-八経ケ岳-釈迦ケ岳-前鬼。

福岡の知人に奥駈道の参加を誘われて歩いて来ました。私は70代前半、60代後半の2人と3人で、1日約10時間強を3日間歩き通しました。3日間とも天候に恵まれました。

5月7日に記録記載。 8日に追加記載。

大峯奥駈道3。 4月28日。弥山小屋-八経ケ岳-楊子ケ原小屋-釈迦ケ岳-太古ノ辻-前鬼・小仲坊

早朝に弥山神社のある弥山を往復してから弥山小屋を出発。今日は展望のいい尾根道が多く、五鈷峰の岩場もあるが、コバイケイソウの群落が続く尾根もある。両部分け前後で岩場の足場の悪い所があるが、展望はいい。鉄鉢岩からは馬ノ背を通る急登が釈迦ケ岳頂上まで続く。ここまで出会った人は2人。

左:弥山小屋建物前にある道標。八剣山(はっけんやま)は八経ケ岳のこと。  右:八経ケ岳への登り。

Photo_5
                                                                               

 

左:八経ケ岳(はっきょうがたけ)頂上に到着。 右:頂上から弥山小屋が見える。

Photo_6
                                                                 

 

左:さらにこんな道も進むと、  右:明星ケ岳の道標がある弥山辻に着く。明星ケ岳へは登らず。

Photo_7
                                                                                    

 

左:展望が開ける尾根道。  右五鈷峰の西側の岩場を越える。

Photo_8
                                                                          

 

左:五鈷峰(ごこほう)。  右:コバイケイソウの群落の中を歩く。けっこう長く続く。

Photo_9
                                                                  

 

左:さらに歩いてコバイケイソウと東がわの展望。  右:1693mピ-クを巻く。

Photo_10
                                                                           

 

左:楊枝ノ森(ようじのもり)の道標。コバイケイソウの群落が広がる。  右:楊子ノ宿小屋の前。

Photo_11
                                                                 

 

左:楊子ケ宿小屋(避難小屋)。  右:さらにこんな道を進み、

Photo_12
                                                                        

 

左:仏生嶽(ぶっしょうがたけ)の西側を巻く。  右:さらにこんな道を進むと、

Photo_13
                                                                

 

左:鳥の水の水場に着く。冷たくおいしかった。  右:水場のそばは展望がいい。

Photo_14
                                                          

 

左:孔雀岳は西がわを巻く。孔雀岳登り口。  右:少し行くと孔雀ノ覗。見下ろした谷間。

Photo_15
                                                                 

 

左:こんな尾根も辿る。正面は釈迦ケ岳。展望はいいが、同じような高さの山が連なるので山の名前はわからない。  右:岩場のひとつ両部分け。

Photo_16
                                                                   

 

左:両部分けの岸壁。  右:岸壁に咲いていたオオミネコザクラ。

Photo_17
                                                           

 

左:手前の空鉢岳(くはちだけ)から釈迦ケ岳。  右:鉄鉢岩。岩の左上に皿状の岩が乗っている。

Photo_18
                                                                 

 

左:鉄鉢岩の下を左から巻いて登る。 右:ヤセ尾根に出る直前のササ原の斜面。

Photo_19
                                                                       

 

左:馬ノ背を通過。  右:釈迦ケ岳直前の急登。

Photo_20
                                                                                       

 

左:釈迦ケ岳の頂上に到着。360度の展望。  右:頂上の釈迦像。

Photo_21
                                                                    

 

 

釈迦ケ岳からは急登はほとんどなく、楽なコ-スだろうが、小仲坊までの下りはさすがに疲れた。でも太古ノ辻までは展望もあり、満開のつつじも見られ、今日もいい山旅でした。小仲坊まで出会った人は7人。小仲坊の宿泊者は5人。

左:しばらく下ると旭登山口分岐。  右:さらにこんな斜面を下って行く。

Photo_23
                                                            

 

左:眼下に深仙(じんせん)の宿の灌頂堂(かんちょうどう)と避難小屋が見えてくる。  右:避難小屋前からの眺め。

Photo_24
                                                           

 

左:避難小屋から少し登って振り返る。  右:さらに登っていくと、

Photo_27



                                                       

 

左:ツツジが満開の道も辿り、少しくだると、  右:大日岳分岐に着く。

Photo_26
                                                             

 

左:大日岳登山の注意書きがあるが、 右:大日岳に登ってきた人がいる。後方は大日岳。

Photo_28
                                                                    

 

左:さらにこんな道も下って行くと、  右:太古ノ辻に到着。

Photo_29
                                                                                                                              

 

左:太古ノ辻から大日岳を望む。  右:出だしはこんな感じだが、この先、階段の急な下りが多く、さすがに疲れ、2人に遅れることしばしば。

Photo
                                                           

 

左:長い階段が現れる。  右:いったん沢に降りる。

Photo_2
                                                                      

 

左:こんな道も下って行くと、  右:二つ岩の所に到着。

Photo_3
                                                                

 

さらに長い急な階段が時々現れる。

Photo_5
                                                               

 

左:ゆるやかな下りになり、  右:ようやく前鬼・小仲坊(ぜんき・こなかぼう)に到着。小さな風呂場でようやく汗を流した。宿のご夫婦は話し好きで、食事中一緒にビ-ルをのみながら、私たちで今回の山旅の話をする間もないくらいでした。

Photo_6
                                                            

 

4月29日。 小仲坊-熊野市駅-新幹線-自宅。                                                              

前鬼口からのバスは休日は夕方1本のみ、ということで、同宿した関西の人が熊野市駅から電車に乗るということで4人でタクシ-を呼んで早く帰ることにした。小仲坊を8時出発。タクシ-代は小仲坊から熊野市駅まで約16000円。小仲坊から前鬼口まで道路を2時間半歩き、さらに大和上市駅までバスで2時間強の行程を考えれば楽だし、安い。おかげで予定では自宅に24時着予定が、16時着。                                                          

左:前鬼口。  右:前鬼口のバス停。大和上市駅まで平日は朝1本、土日などは夕方1本しかバスはない。

Photo_7
                                                                 

 

弥山小屋までは、大峰奥駈道2 をご覧ください。                                                   

 

文字が小さく見にくいときは、拡大してご覧ください。                                       

Photo_22

| | コメント (0)

2018年5月 5日 (土)

大峯奥駈道2018

大峯奥駈道。吉野-山上ケ岳-八経ケ岳-釈迦ケ岳-前鬼。

福岡の知人に奥駈道の参加を誘われて歩いて来ました。私は70代前半、60代後半の2人と3人で、1日約10時間強を3日間歩き通しました。3日間とも天候に恵まれました。

大峯奥駈道2。 5月5日記録記載。 

4月27日。 小笹ノ宿避難小屋-阿弥陀ケ森分岐-大普賢岳-行者還岳-一ノ垰-弥山小屋

今日も長丁場ということで、6時に小屋を出発。弥山まで長い尾根歩きが続く。標高が高いので美しい雑木林はまだ芽吹いていなかった。岩場、クサリ場も多く、標高差大きくはないが、アップダウンが多くきつい行程だったが、気持ちのいいササ原の尾根、コバイケイソウの群落、展望も時々あり、変化のあるコ-スで楽しめた。 この日、出会ったのは奥駈出合までは3人。奥駈出合から弥山小屋までは行者還トンネルから八経ケ岳の往復する人たちが大勢。

左:小笹(おざさ)ノ宿避難小屋を出発。  右:すぐにこんな道になる。

Photo
                                                                 

 

左:さらに尾根を歩き、  右:阿弥陀ケ森(あみだがもり)分岐に到着。

Photo_2
                                                                                   

 

大普賢岳に向かう尾根。

Photo_3
                                                               

 

左:小普賢岳(こふげんだけ)に到着。 右:大普賢岳に向かう途中で展望が開けた。

Photo_4
                                                              

 

左:大普賢岳の登り。  右:大普賢岳(だいふげんだけ)に到着。

Photo_5
                                                           

 

左:大普賢岳の標識。  右:大普賢岳頂上からの展望。

Photo_6
                                                                 

 

左:大普賢岳からの下り。  右:10分ほど下るとササ原の道になる。

Photo_7
                                                                 

 

左:水太覗(みずふとのぞき)。  右:水太覗から見下ろす谷間。

Photo_8
                                                                 

 

左:さらにこんな尾根を辿ると、 右:国見岳のトラバ-スになる。国見岳の登り口。

Photo_9
                                                                

 

七曜岳への道。

Photo_10
                                                             

Photo_11
                                                                

 

左:七曜岳に到着。  右:七曜岳から20分くらいの道。

Photo_12
                                                                

 

行者還岳向かう尾根道。

Photo_13
                                                              

 

左:行者還岳分岐。  右:行者還岳への登り。

Photo_15


                                                          

 

左:行者還岳(ぎょうじゃがえりたけ)頂上に到着。  右:行者還岳分岐。

Photo_14
                                                          

 

左:行者還岳を左から巻く道はこんな所もある。  右:行者還小屋。

Photo_21
                                                                 

 

1486mピ-クにかけてコバイケイソウの群落が見られる。

Photo_22
                                             

 

左:コバイケイソウの群落の中にたくさんのヤマシャクヤクが見られた。  右:さらにこんな尾根を進むと、

Photo_23

                                


左458mピ-クを越えて、 左:一ノ垰(いちのたわ)に着く。  右:奥駈道出合手前のコバイケイソウの群落の尾根道。  

Photo_24
                                           

 

左:奥駈道出合。  右:さらに進むとこんな道もある。

Photo_25


 

左:弁天ノ森。  右:さらにこんな道も、

Photo_26


 

左:そしてこんな道も、  右:展望が開ける所もある。

Photo_27


 

左:聖宝(しょうほう)ノ宿址の標柱。  右:聖宝ノ宿址付近はコバイケイソウの大群落。

Photo_28


 
 


弥山小屋への急な登りが続く。

Photo_29


 

左:やっと弥山(みせん)小屋の屋根が見えてきた。  右:弥山小屋に到着。今夜の宿泊者は8人。

Photo_31
                                                        

 

吉野-山上ケ岳-小笹ノ宿避難小屋までは、大峯奥駈道1 をご覧ください。

弥山小屋-釈迦ケ岳-小仲坊までは、 大峰奥駈道3 をご覧ください。                                  

 

文字等が小さくて見にくいときは拡大してご覧ください。

Photo_4

| | コメント (0)

2018年5月 3日 (木)

大峯奥駈道2018

大峯奥駈道。吉野-山上ケ岳-八経ケ岳-釈迦ケ岳-前鬼。

福岡の知人に奥駈道の参加を誘われて歩いて来ました。私は70代前半、60代後半の2人と3人で、1日約10時間強を3日間歩き通しました。3日間とも天候に恵まれ、ブナなどの美しい尾根、岩場、クサリ場、階段、コバイケイソウの群落など、変化のある楽しめた山行でした。

しかし、私は10kg強の荷物なのに、2人は15kg前後の荷物でしたが、2人は元気。私は釈迦ケ岳から前鬼までの下りはさすがに疲れ、2人から遅れることしばしばでした。

大峯奥駈道1。

4月25日(水)  吉野駅-民宿太鼓判

自宅を9時ころ出発して、新幹線で京都で近鉄に乗り換えて吉野へ。ところが大雨の影響で橿原神宮前から吉野行の特急(大阪からくる)が運休で吉野着が予定より遅れる。知人は迂回径路で大変だったらしい。吉野駅から宿泊する上千本の民宿太鼓判まで約1時間、急な登りが続く道路を歩く。

左:吉野駅。  右:民宿太鼓判。

Photo
                                                            

 

5月1日に記録記載。 3日に記録追加記載。

4月26日(木)  太鼓判-金峯神社-四寸岩山-大天井ケ岳-五番関-山上ケ岳-小笹ノ宿避難小屋

今日から長丁場ということで白々と明けた宿を5時過ぎに出発。金峯神社の入口まで道路を歩く。百丁茶屋付近までは植林帯の道が多い。時々現れる雑木林は新緑がきれいだ。標高が高くなると冬枯れの景色。全コ-ス樹林の中なのでほとんど展望はない。冬枯れの雑木林の間に時々展望がある。 この日、出会ったのは5人。

左:太鼓判そばの高城山方面に向かう道路。  右:高城山展望台のバス停。

Photo_2
                                                              

 

左:金峯神社の入口。  右:金峯神社の前。

Photo_3
                                                           

 

左:青根ケ峰は登らず右側から巻く。  右:一旦道路に降りる。地図のA地点。

Photo_4
                                                           

 

しばらく道路を歩き、左:四寸岩山入口。  右:四寸岩山への登り。

Photo_5
                                                            

 

左:さらにこんな登りも。  右:四寸岩山(よんすんいわやま)に到着。

Photo_6
                                                                                                               

 

四寸岩山からこんな道もあるアップダウンを繰り返していくと

Photo
                                                                                                                     

 

左:道路に出て(B地点)、  右:すぐに道路から山道に入る。

Photo_2
                                                                                                               

 

左:百丁茶屋が見えてくる。  右:百丁茶屋に到着。

Photo_3
                                                                                                                           

 

さらに尾根を辿って行くと、左:モノレ-ルぞいになる。  右:しばらく行くと狭い平坦地(大天井茶屋跡)になり展望が開ける。

Photo_4
                                                                                                                   

 

左:大天井ケ岳頂上手前の岩場。  右:大天井ケ岳(おおてんじょうがたけ)頂上に到着。

Photo_5
                                                                                                               

 

左:五番関に向かう道。  右:五番関の大峯奥駈道の標柱。

Photo_9
                                                                       

 

左:すぐにこんな急斜面のトラバ-ス。  右:沢状の道。

Photo_10
                                                                   

 

左:雑木林の美しい尾根道。  右:クサリのある岩場もある。

Photo_11
                                                                     

 

左:さらに辿ると、  右:洞辻(どろつじ)茶屋に到着。

Photo_12
                                                                        

 

左:急な階段の登り。  右:鐘掛岩(かねかけいわ)の石柱。

Photo_13
                                                             

 

左:西ノ覗岩を過ぎ、さらに登ると、  右:大峰山寺(おおみねさんじ)。

Photo_14
                                                                    

 

左:山上ケ岳(さんじょうがたけ)頂上に到着。単発で登った8年前以来です。  右:頂上のササ原の尾根。

Photo_15
                                                                    

 

左:大峰山寺の奥駈の起点の標柱。  右:しばらく行くとこんな尾根道になる。

Photo_16
                                                                  

 

左:こんな道も歩き、  右:柏木(阿古滝)分岐を通過。。

Photo_17
                                                                 

 

左:こんな岸壁の下を通過すると、すぐに、  右:小笹(おざさ)ノ宿避難小屋に着く。

Photo_18
                                                                   

 

左:小笹ノ宿避難小屋。板敷に4人、土間に2人くらいが泊まれる広さ。寝具なし。今回は小屋に泊まれない事も考えてテントを持参。先着1名で小屋に泊まれた。  右:小屋のすぐそばにある水場。

Photo_19




大峯奥駈道2。 4月27日の小笹ノ宿避難小屋-大普賢岳-行者還岳-弥山小屋。 は大峰奥駈道2 をクリックしてください。 



文字が小さく見にくいときは拡大してご覧ください。


Photo_3








| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »