« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月29日 (土)

名古木やま便り

この1年、ブログ名古木やま便りをご覧いただきありがとうございます。今年は天候不順な日も多く、予定した山行も実施できないことがありましたが、いい山登りも多くできたと思います。秦野ぶらり散歩は気分次第の更新でした。ブログ更新の間があくことがありますが、山行記録や秦野ぶらり散歩を続けますのでこれからもブログ名古木やま便りをご覧いただければ幸いです。皆様、良いお年をお迎えください。

県立秦野戸川公園にて。 2018年12月28日撮影。

Photo
                                                                 

Photo_2
                                                             

 

菩提付近の茶畑から西側を望む。 2018年12月18日撮影。

Photo_3



|

2018年12月20日 (木)

岩古谷山-鞍掛山

和市・岩古谷山登山口-岩古谷山-びわくぼ峠-鞍掛山-塩津登山口。 2018年12月18日。

久しぶりに遠出の山行です。東海自然歩道になっている岩古谷山-鞍掛山を夫婦で初めて歩いて来ました。自宅を朝5時に出発。愛知県設楽町和市の岩古谷山登山口に8時30分ころ到着。低山の縦走でしたが、岩古谷山の岩場のルートは手すりやロ-プなども張ってあり、特に危険と感じることもなく、適度な緊張感で楽しめました。鞍掛山までは短いが急な登り下りがあるピ-クをいくつも越える意外と歩きでのあるコ-スでした。曇り空ながら時々陽も差す天気で、展望も割とありましたが、冷たい風が少し強く、展望のいい所やピークで休憩もできず、でした。

1.和市・岩古谷山登山口-堤石峠-岩古谷山(いわこややま)。 20日に記載。

和市の岩古谷山登山口と駐車スペ-ス。約7台。

Photo
                                                           

 

左:民家横を少し登ると東海自然歩道に合流。その先で道路を横切る。  右:道路を横切り、杉並木の登りになる。

Photo_2
                                                                

 

左:植林帯の急斜面につけられた13曲がりの標識。  右:さらに急登して行く。

Photo_3
                                                              

 

堤石峠に到着。展望はなかた。

Photo_4
                                                                   

 

左:尾根道を10分近く歩くと、  右:急な階段の下り。下るとすぐに岩古谷山への登りになる。

Photo_5
                                                                  

 

前の写真の階段を下る所から見た岩古谷山への登り。

Photo_16



                                                              

 

急斜面に付けられた急な階段を登る。

Photo_7
                                                                    

 

 

 

次はこんな急な岩場を登り、

Photo_9
                                                                

 

 

さらに尾根を急登していくと、

Photo_15

                                                        

 

 

岩の小ピ-クに着く。展望がいい。岩古谷山頂上のすぐ手前。ゆっくりしたかったが風が冷たいのでパス。

Photo_10
                                                                  

 

眼下の景色。

Photo_11
                                                                  

 

すぐに岩古谷山頂上に到着。展望がいいのは東がわだけ。

Photo_12
                                                                  

 

頂上のすぐ先に小岩峰があり、岩古谷山頂の古い手製の標識がある。左手前方は鞍掛山方面の山。

Photo_13
                                 

 

 

2.岩古谷山-びわくぼ峠-鞍掛山。  21日に記載。

杉やひのき、雑木の樹林の尾根になり、展望が少なくなるが、巨木も楽しめた。岩場もあったり、意外と変化のある尾根だった。

左:小岩峰の岩古谷山頂上からすぐに急な階段の下り。  右:こんな尾根道もある。

Photo_20
                                                                 

 

左:こんな桟道も通過して、  右:さらに尾根道をたどる。

Photo_21
                                                            

 

707.7mピーク手前にあるベンチ。尾根は植林帯が多いが、自然林の美しい所もある。

Photo_9


                                                 

左:さらに急登して行くと、  右:鉄塔の下を通る。

Photo_22
                                                                  

 

さらにこんな道を辿り、                                                          

Photo_23
                                               

 

荒尾集落分岐に到着。

Photo_24
                                                   

 

荒尾集落分岐から7分ほど行くとこんな岩場の尾根になる。

Photo_25
                                                 

 

左手の展望が開けるところがあり、北方面に雪の山が見えた。山名はわかりません。

Photo_26
                                                 

 

東がわの展望。山の名前はわかりません。

Photo_27

                                         

左:ベンチがある所を通過すると、  右:のぼれば御殿岩の標識がある地点。

Photo_28

                                           

左:御殿岩に到着。  右:御殿岩(右の岩)の上からの展望。

Photo_33




左:短いがこんな岩の尾根がでてきた。  右:全コ-ス、こんな東海自然歩道の標識がたくさんある。

Photo_30
                                         

 

びわくぼ峠に到着。

Photo_31
                                                                                             

鞍掛山へはゆるやかな登りをはさむが急登が多い。

Photo
                                                 

 

鞍掛山(くらかけやま)に到着。樹林の中である。

Photo_2
                                                

 

頂上には東屋の休憩所もある。

Photo_3
                                                   

 

左:びわくぼ峠に戻りました。  右:すぐに急な下り。

Photo_4
                                                          

 

左:岸壁の下を下り、  右:植林帯の急斜面をジグザグに下る。

Photo_5
                                                

 

塩津登山口に到着。

Photo_6
                                                 

 

左:塩津登山口のすぐ先にトイレがある。トイレ前は小広い広場になっているが、地域送迎バスの旋回場所にもなっているらしい。  右:地図の交差点にある和市・岩古谷山登山口までの道順を示す案内板。

Photo_7


塩津登山口から案内板の通りに車道を約1時間歩いて岩古谷山登山口の駐車スペ-スに戻る。途中、民家もほとんどない谷あいの道路で、道中すれ違った車は数台。なので歩道はなかったがのんびり歩けた。しかし車道歩きはさすがに疲れました。




Photo_8




| | コメント (0)

2018年12月15日 (土)

名古木やま便り

12日,13日と雨が降り、かなり寒かったので、丹沢も雪が降ったかなと思い、14日はいい天気になり弘法山公園から表丹沢を見てみたら雪の気配がなかった。秦野ぶらり散歩もご無沙汰しており、山行も間があいていてブログの更新もままならず、です。

秦野市街と富士山。左の平らな尾根は松田山、右へ続く尾根は高松山方面。左はし奥は矢倉岳。

Photo
                                                                 

 

右の高いピ-ク塔ノ岳から左へ下る大倉尾根。左奥は鍋割山稜。

Photo_2



|

2018年12月10日 (月)

三ノ塔-よもぎ平

ヤビツ峠-三ノ塔-よもぎ平-ヤビツ峠。  2018年12月9日。

足ならしを兼ねて写真を撮りに行って来ました。ずいぶん久しぶりの三ノ塔-よもぎ平です。自宅近くのバス停で待ったヤビツ峠行のバスはやっと乗り込めるくらいの登山者でいっぱい。曇り空ながらまあまあの展望だったが、富士山は見えなかった。三ノ塔までは人が多かったが、よもぎ尾根では数人でした。

二ノ塔への登りでガレ場の所から振り返る。大山と左へ大山北尾根が下る。

Photo
                                                                        

 

二ノ塔への登りでガレ場の所から振り返る。真下に菩提原。左の手前のピ-クは岳ノ台。海はちょっと霞んでいた。

Photo_2
                                                                   

 

二ノ塔からの下りと三ノ塔。

Photo_3
                                                                   

 

ニノ塔からの下りでの展望。左から二子山、駒ケ岳、右の小さな三角ピ-クは金時山。富士山は見えなかった。

Photo_4
                                                                           

 

三ノ塔頂上。

Photo_5
                                                                       

 

三ノ塔頂上から眼下の烏尾山から奥中央の塔ノ岳に続く表尾根。

Photo_6
                                                            

 

表尾根とよもぎ尾根の分岐点からの展望。

Photo_7


                                                                    

よもぎ尾根はバリエ-ションル-トです。道標はありません。目印の赤テ-プなどは所々にありましたが、落葉などで踏み跡が不明瞭になっている所もありました。                                                

分岐点からよもぎ尾根に入ってすぐにモノレ-ルの起点。

Photo_8


                                                                 

起点から約10分ほどモノレ-ルが続く。

Photo_9
                                                                    

 

よもぎ尾根はナラやブナなどの雑木林が美しい。

Photo_10

 

よもぎ平に到着。

Photo_11
                                                                  

 

よもぎ平のブナなどの雑木林。前方奥のピ-クは三ノ塔北端。

Photo_12

 

左:よもぎ平から約15分下ると林道にでる。以前はなかった。キャンプ場まで林道を下った。どの辺りまで林道が上がっているかは今日はGPSをもって来なかったのでわかりません。  右:林道は雨のときはグチャグチャで歩けないだろう。以前の登山道はどこかわからなかった。

Photo_13

 

左:キャンプ場の登山口は以前のままだったが、登るとすぐに林道に出る。  右:BOSCOキヤンプ場の入口。

Photo_14
                                                

 

ヤビツ峠8時25分→8時43分富士見橋→9時44分二ノ塔9時46分→10時02分三ノ塔10時10分→10時12分分岐10時18分→10時48分よもぎ平10時57分→11時28分BOSCOキャンプ場11時37分→11時53分青山荘→12時16分ヤビツ峠


丹沢を歩く。よもぎ平もご覧ください。

地図は丹沢を歩く・よもぎ平の地図を使用しました。

Photo_17


|

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »