« 御嶽神社例大祭2018 | トップページ | 大峯奥駈道2018 »

2018年5月 3日 (木)

大峯奥駈道2018

大峯奥駈道。吉野-山上ケ岳-八経ケ岳-釈迦ケ岳-前鬼。

福岡の知人に奥駈道の参加を誘われて歩いて来ました。私は70代前半、60代後半の2人と3人で、1日約10時間強を3日間歩き通しました。3日間とも天候に恵まれ、ブナなどの美しい尾根、岩場、クサリ場、階段、コバイケイソウの群落など、変化のある楽しめた山行でした。

しかし、私は10kg強の荷物なのに、2人は15kg前後の荷物でしたが、2人は元気。私は釈迦ケ岳から前鬼までの下りはさすがに疲れ、2人から遅れることしばしばでした。

大峯奥駈道1。

4月25日(水)  吉野駅-民宿太鼓判

自宅を9時ころ出発して、新幹線で京都で近鉄に乗り換えて吉野へ。ところが大雨の影響で橿原神宮前から吉野行の特急(大阪からくる)が運休で吉野着が予定より遅れる。知人は迂回径路で大変だったらしい。吉野駅から宿泊する上千本の民宿太鼓判まで約1時間、急な登りが続く道路を歩く。

左:吉野駅。  右:民宿太鼓判。

Photo
                                                            

 

5月1日に記録記載。 3日に記録追加記載。

4月26日(木)  太鼓判-金峯神社-四寸岩山-大天井ケ岳-五番関-山上ケ岳-小笹ノ宿避難小屋

今日から長丁場ということで白々と明けた宿を5時過ぎに出発。金峯神社の入口まで道路を歩く。百丁茶屋付近までは植林帯の道が多い。時々現れる雑木林は新緑がきれいだ。標高が高くなると冬枯れの景色。全コ-ス樹林の中なのでほとんど展望はない。冬枯れの雑木林の間に時々展望がある。 この日、出会ったのは5人。

左:太鼓判そばの高城山方面に向かう道路。  右:高城山展望台のバス停。

Photo_2
                                                              

 

左:金峯神社の入口。  右:金峯神社の前。

Photo_3
                                                           

 

左:青根ケ峰は登らず右側から巻く。  右:一旦道路に降りる。地図のA地点。

Photo_4
                                                           

 

しばらく道路を歩き、左:四寸岩山入口。  右:四寸岩山への登り。

Photo_5
                                                            

 

左:さらにこんな登りも。  右:四寸岩山(よんすんいわやま)に到着。

Photo_6
                                                                                                               

 

四寸岩山からこんな道もあるアップダウンを繰り返していくと

Photo
                                                                                                                     

 

左:道路に出て(B地点)、  右:すぐに道路から山道に入る。

Photo_2
                                                                                                               

 

左:百丁茶屋が見えてくる。  右:百丁茶屋に到着。

Photo_3
                                                                                                                           

 

さらに尾根を辿って行くと、左:モノレ-ルぞいになる。  右:しばらく行くと狭い平坦地(大天井茶屋跡)になり展望が開ける。

Photo_4
                                                                                                                   

 

左:大天井ケ岳頂上手前の岩場。  右:大天井ケ岳(おおてんじょうがたけ)頂上に到着。

Photo_5
                                                                                                               

 

左:五番関に向かう道。  右:五番関の大峯奥駈道の標柱。

Photo_9
                                                                       

 

左:すぐにこんな急斜面のトラバ-ス。  右:沢状の道。

Photo_10
                                                                   

 

左:雑木林の美しい尾根道。  右:クサリのある岩場もある。

Photo_11
                                                                     

 

左:さらに辿ると、  右:洞辻(どろつじ)茶屋に到着。

Photo_12
                                                                        

 

左:急な階段の登り。  右:鐘掛岩(かねかけいわ)の石柱。

Photo_13
                                                             

 

左:西ノ覗岩を過ぎ、さらに登ると、  右:大峰山寺(おおみねさんじ)。

Photo_14
                                                                    

 

左:山上ケ岳(さんじょうがたけ)頂上に到着。単発で登った8年前以来です。  右:頂上のササ原の尾根。

Photo_15
                                                                    

 

左:大峰山寺の奥駈の起点の標柱。  右:しばらく行くとこんな尾根道になる。

Photo_16
                                                                  

 

左:こんな道も歩き、  右:柏木(阿古滝)分岐を通過。。

Photo_17
                                                                 

 

左:こんな岸壁の下を通過すると、すぐに、  右:小笹(おざさ)ノ宿避難小屋に着く。

Photo_18
                                                                   

 

左:小笹ノ宿避難小屋。板敷に4人、土間に2人くらいが泊まれる広さ。寝具なし。今回は小屋に泊まれない事も考えてテントを持参。先着1名で小屋に泊まれた。  右:小屋のすぐそばにある水場。

Photo_19




大峯奥駈道2。 4月27日の小笹ノ宿避難小屋-大普賢岳-行者還岳-弥山小屋。 は大峰奥駈道2 をクリックしてください。 



文字が小さく見にくいときは拡大してご覧ください。


Photo_3








|

« 御嶽神社例大祭2018 | トップページ | 大峯奥駈道2018 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 御嶽神社例大祭2018 | トップページ | 大峯奥駈道2018 »