« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月

2021年2月28日 (日)

秦野・権現山中腹からの展望

秦野市弘法山公園権現山中腹からの展望。 2021年2月28日。

久しぶりに弘法山公園に散歩に行ってきました。権現山北がわ斜面の中腹に畑があり、そこからの展望がいい。今日は快晴で富士山や丹沢の山がきれいに見えました。

富士山左下の平らな山は松田山。その左の小さな丸いピークは矢倉岳。富士山の右がわの山は高松山・西ケ尾。右端のピークはダルマ沢ノ頭。

Photo_20210228145801                                           

                                                

                                            

右端は大山。左へ尾根を下って小さなピークは岳ノ台。そのすぐ左の丸いピークは三ノ塔。三ノ塔の左の小さなピークは塔ノ岳。左へ鍋割山稜。左端の尾根は檜岳(ひのきだっか)山稜。

Photo_20210228145802                                          

                                              

                                              

右がわの山稜は檜岳山稜。右から左へ、雨山、檜岳、伊勢沢ノ頭。

Photo_20210228152101                                       

                                           

                                                  

冬枯れの雑木林枝の間に富士山。

Photo_20210228152201                                        

                                                  

                                                     

雑木林の斜面の遊歩道。

Photo_20210228152301                                            

 

|

2021年2月25日 (木)

大根公園の桜2021

大根公園の河津桜など。 2021年2月25日。

大根公園の農産物直売所で買い物ついでに公園内を散歩して写真を撮ってきました。公園横の大根川土手の河津桜はまだ見ごろで、公園内の寒緋桜、オカメザクラも咲き始めていました。

Photo_20210225133301                                                    

                                            

Photo_20210225133401                                           

                                              

Photo_20210225133501                                             

                                            

Photo_20210225133502                                              

                               

                                      

大根川や公園内の池にシラサギやマガモなどがいました。

Photo_20210225133701                                           

                                          

 

|

2021年2月19日 (金)

大山-唐沢峠

ヤビツ峠-大山-唐沢峠-不動尻。 2021年2月18日。

蓑毛-ヤビツ峠-大山-不動尻分岐-唐沢峠-不動尻-広沢寺温泉のコースを夫婦で歩いてきました。久しぶりの急な登り下りが多い約6時間の山歩きでした。

1.蓑毛-ヤビツ峠-大山-不動尻分岐。

家の近くのバス停からバスに乗り蓑毛下車。大山まではしょっちゅう歩いているコース。このところの冷え込みで霜柱が結構ありました。人は少なく、大山頂上でも数人でした。

左:蓑毛バス停付近。 右:柏木林道。霜柱が残っていた。               

Photo_20210219133901                                       

                                           

                                               

左:こんな所もある。 右:ヤビツ峠上のベンチがある広場。                                    

Photo_20210219134001                                       

                                              

                                                  

左:大山への登りは階段状の急登が多い。 右:表参道合流点(25丁目)が近くなると木道が出てくる。                                                    

Photo_20210219135101                                                    

                                                   

                                                   

表参道合流点すぐ手前の展望地からの展望。左:富士山。 右:左の表尾根から塔ノ岳、右に丹沢三峰。                                       

Photo_20210219135201                                             

                                           

                                          

左:表参道合流点からの登り。 右:大山頂上に到着。                                          

Photo_20210219135301                                                

                                             

                                              

不動尻・見晴台方面への登山道を下る。                                            

Photo_20210219135401                                                

                                             

                                                

すぐに急な尾根を下る。主に尾根の右側を下るので右手に展望がある。                                              

Photo_20210219135501                                                 

                                               

                                                  

左:登山道の修復材料が入ったと思われる袋が沢山置かれていた。 右:ほぼ平坦な尾根道に木道が設置されていた。                                                  

Photo_20210219135601                                                  

                                               

                                          

不動尻分岐。不動尻や見晴台などの道標がある。右手の展望がよい。                                                

Photo_20210219135701                                           

                                             

                                       

不動尻分岐そばからの展望。左:大島が見えた。 右:左に相模灘、右に箱根の山も見えた。                                           

Photo_20210219135702                                   

                                    

                                          

2.不動尻分岐-唐沢峠-不動尻-広沢寺温泉。

出だしからかなり急な下りだが、そのあとは気持ちのいい草地の尾根で、展望も楽しめる。設置された鎖の手すりのあるヤセ尾根もあり、変化のあるコースである。道標は時々あります。唐沢峠先のピークから不動尻への下りは植林帯の尾根の急な下りが続き、展望はない。出会った人は3人でした。

 出だしから階段状の急な下りが続く。冬枯れの樹間に北側の町が見える。 

Photo_20210220132601                                                     

                                           

                                                

気持ちのいいゆるやかな草地の尾根になり、展望も多くなる。

Photo_20210220132701                                                      

                                          

                                          

989mのピークに達する。東がわは木が多く展望はよくなかった。北から西がわは展望がある。三峰も見える。

Photo_20210220132801                                                

                                        

                                          

急な下りをはさんで、左:さらに尾根を下っていく。右:前方に木々の上に三峰が見えた。

Photo_20210220132802                                       

                                           

                                               

左:地図のベンチ付近の草地の尾根。 右:ベンチの近くにある道標。ベンチには休憩する人がいて写真は遠慮した。

Photo_20210220132901                                          

                                           

                                               

写真のベンチ・草地の尾根からの展望。江の島、三浦半島、房総半島などが見えた。

Photo_20210220133001                                                        

                                                

                    

ゆるやかな尾根をしばらく下ると、左:鎖の手すりがあるヤセ尾根通過して、 右:すぐ先で矢草ノ頭を越える。                                           

Photo_20210220141501                                                 

                                   

                                             

矢草ノ頭を越えて少し行くと、左:ヤセ尾根を通過して、 右:さらに尾根を辿る。

Photo_20210220133701                                              

                                                  

左:尾根をちょっと巻いて、 右:鎖の手すりの簡易木橋を渡る。                                                 

Photo_20210220133801                                                 

                                             

                                            

唐沢峠手前の急な尾根道を下る。三峰が樹間に見えた(左の写真)。

Photo_20210220141201                                           

                   

                                          

唐沢峠(からさわとうげ)に到着。東屋はなくなっていた。

Photo_20210220142101                                                                                                                                                   

                                                                                                                            

左:唐沢峠を出発。841mピークに向かう。 右:急斜面を登る。                                     

Photo_20210221080301                                   

                                                 

                                            

左:841mピークの雑木林。三峰方面は道標はなく、バリエ-ションル-トです。 右:841mピーク。                             

Photo_20210221082501                                   

                                            

                                             

左:すぐに急な下り。不動尻まで急な下りが続く。 右:植林帯の急な尾根を下る。ジグザグに下る所が多い。

Photo_20210221082601                                      

                                         

                                                 

左:登山道は石が多く、歩きにくい所が多い。 右:荒れた林道に出会う。

Photo_20210221082602                                                

                                                     

                                               

左:さらに下ると、 右:不動尻の三峰方面の登山道との合流点に降りる。

Photo_20210221082801                                                

                                       

                                      

左:不動尻(ふどうじり)。建物やトイレもなくなっていた。少し歩いていくと、 右:橋の上からナメ滝が見える。

Photo_20210221082802                                             

                                            

                                            

左:山神トンネル。鐘ケ嶽の登山口。トイレがある。トンネルは長いので懐中電灯が必要。 右:広沢寺温泉入口バス停。ちょうど14時21分の伊勢原駅行のバスがあり、厚木駅方面行ではなく伊勢原駅行に乗る。

Photo_20210221082901                                                 

                                                                                                                         

丹沢を歩く24大山三峰山。 もご覧ください。2012年6月の記録。                                                               

                                                              

丹沢の峠4.唐沢峠。もご覧ください。地図の丹沢の峠4.唐沢峠のコース。2016年2月の記録。

 

Photo_20210221085701                                                            

  ルートや各地点はGPSの軌跡をもとに入れてありますが、多少の

 ズレがあります。                                  

                                                        

                                                       

                                                   

 

|

2021年2月14日 (日)

蓑毛の河津桜2021

蓑毛わくわく広場の河津桜。 2021年2月13日。

蓑毛方面に散歩に出かけて、蓑毛のわくわく広場の河津桜と玉縄桜の咲き具合を見てきました。金目川ぞいの広場にたくさん植えてあります。河津桜は3分咲き前後、玉縄桜はこれからでした。

Photo_20210214135201

                                                  

Photo_20210214135202
                                              

                                        

Photo_20210214135601


                                                    

Photo_20210214135701

                                                    

Photo_20210214141401

                                                      

                                                        

 

|

2021年2月 2日 (火)

栗ノ木洞バリエ-ションル-ト

丹沢・栗ノ木洞バリエ-ションル-ト。 2021年1月31日。

寄大橋-後沢-後沢左岸尾根の頭-栗ノ木洞-栗ノ木洞南西尾根-寄大橋。

朝起きると雲ひとつない青空。どこか歩いてこようと、以前から考えていた栗ノ木洞(くりのきどう)バリエ-ションルートの周回コ-スにすることにして出かける。寄大橋を渡った左側の7台くらいの駐車スペ-スに駐車。やどりき水源林入口のゲ-トには登山者・歩行者立入禁止となっていたが、中のトイレは使用可とあったので後沢出合までの道路の工事状況によっては中止にしょうと出発する。しかし以前の崩落個所は修復されていて道路もきれいになっていて後沢出合まで問題なく歩けたので予定通り周回コ-スを歩いた。

1.後沢(うしろざわ)-後沢左岸尾根の頭。

作業径路で、バリエ-ションル-トで道標や目印のテ-プなどはありません。後沢ぞいの作業径路の、以前は木製の橋や階段などはほとんど金属製に代わっていて危険な所もなく(私の感想)、歩きやすくなっていた。後沢から離れて左岸尾根に取り付いてからも作業径路は歩きやすかった。人には出合いませんでした。

左:やどりき水源林入口のゲ-ト。 右:後沢ぞいの作業径路の入口。すぐ先でえん堤を左から越える。                                                    

Photo_20210202085101                                               

                                                       

                                                      

左:えん堤のすぐ先で壊れた鹿柵をくぐり沢から離れる。 右:柵をくぐる手前前方にカモシカがいた。                                            

Photo_20210202085201                                        

                                               

                                                

左:少し急斜面を登って行くと、地図の遊歩道分岐の地点。しばらくは右下に後沢を見て行く。 右:すぐ先で木道。その先に金属製の橋がある。                                      

Photo_20210202085701                                           

                                                        

                                                  

左:さらにすぐ先で支沢を横切る。  右:さらにすぐ先で後沢に降りてえん堤を越える梯子。地図の堰堤・梯子。                                      

Photo_20210202085801                                                         

                                           

                                                    

左:えん堤を右から越えると、左岸の道になる。 右:しばらく行くと後沢を渡って右岸の道になる。地図の沢渡る。                                                       

Photo_20210202085901                                                  

                                                  

                                                         

左:後沢ぞいの道を行くと、 右:行政センタ-の看板の前を通過。地図の行政センタ-の標識。                             

Photo_20210202090001                                         

                                              

                                             

左:すぐ先で多段の階段を登る。地図の堰堤・多段梯子。 

Photo_20210202090101                                     

                                         

                                              

左:えん堤の下が滝になっている。 右:えん堤の上から見下ろすとこんな感じ。

Photo_20210202090401                                               

                                       

                                           

左:さらに右岸を辿る。ここだけ修復されていなかった。 右:さらに右岸を辿ると、                       

Photo_20210202090501                               

                                              

                                                

後沢を渡って後沢左岸尾根に取り付く地点に着く。                                     

Photo_20210202090601                                               

                                                         

                                                  

後沢を渡る所。目印がある。地図の左岸尾根取付点。                                             

Photo_20210202090701                                                  

                                         

                                             

左:渡って少し沢沿いに登ると、 右:植林帯の急斜面をジグザグに登りになる。

Photo_20210202094301                                                    

                                           

                                              

左:左岸尾根の尾根に出る。 右:尾根のすぐ左がわをジグザグに急登。                                               

Photo_20210202094401                                                                                                    

                                                 

                                                 

左:ゆるやかな尾根の登りになり、少し先で、 右:狭い尾根を少し急登すると、                                               

Photo_20210202094501                                                   

                                         

                                                   

後沢左岸尾根の頭に到着。栗ノ木洞の登山道わきにちょっとしたピークがあるが、これを後沢左岸尾根の頭とした。                                                 

Photo_20210202094601                                                   

                                              

                                                   

2.後沢左岸尾根の頭-栗ノ木洞-栗ノ木洞南西尾根-寄大橋。

左岸尾根の頭は後沢乗越のすぐそばです。栗ノ木洞までは一般の登山道です。10人くらいの人に出会いました。栗ノ木洞南西尾根は道標はなく、バリエ-ションル-トですが踏み跡もあり、作業径路らしい道もありました。全コ-ス樹林の尾根で展望はありませんでしたが、雑木林のある所ではわずかに近くの山が見える程度です。地形判断が必要な所もありました。初めて歩くル-トで、地形の判断などに時間をとられました。分岐するような所には赤テ-プなどがあり、いつもながらどんな所でも歩く人はいるものだと思いました。人には出合いませんでした。

左:左岸尾根の頭そばの後沢乗越。 右:左岸尾根の頭から栗ノ木洞に向かう。       

Photo_20210203100301                                                   

                                              

                                                    

栗ノ木洞への尾根道。右の写真は地図のあん部。雪が少し残っていた。                                                   

Photo_20210203091801                                                    

                            

                                    

あん部から急登になる。                                       

Photo_20210203091901                                    

                                        

                                        

途中で振り返ると蛭ケ岳(左の写真)や塔ノ岳(右の写真)が樹間に見えた。                                  

Photo_20210203092001                                   

                                       

                                        

栗ノ木洞頂上に到着。展望はない。南西尾根を下る入口を探して時間をとる。                                      

Photo_20210203094201                                    

                                            

                                      

栗ノ木洞南西尾根分岐。頂上からちょっと戻った所。地形判断が必要。写真のような境界見出標が目印。                                  

Photo_20210203094301                                                                                                         

                                     

左:すぐに急な下り。踏み跡があった。  右:すぐにネット(柵)がある。左のネットの左ぞいに踏み跡が下っていて、少し先でネットが左へ曲がり、尾根に戻れない。人がくぐれるくらいの隙間があったが、確認で戻る。10分ほど時間のロス。戻って左のネットの始点の所に赤テ-プがあるのに気が付く。右のネットとの間にも踏み跡が下っていた。これを下って行くと、             

Photo_20210203104401                                     

                                    

                                          

植林帯のゆるやかな尾根になる。作業径路らしき道が続いていた。展望はなかった。                                           

Photo_20210203101501                                       

                          

                                

左:少し急な下りになり、しばらく下ると、 右:左へ曲がる付近で右手が雑木林になり(地図の左方向)、わずかに近くの尾根が見えた。                                                    

Photo_20210203101601                                                 

                                               

                                   

左:フエンスの右側ぞいに行くと大木で行き止まりの感じになり、赤い標柱とそばに赤テ-プなどがあった。地図の尾根分岐1。写真ではわからないが、右前方へわずかな踏み跡が斜面を横切っているのでこれを下ると、 右:西側にのびる尾根になる。ほぼ平坦。                                           

1_20210203111201                                                                                                   

                                  

尾根が平坦になるとすぐに尾根が分岐する地点に着く。地図の尾根分岐2。写真のような標柱とテ-プがあった。地形判断が必要。左側へのびる尾根を下る。目印の赤テ-プなどはほとんどなく、ル-ト判断が必要な所もあった。                                            Photo_20210203101801                                           

                                 

左:すぐ先の下りは倒木が散乱していた。 右:さらに急な尾根を下る。           

Photo_20210203102801                                  

                                        

                                               

左:右手が雑木林の尾根もあった。 右:広い尾根では、踏み跡も定かでなくル-ト判断が必要な所もあった。目印のテ-プなどはなかった。                                 

Photo_20210203102901                                                                    

                                     

さらにこんな急な尾根を下り、                                                                             

Photo_20210203103001                                          

                               

林道の真上になり、右へ少し行くと、左:寄大橋方面への道路に降りる所。踏み跡があった。右:道路に降りた地点。左すぐ先に林道の入口がある。         

Photo_20210203103101                                      

道路を歩いて寄大橋に戻る。

                                       

コ-スタイム。                                   

寄大橋9時17分→9時29分後沢出合→9時59分堰堤・多段梯子10時03分→10時10分左岸尾根取付点10時13分→10時35分尾根に乗る→10時52分後沢左岸尾根の頭10時58分→11時23分栗ノ木洞11時17分→南西尾根分岐点を探す→11時33分栗ノ木洞南西尾根分岐11時34分→(ネットの所で約10分時間ロス)→12時06分急な下り始まり→10時28分尾根分岐1→12時34分尾根分岐12時41分→13時09分下山口13時13分→13時22分寄大橋

栗ノ木洞南西尾根の時間はル-ト確認や地形判断などで時間は正確ではありません。                                            

           

                              

ル-トや各地点は、GPSの軌跡をもとに入れてありますが、多少のズレがあります。                                             

Photo_20210203130201                                           

                                                  

                                            

                                       

                                            

                                                      

                                                    

 

|

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »