« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月26日 (月)

酔芙蓉の花

花菜ガ-デンのHPに酔芙蓉の花が見ごろとあったので、そばにあるJAの直売所で買い物をしたついでに見てきました。ところが酔芙蓉は2株しかなく、咲いているのは1株だけ。これだけじゃあなあ、と大根公園そばの大根川土手の酔芙蓉はどうかなと帰りに寄り道をして寄ってみました。一部しか咲いていませんでした。

だいぶ涼しくなってきましたが、ちょっと腰の状態がよくないので山行記録のブログもいつ書けるかなという感じです。安定しない天気のせいもありますが。今日も午前中はまあいい天気なので酔芙蓉の写真を撮ってきたのですが、3時近くになって雷と豪雨になり1時間近く続きました。 2019年8月26日。

1.大根川土手の酔芙蓉。

Photo_20190826152901                                            

                                                   

Photo_20190826153001                                                

                                                

Photo_20190826153002                                                    

                                           

                                       

2.花菜ガ-デンの酔芙蓉とハス、サルスベリ。

Photo_20190826153201                                               

                                                  

Photo_20190826153202                                                       

                                                   

Photo_20190826154001                                                    

                                     

                                       

 

|

2019年8月19日 (月)

寄沢支沢の滝

松田町寄の寄沢支沢の滝2景。 2019年8月19日。

暑い日が続くので滝を見に行って来ました。暑さのせいか18日のヤビツ峠行はガラガラのバスもありました。家から車で30分ほどの寄大橋そばの駐車スペ-スに駐車。やどりき水源林の中の道路を歩き、トイレと集会棟の前の広場から寄沢に降りて滝郷沢に入るとすぐに滝郷の滝の下に着く。寄沢には橋等はないので水量が多いと流れの中に入って渡る。滝郷の滝を見てから後沢F1を見に行って来ました。

滝郷の滝(たきごうのたき)。落差約17m。

Kimg0052                                             

                                                    

左:寄大橋とやどりき水源林の入口。 右:集会棟前の広場から見た寄沢と滝郷沢。

Photo_20190819205201                                          

                                               

                                              

トイレの前まで戻り、さらに道路を歩いて行くと後沢を渡る。後沢右岸のボランテア林Aの散策路に入るとすぐにえん堤があり、左から越えてすぐに後沢に降りる。右岸の水ぎわを少し行くと2つめのえん堤の下に着く。左はしにU字鉄筋の足場があり、これを登ってえん堤の上に降りる。少し行くと前方に後沢F1が見えてくる。沢歩きに慣れていない人は厳しい。

後沢(うしろさわ)F1。1段目の滝。落差約3m。上に2段目の滝が見える。落差約2m。

Photo_20190819205301                                       

                                                       

                                                 

後沢F1。上部3段目の滝。落差約5m。下部は2段目の滝。間にナメ滝が入る。

Photo_20190819205401

                                                    

                                              

左:1つ目のえん堤を越えて2つ目のえん堤を見る。 右:F1の下からは滝の全貌は見えない。上部の滝は左の大岩を左から巻いて岩の上に出ると見える。

Photo_20190819205501                                                  

                                        

                                        

やどりき水源林ゲ-トから滝郷の滝まで約10分。トイレ前の道標には滝まで5分とある。

ゲ-トから後沢入口まで約8分。さらに後沢F1まで約10分(足場の悪い所もあるので)。                                        

Photo_20190819205502                                             

 

|

2019年8月14日 (水)

秦野戸川公園・ひまわり

神奈川県立秦野戸川公園・ひまわり満開。 2019年8月14日。

台風が近づいている晴れ間をぬってひまわりを見てきました。背丈の低いキッズスマイルの品種約1万本が植えられています。迷路も作られていました。

ひまわりフエアは8月18日までです。

けっこう広いひまわり畑です。

Photo_20190814141101

                                             

                                         

ひまわり畑の迷路。クイズ付です。                                                        

Photo_20190814141201                                                         

Photo_20190814141301                                                     

                                                      

時々雨ながら元気なひまわりでした。                                    

Photo_20190814141401                                                     

                                             

Photo_20190814141402                                                    

                                                   

                                                     

 

|

2019年8月 4日 (日)

丹沢・焼山バリエ-ションル-ト

丹沢・焼山。焼山沢右岸尾根。 2019年8月2日。

梅雨が明けたと思ったら連日の真夏日・猛暑日。山を歩く機会もなく運動不足。ということで暑さの中、ヒルも覚悟して近場の焼山のバリエ-ションル-トを歩いてきました。焼山沢右岸尾根を登り、焼山沢左岸尾根を下る予定でした。水沢橋から伊勢沢林道に入り最初の橋を渡った所からまず599mピ-クを目指して焼山沢右岸尾根を辿りました。初めてのコ-スでしたが、意外と急登が多く、樹林の尾根なので展望はあまりありませんでした。目印のテープ類はあまりなく、踏み跡も定かでない所も多かったですが、尾根を歩くので迷うことはありませんでした。ヒル忌避剤をスプレ-していったのにそれでもヒルには2ケ所くわれました。 8月4日記載。

水沢橋を渡った所のゲ-ト。右がわに駐車スペ-スがある。数台。

Photo_20190804125601                                                

                                                  

                                               

左:伊勢沢林道と桃ノ木林道の分岐。 右:伊勢沢林道を少し行き、最初の橋を渡る。

Photo_20190804130101                                                

                                   

                                          

橋を渡った所で右に入る。赤のテ-プがあった。白い看板の左がわから植林帯の斜面を急登する。

Photo_20190804130201                                          

                                           

                                             

広い植林帯の急斜面を登る。踏み跡は時々あったがハッキリせず、目印の赤テ-プなどはあまりなかったのでル-ト判断が必要。

Photo_20190804130301                                               

                                                  

                                                

今回の地図の尾根合流点。ルート判断によっては合流地点がズレる。

Photo_20190804130401                                             

                                               

                                              

やや狭い尾根の急登。599mピ-クまでは目印のテ-プがたくさんあった。

Photo_20190804130501                                       

                                               

                                       

599mのピ-ク。展望はなかった。この先、目印のテ-プは少なかった。

Photo_20190804130502                                        

                                          

                                           

やや緩やかな尾根の道になる。この先、左は自然林、右は植林帯の尾根。展望は樹間に時々山が見える程度。モミの巨木が見られるようになる。

Photo_20190804130601                                                        

                                                   

                                                      

林道に出た所。使用されていないらしく草ボウボウだった。

 Photo_20190804131701                                               

                                      

                                        

林道に降りて右へ20mほど行くと左の斜面に不安定な踏み跡があがっていた。赤テープがあった。

Photo_20190804131801                                           

                                           

                                            

左:再び尾根の道になる。多少ゆるやかになる。この先目印のテ-プはほとんどなかった。 右:624mピ-クを越えて

Photo_20190804131901                                                

                                         

                                    

左:624mピ-クから少しくだったあん部。右:あん部から右手に焼山沢左岸尾根が見える。

Photo_20190804132001                                          

                                             

                                           

左:しばらく急な尾根を登ると、 右:左がわにフエンスが現れる。樹間にわずかに山が見えた。

Photo_20190804132101                                             

                                            

                                                  

左:721mピ-ク。 右:まだ少しフエンスが続く。

Photo_20190804132102                                           

                                        

                                            

自然林の尾根が続くようになる。展望は時々樹間に山が少し見える程度。多少ゆるなかな尾根をしばらく歩いて行くと、

Photo_20190804132201                                         

                                     

                                              

右がわに垂直な岩壁が現れる。地図の岩壁横の地点。

Photo_20190804132301  

                                                  

  

左:左側の足場の悪い急斜面を登って行くと(ルート判断が必要)、 右:尾根の道に戻り、大きな岩が点在する急登になる。

Photo_20190804132401                                             

                                                   

                                                        

自然林のやや広い尾根を急登して行く。目印のテ-プはあまりなかった。下山時はル-ト判断が必要。

Photo_20190804132402                                   

                                          

                                            

平戸分岐に到着。地図の鳥屋分岐から柏原ノ頭-平戸・鳥屋のル-トは現在通行自粛になっている。

Photo_20190804132501                                 

                                                

                                             

左:焼山に向かう。 右:しばらく行くと一面草地になり、登山道が消える。目印のテープもなかった。このままますぐ登っても東海自然歩道に出る。GPSを鳥屋分岐に合わせて少し左寄りに登ると、

Photo_20190804151601                                                     

                                                  

                                                   

左:道標が出てきて、登山道の階段が見えた。 右:東海自然歩道に出た所に通行禁止と、崩落個所ありの看板があった。

Photo_20190804151701                                                

                                      

                                           

東海自然歩道の鳥屋分岐があった所。鳥屋や平戸の道標はない。

Photo_20190804151801                                                   

                                                   

                                               

左:焼山に向かう。 右:焼山頂上への分岐。

Photo_20190804152301                                                

                                             

                                         

焼山頂上。1059.6m。 展望はない。

Photo_20190804152401                                                      

                                                    

                                      

今日のコ-スは樹林の尾根なので陽は直接あたらないのでまあ気持ちよく歩けたのだが、平戸分岐に着く前ころから足がつったが、薬を忘れてしまったのでだましだまし歩いてやっと平戸分岐まで来た。鳥屋分岐までの登山道を確かめたかったのでなんとか登った。どうにか焼山頂上の写真を撮り、引き返す。平戸分岐からは柏原ノ頭への登山道を歩き、途中から焼山沢左岸尾根を下り水沢橋に戻る予定だったが、足の状態から知らないル-トを歩くより、今登ってきた状況がわかっている右岸尾根を下ることにした。太ももの張りが解消せず、急な下りなどは超スロ-ペ-ス。                                                       

左:地図の尾根合流点に戻る。下の方へテ-プが続いて見える。地図を見ると尾根はハッキリしていて標高差も150mくらい。桃ノ木林道の最初の橋の近くに降りられそうなので下ってみる。 右:やや狭い尾根の急な下り。赤テ-プがかなりあった。

Photo_20190804152402                                                

                                                     

                                                  

左:こんな尾根もある。 赤テ-プを追っかけて下っていくと、すぐ下に林道が見えた所でテ-プが終わり、足場の悪い急な下りになっている。あと10mほど岩などの急斜面を木につかまりながら適当に下り、太ももが痛いのでやっとのことで林道に降りる。 右:林道に降りた地点。付近を見たが目印のテ-プなどはなかった。

Photo_20190804152501                                        

                                              

                                                    

桃ノ木林道に降りた地点。左の橋を渡ったところで伊勢沢林道と合流する。

Photo_20190804152601                                        

                                            

                                      

文字等が小さいので地図は拡大してご覧ください。                                     

2_20190806205101                                                  

                                     

                                                

                                           

                                       

                                     

                                     

 

|

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »