« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月30日 (金)

秦野の紅葉2018

東電新秦野変電所周辺の紅葉。  2018年11月29日。

東電新秦野変電所の周辺を歩いて写真を撮ってきました。秦野随一のモミジの紅葉です。

Photo


Photo_2


Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6


Photo_7

|

2018年11月26日 (月)

鬼ケ岳-鍵掛峠

根場-雪頭ケ岳-鬼ケ岳-鍵掛峠-根場。  2018年11月24日。

3連休の真ん中で富士五湖あたりは混むかなと思いましたが、友人と二人で歩いて来ました。初めてのコ-スです。二人とも70代前半ですが、まあまあのペ-スで歩けました。鬼ケ岳頂上で時間もあり、天気もいいので予定通り節刀ケ岳を往復しました。天気がよく、鬼ケ岳頂上はほぼ360度の展望。各ピ-クも展望を楽しめ、いい山行でした。いやしの里根場の登山者用の広い駐車場に駐車。

西湖いやしの里根場(ねんば)登山者用駐車場(標識あり)。無料。

Photo
                                                                    

 

左:東入川沿いの道路に入る。鬼ケ岳の道標がある。すぐ先にキャンプ場がある。  右:キャンプ場の先で大きなえん堤の下になる。  

Photo_2
                                                                    

 

左:さらに林道を歩いて行くと、  右:林道の終点。

Photo_3
                                                                    

 

左:すぐに急な登りになる。  右:急斜面を急登して行く。

Photo_4
                                                                                     

 

左:カラマツ林の斜面の登りになる。木々の間に富士山が見えた。しばらくすると尾根に乗る。  右:雑木林の尾根になり、ブナの木も多くなる。急登。

Photo_5
                                                                   

 

左:ぶな原生林の標識の地点。  右:しばらく登ると、霧氷の尾根が見えた。

Photo_6
                                                                      

 

左:時々うっすらと雪のある尾根をさらに急登して行くと、  右:富士山がよく見える所がある。

Photo_7
                                                                      

 

左:さらに急登して行くと、 右:富士山の好展望地、と思ったら雪頭ケ岳の頂上であった。

Photo_8
                                                                              

 

左:雪頭ケ岳(せっとうがたけ)に到着。  右:精進湖と本栖湖南側の山。

Photo_9
                                                                  

 

左:雪頭ケ岳頂上から富士山と眼下に西湖の眺め。

Photo_10
                                                                

 

鬼ケ岳に向かう雪頭ケ岳からの下り。雪が積もっている所もありました。

Photo_17


                                                                           

左:ハシゴを登って、  右:目の前の鬼ケ岳。霧氷がまだ残っていた。

Photo_12
                                                                          

 

左:鬼ケ岳頂上手前の登り。  右:鬼ケ岳頂上に到着。

Photo_13
                                                                                

 

鬼ケ岳頂上からの展望。右のピ-ク・甲斐駒ケ岳から左へ白根三山など南アルプス。

Photo_14
                                                                                

 

鬼ケ岳頂上から富士山を望む。

Photo_21
                                                                

 

鬼ケ岳頂上から東がわを望む。手前のピ-クは十二ケ岳。奥の山並みの名は分かりません。

Photo_22
                                                                                

 

鬼ケ岳頂上から鍵掛峠の尾根。鍵掛峠の位置はよく分かりません。手前は頂上の霧氷。遠方は南アルプスの山並み。八ヶ岳も見えました。

Photo_24
                                                          

 

鬼ケ岳から節刀ケ岳に往復しました。 11月26日記載。                                                

鬼ケ岳頂上から少し下った所から望む金山から節刀ケ岳の尾根。。

Photo_29






金山に向かう尾根。

Photo_25
                                                                 

 

左:金山頂上に到着。  右:金山から富士山を望む。展望はこの方面だけ。

Photo_26
                                                            

 

節刀ケ岳への尾根。雪が積もった所もあった。

Photo_27
                                                                   

 

左:頂上少し手前の急登。  右:節刀ケ岳頂上に到着。

Photo_28
                                                                 

 

節刀ケ岳(せっとうがたけ)頂上から富士山を望む。

Photo_30
                                                                                  

 

眼下に河口湖。

Photo_31
                                                                  

 

南アルプスを遠望。

Photo_32
                                                              

 

鬼ケ岳から鍵掛峠へ。

鬼ケ岳に戻ってきました。左:鬼ケ岳頂上直前の急登。  右:鬼ケ岳頂上に到着。

Photo_34
                                                                   

 

左:すぐに急降下。  右:ゆるやかに登り返して、

Photo_35
                                                             

 

左:急な下りが続く。  右:地図の小岩峰の所に到着。

Photo_36



小岩峰から富士山を望む。

Photo_37




左:すぐに短いがこんな下り。  右:登り返しの途中で。

Photo_38
                                                                  

 

こんな尾根を辿る。

Photo_39
                                                                

 

左:さらに尾根を辿り、  右:鍵掛峠に到着。

Photo_40





鍵掛峠からの展望。右下眼下に西湖いやしの里根場。

Photo_41
                                                                                                                                                                                                                                                     

 

鍵掛峠から根場へ下る。 27日に記載。

左:鍵掛峠から下るとすぐにこんな所を通過するが、  右:気持ちのいい雑木林の下りになる。石や根っこ、などがほとんどなく、枯れ葉の気持ちのいい歩きやすい道であった。

Photo
                                                                      

 

左:ブナ原生林の標識の地点を通過。  右:さらに急な下りが続く。

Photo_2
                                                                   

 

左:こんな所も通過して、  右:気持ちのいい雑木林の急斜面をジグザグに下る。

Photo_3
                                                                    

 

左:地図のえん堤・道標の地点。  右:植林帯の下りになる。

Photo_4
                                                                  

 

左:林道に降りた地点。  右:林道を歩く。

Photo_5
                                                                         

 

左:西湖いやしの里横を通る。  右:いやしの里の茅葺の家。

Photo_6
                                                                    

 

駐車場の入口。

Photo_7






Photo_16



| | コメント (0)

2018年11月21日 (水)

秦野ぶらり散歩13・戸川公園

秦野ぶらり散歩13。 県立秦野戸川公園。  2018年11月21日。

天気がよかったので、戸川公園を歩き回って写真を撮ってきました。木々もだいぶ色づいてきていました。

茶室・おおすみ山居の入口。

Photo
                                                          

Photo_2
                                                                        

Photo_3
                                                                   

Photo_4
                                                                             

 

後方の山は左から三ノ塔、二ノ塔。                                                                   

Photo_5
                                                                  

 

皇帝ダリアと名残りのザル菊。                                                                      

Photo_6
                                                                

Photo_7
                                                                  

Photo_8
                                                                  

 

吊り橋から上流の水無川。                                                             

Photo_9
                                                                     

 

スポ-ツセンタ-付近から見た風の吊り橋。                                                   

Photo_10


|

2018年11月17日 (土)

ダルマ沢ノ頭-西ケ尾

シダンゴ山-ダルマ沢ノ頭-西ケ尾。  2018年11月15日。

15日、朝起きると雲ひとつない青空が広がっている。何も予定がなかったので、どこか歩いてこようと急いで支度をする。近場、ということで、まずシダンゴ山。その先は歩いたことのないダルマ沢ノ頭-西ケ尾の尾根を歩いてみることにする。展望が良ければいい景色が見れると思って出かけたが、展望のいいのはシダンゴ山頂上だけだった。

シダンゴ山-ダルマ沢ノ頭-西ケ尾-ヒネゴ沢乗越の尾根は植林帯が続き展望はほとんどなし。期待はずれであった。林道秦野峠分岐からヒネゴ沢乗越までは道標はなく、目印のテ-プなどもほとんどなかった。杉やヒノキの小枝や葉が散乱していて踏み跡も明瞭でない所が多かった。尾根を歩くので迷うことはなかったが、ル-ト判断が必要な場所もある。

バスは小田急線新松田駅から寄(やどりき)行で終点下車。

左:休養村管理センタ-・寄バス停前の駐車場。 右:民家がなくなり、農道を登って行くとトイレがある。

Photo
                                                                      

 

左:かなり急な農道を登る。  右:農道の終点にシカ柵がある。

Photo_2
                                                                           

 

左:ゆるやかな道を交えて登って行くと。  右:林道終点に出る。

Photo_3
                                                                               

 

左:樹林帯の中を急登していくと、  右:アセビの間を通り、

Photo_4
                                                                           

 

左:シダンゴ山頂上に到着。  右:頂上から見える富士山はこんな感じ。

Photo_5
                                                                      

 

北がわの展望。手前右のピ-クは鍋割山、中央奥に蛭ケ岳。

Photo_6
                                                                       

 

南がわの展望。テーブルの先に見える山は、左から三ノ塔、二ノ塔、大山。南がわには相模灘などの展望が広がる。

Photo_7
                                                                      

 

シダンゴ山由来の説明版。

Photo_8
                                                                       

 

左:シダンゴ山頂上からすぐに急な階段の下り。  右:宮地林道終点。

Photo_9
                                                                       

 

左:宮地林道終点からひと登りすると虫沢林道に出る。正面の急な階段を登る。  右:さらに急な階段の登りが続く。

Photo_10
                                                                           

 

左:812mピ-クを越え、緩やかな尾根道から、 右:急登すると、

Photo_11
                                                                           

 

ダルマ沢ノ頭に到着。樹林の中で展望はなかった。

Photo_12
                                                                 

 

左:すぐに急な階段の下り。  右:ゆるやかな尾根道を挟み、871mピ-クを越えると、

Photo_13
                                                                                 

 

林道秦野峠分岐に着く。道標は高松山方面は、(高松山方面)の表示。

Photo_14
                                                                           

 

秦林道野峠分岐から西ケ尾-ヒネゴ沢乗越まではバリエ-ションル-ト。道標、目印のテ-プなどはなかった。檜などの枝や葉が散乱していて、踏み跡が不明瞭な所がある。各ピ-クでの展望はなかた。たまに樹間に何とか少し展望がある程度であった。

秦野峠分岐からピ-クを2つほど越えて行くときに右手に富士山が樹間に見えた。

Photo_17
                                                                       

 

尾根が南下していくと急な下りになる。檜などの小枝や葉が散乱して、踏み跡が不明瞭な所が多くなる。

Photo_18
                                                                  

 

左:巡視路の黄色い標識の地点。  右:ゆるやかに登り返すと731mピ-クにある29号鉄塔の下を通過。

Photo_19
                                                                   

 

左:下って急登で登り返して、  右:ピ-クを越える。

Photo_20
                                                              

 

西ケ尾の手前で右手に富士山が樹間に見えた。

Photo_21
                                                                   

 

左:西ケ尾の急登で、  右:左手後方に山が見えた。山名はわかりません。

Photo_22
                                                              

 

西ケ尾頂上に到着。樹林の中で展望はなかった。山名を示す標識は手製の小さな標識のみ。注意しないと見逃す。

Photo_23
                                                                                                                                       

 

足場の悪い道もある急な下りをヒネゴ沢乗越に向かう。写真の見た目より急。

Photo_25
                                                                 

 

ヒネゴ沢乗越に到着。山北町八丁と松田町寄を結ぶ峠道で、花嫁も通ったことからはなじょろ道と言われている。

Photo_26
                                                                 

 

左:急な斜面の道を下って行くと、  右:沢に架かる橋を渡る。

Photo_27
                                                                    

 

橋を渡るとすぐに炭焼き窯跡の横を下る。 すぐにまた沢を渡り返して、

Photo_28
                                                                       

 

左:急斜面をトラバ-スぎみに下って行く。右下はヒネゴ沢の谷間。  右:虫沢古道を守る会の人たちが建てた道標の上には動物の彫刻が置かれている。

Photo_29
                                                                 

 

ヒネゴ橋に到着。林道をしばらく歩いて行くと、民家が現れ、さらに虫沢川沿いの道路を歩く。

Photo_30
                                                             

 

左:谷戸口橋に到着。  右:田代橋。橋を渡って左岸の狭い道路を駐車場に向かう。

Photo_31


ヒネゴ沢乗越-高松山は 丹沢の峠・ヒネゴ沢乗越久里峠 をご覧ください。


Photo_32

| | コメント (0)

2018年11月14日 (水)

我が家の皇帝ダリア

我が家の皇帝ダリア。  2018年11月14日。

背丈が屋根までの高さになり、見ごろになってきました。皇帝ダリアは別名木立ダリア。原産地はメキシコ~中米。キク科テンジクボタン属。

このところ秦野ぶらり散歩も山歩きも都合がつかず、我が家の皇帝ダリアが見ごろになってきたので載せました。

Photo


Photo_2

|

2018年11月 9日 (金)

秦野ぶらり散歩12・南が丘

秦野ぶらり散歩12。 南が丘地区など。  2018年11月8日。

予定していた山行が都合で中止になったりして、南が丘辺りをちょっと歩いてきました。丹沢、箱根、富士山の展望も楽しめました。

左:県道62号線の総合高校入口の交差点から南が丘へ歩く。登りの道路を歩いて行くと右手後方に丹沢の山並みが見えてくる。  右:南が丘の学校や団地には桜の木が多い。

Photo
                                                                    

 

団地の左手に立野緑地がある。まだ木々は緑いっぱいであった。

Photo_2
                                                                    

 

左:的橋(まとうばし)をくぐる手前の交差点で左へ。 右:南が丘公民館のそばから的橋を渡ると、みなみが丘西公園の前に。

Photo_3
                                                                  

 

左:道路に出て右へ少し行くと、総合高校の前で左の狭い道路を震生湖方面に歩く。  右:すぐに畑の向こうに富士山が見えてくる。

Photo_4
                                                                                       

 

尾根道になり、箱根連山も見えた。左奥に二子山、右の大きなピ-クは明神ケ岳。

Photo_5
                                                                  

 

配水場の横から富士山を望む。

Photo_6
                                                                   

 

震生湖0.8kmの道標の所から丹沢連山を望む。

Photo_7
                                                                      

 

震生湖0.8kmの道標の所から上町の交差点に下る。右へ62号線の歩道を歩く。右手は畑が続く。時々狭い農道が上がっているので登ってみると展望がある。

Photo_8
                                                                                

 

富士山が見える所もある。  総合高校入口の交差点に戻る。

Photo_9




Photo_14





|

2018年11月 4日 (日)

秦野カルチャ-パ-ク秋バラ

秦野市市民の日の行事を見に、カルチャ-パ-クを歩き回り、公園内の秋バラを撮ってきました。  2018年11月3日。

水無川河川敷の模擬店。

Photo
                                                                        

 

水無川河川敷の子供造形展。後方の山は檜岳稜線。

Photo_2
                                                                      

 

カルチャ-パ-ク内の秋バラです。

Photo_3

Photo_8



Photo_5

Photo_6

Photo_7
                                                                            

 

後方の山は、右端から大山、左へ三ノ塔、表尾根、塔ノ岳、鍋割山稜

Photo_10












|

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »