« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

高島トレイル2・中央分水嶺

高島トレイル。駒ケ岳-木地山峠-百里ケ岳-ナベクボ峠-地蔵峠-三国岳。 2019年4月21日-22日。

4月22日。ナベクボ峠-地蔵峠-岩谷峠-三国岳-丹波越-桑原。

1.若走路谷出合-ナベクボ峠-三国峠-地蔵峠-岩谷峠。 4月30日記載。

道の駅くつき新本陣を4時ころタクシ-で出発。若走路谷出合に着いたのが4時45分ころ。まだ薄暗い。ナベクボ峠までは道標もテ-プもなく、道も不明瞭が多いのは昨日の下山で分かっていたので、記憶を頼りに薄明りの中、ナベクボ峠を目指す。地図の迷の地点で左の沢に入ってしまい、少し行って間違いに気づき戻り、GPSで確認。

ナベクボ峠から地蔵峠まで道標は時々あり、テ-プも少しあった。ピ-クをいくつか越えるが、短いが急な登り下りもある。地蔵峠から岩谷峠までもピークをいくつか越えるが道標は時々あった。しかし高島トレイルの黄色のテ-プや他のテ-プはひとつもなかった。なので道標間は道が不明瞭になる所もあり、ル-ト判断が必要な所がある。樹林の尾根が続くので展望はない。今日は一人も出合わなかった。

左:若走路谷出合の三国峠登山口。まだ薄暗い。 右:ナベクボ峠に到着。標高約620m。

Photo_525 

                                                    

                                                    

左:すぐに急登が続く。 右:少しゆるやかになり、左がわが沢ふうになる。

Photo_526                                                        

                                                       

                                                   

左:急な斜面をひと登りすると、 右:三国峠(みくにとうげ)に到着。

Photo_527                                                   

                                                       

                                               

三国峠。国土地理院地形図は三国岳・776mとある。

Photo_528 

                                                         

                                                 

地蔵峠に向かう尾根。狭い尾根もある。

Photo_529                                                             

                                                       

                                                     

地蔵峠の林道に下る道。

Photo_531  

                                             

                                         

左:林道に降りた地点。林道を少し歩き、 右:地蔵峠に到着。標高約680m。

1                                             

                                               

                                            

地藏峠。前方にゲ-トがある、岩谷峠方面へは地蔵峠の標識の所から登る。登り口に岩谷峠などの道標や目印のテープなどはなく、踏み跡もハッキリしていなかった。

Photo_533

                                                     

                                                   

左:急登が続く。目印がないのでル-ト判断が必要。 右:稜線に出た地点。岩谷峠の道標はない。

Photo_534                                              

                                            

                                              

こんな稜線(尾根)を歩いて行く。植林帯が多くなってくる。落ち葉で踏み跡がハッキリしない。岩谷峠までいくつかのピ-クを越える。

Photo_535                                                  

                                               

                                            

左:この花がたくさん見られた。 右:カベヨシ・818mと思われるピ-ク。標識はなかったが地蔵峠2.0km、岩谷峠1.9kmと道標にあるので距離的にカベヨシとした。

Photo_536                                                   

                                               

                                                  

さらに尾根を辿る。ゆるやかな尾根が多い。

Photo_537                                                     

                                             

                                           

左:岩谷峠直前の下り。道はなかったので適当に下る。 右:岩谷峠に到着。

Photo_538                                                     

                                        

                                             

岩谷峠(いわたにとうげ)。標高約780m。

Photo_539                                                     

                                                       

                                                     

2.岩谷峠-三国岳-丹波越-桑原。 5月1日記載。

道標は時々あるが、テ-プ類はなかった。三国岳・丹波越分岐から丹波越までは道標は時々あり、高島トレイルの黄色テ-プは要所にあった。尾根は樹林の中で展望はほとんどない。急な登り下りは短い。

左:狭い尾根もある。 右:コブシの花も見られた。                                             

Photo_543                                              

                                                      

                                                 

左:こんな巨木もある。 右:斜面の道を行く。

Photo_544                                                 

                                                    

                                               

左:地図の桑原道標の地点。 右:桑原道標の地点から三国岳への登り。雪があった。

Photo_545                                                  

                                                

                                            

左:丹波越分岐の小ピ-クを越えて三国岳手前の登り。 右:三国岳頂上に到着。

Photo_546                                            

                                      

                                           

三国岳(さんごくだけ)。標高959m。高島トレイル終点の頂上。

Photo_547                                                   

                                                        

                                         

三国岳頂上の自然林。頂上は木々に囲まれていて展望はない。冬枯れの枝の間に少し見える。

Photo_548                                                  

                                            

                                                  

左:丹波越分岐の小ピ-ク。 右:丹波越に向かう尾根。

Photo_549                                            

                                            

                                             

左:気持ちのいい草地の尾根もある。 右:植林帯の中を下ると、

Photo_550                                       

                                            

                                               

丹波越に到着。展望はない。

Photo_551                                        

                                                  

                                                

左:すぐに沢の中を下り、すぐ先で尾根に乗り、 右:植林帯の急な尾根を下る。

Photo_552                                                    

                                                 

                                                 

左:最後の急斜面の下り。 右:作業道に降りた地点。少し歩くと、

Photo_553                                           

                                               

                                                      

桑原集落の道路に出る。トイレがある。

Photo_554                                            

                                                   

                                                    

桑原橋と桑原橋バス停。13時49分発のバスに乗る予定が、予定より早く12時26分ころに桑原橋に下山。1時間以上待つのかなと時刻表を見ると事前に把握していなかった、なんと12時49分発があった。おかげで早く道の駅に戻れた。バス料金220円。1日数本のコミュニティ-バス。

Photo_555                                             

                                                     

高島トレイル1。をクリックすると 駒ケ岳-木地山峠-百里ケ岳-ナベクボ峠の記録。


Photo_556

 

                                                 

 

|

2019年4月25日 (木)

高島トレイル1・中央分水嶺

横谷峠-駒ケ岳-おにゅう峠-三国峠-三国岳。 2019年4月21日-22日。

以前から計画していた高島トレイルをようやく実施出来ました。70才前半の夫婦2人で久しぶりの遠出で長丁場の山行でしたが、初めてのコ-スを楽しく歩いて来ました。。20日、昼前に自宅を出発。夕方に高島市朽木の道の駅くつき新本陣の駐車場で仮眠。21日早朝にタクシ-で横谷峠へ。

Photo_486 

 

4月21日。横谷峠-駒ケ岳-木地山峠-百里ケ岳-おにゅう峠-ナベクボ峠-生杉。

1.横谷峠-池原山分岐-駒ケ池-駒ケ岳。 4月25日記載

朽木麻生の横谷口から林道寒風麻生線を横谷峠に向かうが、舗装道路だが暗闇の中鹿が出たり、落石があったり。運転手がこの辺でいいですか、と言うのを出来るだけ走ってもらう。とうとう石が散乱している地点で運転手の要望を受け入れて下車。GPSで位置確認をすると峠までそう遠くなさそうだ。実際に歩いてみたら約10分で横谷峠に到着。5時少し前だが少し暗い。駒ケ岳登山口の数m先に行者山の登山口があった。

道標はあまりないが、高島トレイルの黄色のテ-プがけっこうあり、迷うことはなかった。ただ踏み跡は落葉や枝などでハッキリしない所が多い。駒ケ岳までいくつものピ-クを越えるが、急な登り下りは短い。

左:横谷峠・よこたにとうげ(横谷越)の駒ケ岳登山口。。まだ少し暗かったのでこんな感じです。 右:すぐに急登が続く。

Photo_476                                                      

                                      

                                        

左:693mのピ-クを越えて下りになると、  右:伐採、倒木の所も。                                                

Photo_477                                              

                                                                                                    

                                                                                                    

コブシの花はけっこう見られた。

Photo_542                           

                                       

                                                    

左:左が開けた所を通過。もやで展望はよくない。 右:数分すると林道に出る。すぐに左の尾根に乗る。

Photo_478 

                                       

                                 

しばらく植林帯を急登。

Photo_487                                   

                                               

                                               

左:池原山(いけはらやま)・足谷口分岐を通過。、少し先で、 右:明神谷分岐を通過。                                              

Photo_479

                                             

                                          

駒ケ岳に向かう尾根はブナ林が美しい。気持ちよく歩けた。時折、樹間に山なみが見えるがかすんで見えた。

Photo_485                                             

                                     

                                             

左:こんな尾根も辿ると、 右:駒ケ池に到着。                                               

Photo_480

                                                

                                                 

左:ろくろ橋分岐を通過。 右:さらに気持ちのいい尾根を辿る。

Photo_481                                                       

                                                  

                                                 

左:駒ケ越(こまがごえ)。標高約760m。 右:木地山・与助谷山の道標。すぐ先が駒ケ岳の頂上。

Photo_489                                                   

                                                 

                                                     

左:駒ケ岳(こまがたけ)頂上に到着。 右:駒ケ岳頂上の自然林。

Photo_483                                                      

                                                  

                                             

駒ケ岳頂上。標高780.1m。東がわは開けているが今日は霞みがかかっていて展望は悪かった。

Photo_488                                                 

駒ケ岳まで会ったのは途中ですれ違った1人のみ。                                              

                                                                                                                                                                                                                                              

Photo_505                                                                                                                                                         

Photo_504                                                       

                                                                                       

2.駒ケ岳-与助谷山-桜谷山-木地山峠-百里ケ岳。 4月26日記載

小ピ-クを多く超えるが、緩やかな尾根が多い。道標は分岐以外はほとんどないが、高島トレイルの黄色のテ-プが多くある。

左:駒ケ岳頂上からわずかに戻り、木地山峠方面に向かう。 左:ゆるやかな尾根が続く。

Photo_491                                               

                                                  

                                            

左:木地山中小屋分岐を通過。展望はなかった。 右:さらに気持ちのいいブナの尾根を辿る。落ち葉で踏み跡がハッキリしない所もある。

Photo_503                                                    

                                       

                                           

左:与助谷山(よすけだにやま)・標高約752mを通過。 右:さらに尾根を辿る。展望は樹間に山なみがかすんで見える程度。

Photo_492

                                             

                             

りっぱなブナの木。

Photo_493                                              

                                                

                                             

左:左がわが開ける。 右:山ざくらも見られた。

Photo_494                                                   

                                                  

                                         

左:ガレの尾根をひと登りすると、 右:桜谷山(さくらだにやま)・標高約824.5mに到着。

Photo_495                                          

                                               

                                            

桜谷山からの展望。だいぶ展望はよくなってきたが、まだ遠くはかすんでいる。

Photo_496                                            

                                                         

                                           

左:桜谷山からは急な下りが続く。踏み跡はハッキリしない所もある。 右:木地山峠(きじやまとうげ)・標高約660mに到着。小さな祠がある。展望はなかった。

Photo_497                                             

                                              

                                                   

左:一部、植林帯の尾根もある。 右:途中の沢すじに雪が残っていた。

Photo_498                                                    

                                                       

                                                  

左:百里ケ岳手前の登り。 右:百里ケ岳(ひゃくりがたけ)。標高931.3mに到着。

Photo_499                                                       

                                                

                                                

百里ケ岳の頂上。かすんでいて展望はイマイチだった。

Photo_500

ここまで会った人は、百里ケ岳頂上で1人のみ。                                                

                                             

Photo_502  

                                                

3.百里ケ岳-おにゅう峠-ナベクボ峠-生杉。 4月28日記載。

百里ケ岳からナベクボ峠まで長い道のりである。いくつものピ-クを越え、ゆるやかな尾根も多いが急な登り下りも短いが多い。自然林がまだ多く、気持ちよく歩けるのがよかった。道標はあまりないが、高島トレイルの黄色テ-プは要所にあった。落ち葉で踏み跡が不明瞭になる所もある。一人も出合わなかった。

左:百里ケ岳からすぐに急な下り。 右:狭い尾根もある。

Photo_506                                                  

                                                      

                                      

左:小入谷(百里新道)分岐を通過。 右:気持ちのいい尾根道。                                                   

Photo_507                                                   

                                                

                                       

左:根来坂(ねごりざか)。標高約830m。鯖街道古道の峠。 右:少し先で小ピ-クを越えて、                                                 

Photo_508                                            

                                                     

                                            

左:急な尾根を下ると、 右:林道小入谷線に出る。                                                  

Photo_509                                                  

                                                

                                                

おにゅう峠に到着。標高約820m。展望はいいらしいが雲が多かった。                                              

Photo_510                                              

                                           

                                            

上から見るとおにゅう峠こんな感じ。                                 

Photo_511                                                    

                                                    

                                             

ナベクボ峠方面へは祠の横から登る。                                                                                                     

Photo_512                                              

                                                   

                                               

左:しばらく行くと地図の土のピ-ク。 右:下りは前方に展望が広がる。

Photo_513                                                      

                                              

                                            

左:急な尾根を下ると、 右:こんな狭い尾根もある。

Photo_514                                                    

                                          

                                            

左:水たまりの白石ノ池。 右:さらに尾根を辿ると、水2分の標識の地点。見に行っていません。

Photo_515                                        

                    

                                                 

さらに10分ほど歩くとオクスゲノ池のそばを通る。通り過ぎてから上から見る。

Photo_516                                             

                                            

                                                  

さらに尾根を辿る。

Photo_517                                          

                                                

                                                  

左:挙原分岐を通過。 右:10分近く下ると、

Photo_518                                         

                                         

                               

ナベクボ峠に到着。標高約620m。途中の道標にはクチクボ峠と書かれているものもある。峠の標識はナベクボ峠。

Photo_519                                             

 

ナベクボ峠から若走路谷を下り、若走路谷出合までは道標や目印のテ-プもなく、踏み跡も不明なところがあり、ルート判断が必要。                                

左:沢の左斜面をしばらく下ると、 右:少し沢の中を下り、右岸を歩く。

Photo_521                                          

                                                 

                                                 

左:右岸から左岸、右岸と渡り、 右:ゆるやかな植林帯のなかを行き、

Photo_522                                                   

                                                   

                                              

 道路に出る手前で左岸に移ると、三国峠(みくにとうげ)の登山口に着く。若走路谷出合。

 Photo_523                                           

                                                   

                                         

左:若走路谷出合登山口のすぐ先、左がわに広い空き地がある。 右:生杉(おいすぎ)バス停。集会所の裏に外トイレがある。バスの運賃は220円。バスの本数は1日数本。

Photo_524

生杉バス停17時18分発のコミユニティ-バスで朽木中学校前に18時10分頃到着。目の前の道の駅に戻る。幹線道路に出るまでの30分ほどは車のすれ違いが出来ない狭い道路が続き、今夜、若走路谷出合まで入る予定だったが、この道を車を運転するのはイヤダ、ということで道の駅に車中泊する。道の駅の前にコンビニがあるので助かる。と言うことで、22日はタクシ-で若走路谷出合まで入ることにする。                                                                

 

 

Photo_520

                                                        

高島トレイル2・中央分水嶺。                                             

4月22日。ナベクボ峠-地蔵峠-岩谷峠-三国岳-丹波越-桑原。

                                               

                                             

                                         

                                               

 

|

2019年4月16日 (火)

名古木やま便り

散歩に出かけたときに撮った景色です。 今年は桜の期間が長く、いまだに見ごろの桜もあります。

1.田原ふるさと公園周辺。 2019年4月16日。

 右下の建物周辺は田原ふるさと公園。桜に囲まれている。                                          

Photo_471

                                                          

                                                         

田原ふるさと公園内の桜。                                                     

Photo_472                                              

                                                          

                                          

桜と新緑。手前の桜は田原ふるさと公園内。                                                          

Photo_473                                                          

                                                                    

                                                        

2.東京カンオリ-クラブから。 2019年4月13日。

箱根連山を遠望。左端は二子山。右へ駒ケ岳、冠ケ岳、明神ケ岳。さらに右へ金時山。その右のちょこっと見える丸い山は矢倉岳。矢倉岳手前の平らな山は松田山。眼下は秦野市街。                                                       

Photo_474                                                          

                                                               

                                                            

右の2つのトンネルは第二東名の羽根トンネル。すぐ左上は東電秦野新変電所。                                                  

Photo_475                                                 

                                               

                                               

                                             

                                               

 

|

2019年4月11日 (木)

花菜ガ-デン・チュ-リップ2019

1.花菜ガ-デンのチュ-リップ。 2.秦野戸川公園のチュ-リップ。

1.県立花と緑のふれあいセンタ-・花菜ガ-デンのチュ-リップ。 2019年4月11日。

Photo_459

     

                                        

Photo_460

                                          

                                        

Photo_461                                        

                                                                                                                  

Photo_470                                                                                               

                    

                                         

花菜ガ-デン敷地と右:大山から左へ丹沢表尾根をはさんで富士山。                                                

Photo_462                                                    

                              

                                        

なし・菊水の花と大山。 昨日の雨は山では雪になった。                                   

Photo_463

                                    

                                     

Photo_464                                              

                                              

                                       

2.県立秦野戸川公園のチュ-リップ。 2019年4月11日。

前方の山は三ノ塔とニノ塔。昨日の雨は山では雪になった。

Photo_465                                

                                              

                                   

奥の白い尾根は鍋割山稜。                                            

Photo_466                                        

                                             

                                                

                                                 

Photo_467                                          

                                         

                                              

右の三角ピ-クは大山。                                         

Photo_468                                          

                                            

                                              

チュ-リップ、菜の花、桜と見ごろだった。                                         

Photo_469                                            

            

   

|

2019年4月10日 (水)

蓑毛・淡墨桜

秦野市蓑毛の淡墨桜。 2019年4月6日。

個人の敷地に植えられた淡墨桜と菜の花です。一般公開されていますが協力金の箱があります。

樹齢約30年。幹回り約1.5m。樹高約20m。岐阜県根尾谷の淡墨桜の子孫。

Photo_453

                                                           

                                                    

ついでに付近を歩いて桜の写真を撮ってきました。                                              

蓑毛のわくわく広場前から川ぞいの桜です。

Photo_454                                                

                                              

Photo_455                                              

                                             

                                          

大日堂の桜です。

Photo_456                                                  

                                                                                                            

                                                                                                                    

東京カントリ-クラブへの道路ぞいの桜並木。

Photo_457                                              

                                                

                                             

我が家の枝垂れ桜。 2019年4月11日。

Photo_458                                           

 

|

倉岳山-高畑山

浜沢-立野峠-倉岳山-高畑山-楢峠-浜沢。  2019年4月1日。

山梨秀麗富嶽十二景9番の倉岳山と高畑山に登ってきました。初めてのコ-スです。登山口までの道中途中まで富士山はよく見えていたのに2つの山頂では雲がかかっていました。思ったよりいいコ-スでした。ただ下山路に使った楢峠からのコ-スは峠の道標もなく、踏み跡も定かでなく苦労しました。

1.浜沢バス停-立野峠-倉岳山。 4月4日記載。

左:浜沢(はまざわ)バス停そばの駐車スペ-スに駐車。ネットの登山記録などを見ると浜沢駐車場として自由に駐車できるように書かれていることがありますが、私有地なので自由に止められる訳ではないようです。橋のそばの家の人に話をして駐車しました。 右:浜沢バス停そばの駐車スペ-ス。前方の電柱の横に立野峠と矢平山の道標、バス停がある。倉岳山の道標はない。

Photo_390                                                     

                                    

                                        

左:近くの秋山観光スポ-ツ広場の駐車場。約10台。役所の担当に問い合わせたら日帰り1台くらいなら使用者の駐車に迷惑にならないようにという返事だった。  右:浜沢バス停そばにある道標。                                                     

Photo_391                                                 

                                                  

                                              

左:薬師堂の前を通り、少し行くと、 右:立野峠の道標がある地点。ここで道路から登山道へ。                                               

Photo_392                                       

                                                      

                                       

左:しばらく沢の左岸を行くと、沢を渡り、  右:沢の右岸の登りになる。立野峠の道標。                                               

Photo_393                                       

                                                 

                                        

左:沢の中を少し登ると、 右:沢から離れる。急登。                                             

Photo_394                                         

                                          

                                           

左:雑木林の急斜面の登りになる。 右:地図の尾根・道標の地点。立野峠の道標。                                           

Photo_395                                       

                                  

                                           

左:しばらく植林帯の斜面を登ると、 右:雑木林の斜面になる。                                            

Photo_396                                        

                                              

                                               

立野峠に到着。                                            

Photo_397                                              

                                            

左:立野峠の倉岳山への尾根。 右:立野峠の矢平山に向かう尾根。                                            

Photo_398                                                

                                                

立野峠の北がわの展望。                                        

Photo_399                                               

                                                   

                                           

立野峠の南がわの展望はこんな感じ。                                         

Photo_400                                    

                                            

                                       

倉岳山に向かう。少し急登して 左:1つ目の小ピ-ク。 右:ゆるやかな狭い尾根を辿り、                                               

Photo_401                                                    

                                                

                                               

左:2つ目の小ピ-ク。 右:さらにゆるやかな尾根をはさみ、                                           

Photo_402                                                   

                                                  

                                              

途中の左右の展望。左は左がわの展望。 右は右がわの展望。                                        

Photo_403                                        

                                                  

                                                        

左:3つ目の小ピ-ク。 右:しばらくゆるやかな狭い尾根を行くと、                                         

Photo_404                                         

                                     

                                            

倉岳山への急登になる。岩の多い登りもある。                                         

Photo_405                                        

                                      

                                             

                                            

倉岳山(くらたけやま)に到着。                                            

Photo_406                                    

                                          

                                                

倉岳山からの富士山。雲がかかっていた。                                               

Photo_407                                                

                                              

                                               

左:倉岳山頂上。 右:倉岳山から北がわの展望。                                               

Photo_408                                                

                                              

                                             

2.倉岳山-穴路峠-高畑山。 4月5日記載。

頂上から少し行くとすぐに急なくだりになる。                                      

Photo_410

                                        

                                          

左:ゆるやかな尾根をはさみ、 右:急な尾根道を下ると、                                    

Photo_411                                   

                                                   

                                       

穴路峠に到着。昔は大月と秋山村を結ぶ峠道として使われたと言う。展望はいいとは言えない。                                             

Photo_412                                         

                                                   

左:穴路峠はこんな感じ。 右:穴路峠付近の雑木林。                                               

Photo_413                                                 

                                                 

穴路峠からひと登りすると、 左:天神山頂上。 右:天神山は北がわの展望がある。                                              

Photo_414                                  

                                                                                                                     

                                                                                                                                                                                  

ゆるやかな尾根道が続く。                        

Photo_416                                                                                                                                 

                                                                                                              

                                                                                                                                                              

急な登りになり、岩の多い急登もある。                                       Photo_417                                                                                                             

                                                                                                                                  

雛鶴峠分岐に到着。右のような道標がある。           

Photo_418                                                                                                                         

                                                                                                                     

左:ゆるやかな尾根を2分ほど行くと、 右:高畑山に到着。        

Photo_419                                                                                                                      

                                        

高畑山(たかはたやま)頂上。                            

Photo_420                                                                                                                               

                                            

左:展望はこちら方面のみ。 右:頂上の雑木林。                       

Photo_421                                                                                                                                  

                                            

富士山方面の展望。今日はあいにくの天気。                         

Photo_422                                                                                                                                    

                                                                                        

                                                                                                  

3.高畑山-楢峠-浜沢

左:高畑山から少し戻り、雛鶴峠分岐から雛鶴峠方面に向かう。 右:すぐに急な下りになる。足場の悪い所もある。

Photo_423                                                                                                                                

 

左:さらに急な尾根を下る。 右:緩やかな尾根道になって来る。雛鶴峠の道標があった。                                                 

Photo_424                                                   

                                                

                                                  

楢峠(ならとうげ)と思われる地点。あん部になった所でGPSで確認すると国土地理院地形図の黒点線が交差している地点と一致している。ここを楢峠と定めて歩き回ったが楢峠の道標もなく、予定した下山ル-トの踏み跡もない。地形図の黒点線にGPSを合わせて下ってみるがどうも地形がおかしいので戻る。なんだかんだで写真の赤テ-プがいくつかある所で黒点線より左へ行ってみると踏み跡が斜面を横切っている(写真の右の黄色矢印)。これを辿ると尾根になる。赤テープなどはなかった。黒点線よりだいぶ左寄りになるがこの尾根を下る。下の方で黒点線に合流するようにGPSで確認しながら地形を気にして下ったので途中で写真を撮るのを忘れてしまった。沢に降りる直前で黒点線と合流。                                                   

Photo_425                                                        

                                                    

楢峠-35号線合流点地点までの登山地図にある登山道は今回確認できませんでした。今回下ったル-トはバリエ-ションになり、おすすめできません。                                              

左:沢に降りた地点。足場が悪かった。ここまで写真を撮る余裕がなかった。ここから5分ほど沢の中を下ると、 右:林道に出た。あとは林道を約10分歩くと民家の前に出る。                                              

Photo_426                                        

あとは35号線の道路に出て、浜沢バス停まで戻る。

上野原駅-浜沢のバスは1日、1から2本らしいのでバス利用の日帰りは無理で、車利用になる。                                   

                                          

Photo_427                                                 

                                                   

      

|

丹沢・鐘撞山

日蔭新道-鐘撞山-井戸沢左岸尾根。  2019年3月24日。

神ノ川(かんのかわ)ヒュッテ駐車場に駐車。23日の雨は山では雪だったらしく、1000mもない山なのに予想外の積雪。多い所で数cm。日蔭新道(ひかげしんどう)は道はハッキリしていたが、県界尾根分岐まで2時間近くの急登が続く。県界尾根分岐から鐘撞山(かねつきやま)までは石・枝の散乱などで足場の悪い所が多かった。鐘撞山の道標はなかった。 3月30日記載。

始めて歩くコ-スです。 

左:神ノ川ヒュッテ駐車場。駐車料金300円。  右:神ノ川ヒュッテ。

Photo_431    

                           

 

左:日蔭新道入口。 右:すぐに小沢を渡って日蔭沢左岸に移る。

Photo_432       

                                     

                                          

左:小沢から離れて、 右:植林帯に入る。                                                

Photo_433    

     

                                                                                          

 

左:作業道に出た所。 右:(参考)犬越路方面への林道から日蔭新道に入る地点。                                    

Photo_434                                                  

     

   

作業道に出て右へ数十m作業道を登り、赤テ-プのある所で左へ。注意しないと見逃す。

Photo_435              

               

                             

                                             

                                

左:日蔭新道は植林帯の急斜面を大きなジグザグで急登して行く。道標は多少ある。  右:雪が出てきた。

Photo_436      

                         

                                            

                                      

左:雪が多くなってきた。 右:地図の南がわ展望の地点。陽当たりのいい草地の 斜面がある。

Photo_437                                                                      

                                                                                             

                                             

南がわ展望地点からの展望。左の蛭ケ岳から右へ檜洞丸方面。

Photo_438                                           

                                                                                                  

 

南がわ展望地点から南西方面。箱根の山と大涌谷の噴煙の遠望。 

Photo_439                                                                    

                                                                                              

                                                                                         

左:右がわがカヤトになると県界尾根も近い。 右:県界尾根分岐に到着。

Photo_440                                     

                                     

                                       

県界尾根分岐。南がわは植林帯。

Photo_441                                              

                                        

                                       

県界尾根分岐。北がわは雑木林。

Photo_442                                           

                                                                                              

この先、鐘撞山の道標はなかた。赤テ-プは時々あった。       

左:すぐに急な下りになる。写真の見た目よりかなり急です。 右:急斜面のジグザグの下りになる。

Photo_443                                                                                                                                                     

                                     

左:急な狭い尾根の下り。ロ-プがある。 右:なだらかな尾根の道になって、

Photo_444                                        

                                       

                               

934m地点。迷。右の尾根に入らないこと。

Photo_445                                   

                                

                                   

急な狭い尾根を下る。

Photo_447                                                                         

                                               

  左:ゆるやかな狭い尾根を通過して、 右:樹林帯をひと登りすると、

Photo_446                                                                               

                                                                                          鐘撞山に到着。展望は大室山方面のみ。       

Photo_448                                                                                               

                                       

                                     

井戸沢左岸尾根を下る地点。道標はなかった。鐘撞山頂上からわずかに西がわに戻る。

Photo_449                                                                                                                                                                                   

この先道標はなかった。赤テ-プなどはまれにあった。踏み跡は割とハッキリしていた。                                            

左:急な植林帯の尾根を下る。 右:左下斜面がカラマツ林になる所がある。

Photo_450                                          

                                       

                                

左:急な植林帯の斜面を大きなジグザグで下る。 右:井戸沢に降り立つとえん堤がある。

Photo_451                                    

                                      

                                         

左:広場に出て鐘撞山登山口に到着。 右:登山口に鐘撞山の言われの説明板があった。

Photo_452                                  

                                                     

1_20200113151001                                                   

                                                                                                                         

                                                                           

                                                           

                                 

 

|

2019年4月 3日 (水)

秦野の桜2019

秦野の桜。 2019年3月30日。

今日4月5日に再び載せました。

1.金目川・十代橋付近。前方の橋は十代橋。

Photo_428                                                                    

                                  

2.末広小学校と金目川の桜。 左は末広小学校校庭の桜。                                              

Photo_385                                              

                                           

                                          

3.金目川・天王下橋-弘法橋の間。

上流がわから。建物は団地。                                        

Photo_386                                         

                                         

下流がわから。                                                                                                      

Photo_429                                                                                                          

                                                                                                           

4.藤棚バス停付近の坂本道の桜。                                      

Photo_387                                            

                                      

Photo_430                                         

                                                                 

                                                            

5.くずは台団地。くずは台東公園。

Photo_388                                                            

                                                     

Photo_389                                                   

 

|

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »